有難う
  当  ブ  ロ  グ  へ  の

    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!



●偏見報道に洗脳されない為に エルミタ様。 2008-09-09
 チンドンヤ行列の総裁選は見ていて面白そうだ
どうしたのかしら? と、心配していましたが、ここ最近また精力的に更新されてますので、ひと安心しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●kimera25
 他人と違うことを実践する権力者(知事編?)
おのぼりさんすれば、新銀行東京の件でナンミョーホウレン党とスッタモンダしている知事に遭遇し、私ンチの当地では教育委員会の方々を「クソ」呼ばわり、アンタの方が余程「クソ」だろう、って知事があり、もっと・もっと下れば、「国政政治」をやりたくてウズウズしているウスラ○○知事があり、…。ハハハ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お相撲さん(400)
● 日 テ レ  2008年09月08日
大麻問題で…北の湖理事長がついに辞任(映像:19分24秒)
日本相撲協会は緊急理事会を開き、ロシア出身の力士・露鵬関と白露山関から大麻の陽性反応が出たことから、2人を解雇。2人は一貫して、大麻を吸ったことを否定してたのだが、精密検査の結果も出たのは陽性だった。そして、白露山の師匠としての責任が問われていた北の湖理事長が辞任することを会見で発表した。「ファンの方にも申し訳ない気持ちです」と話した北の湖理事長。
新理事長となるのは武蔵川親方。
14日から開幕する大相撲の秋場所前に騒動は鎮火するのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●毎日新聞 2008年9月9日 東京朝刊
クローズアップ2008:北の湖理事長辞任 「物言い」拒む角界
 ◇閉鎖的体質、機能不全
世論の批判をよそに日本相撲協会のトップに居座り続けた北の湖理事長(55)が、自らの弟子も絡んだ「大麻疑惑」で、ついにその座から滑り落ちた。外国出身関取が3割を占める角界の国際化の中、不祥事が相次ぎながら、有効な改善策を示せないままの辞任だった。背景には、理事長に自由に物が言えない協会の「閉鎖性」と、力士の教育を各部屋に丸投げした「無責任さ」が浮き上がってくる。【上鵜瀬浄】

北の湖理事長からトップの座を引き継ぐ武蔵川新理事長は、これまでも協会ナンバー2の存在だった。なぜ、理事長の「独善」を止められなかったのか。その背景には、角界独特の論理がある。北の湖理事長と武蔵川新理事長は、同じ出羽海一門(系列)で、いったん北の湖親方を理事長に立てた以上、たとえ年長者であっても「反逆」はしない。これが角界の「不文律」だ。

そのうえ、理事長は人事権を一手に握っている。外で批判めいた話をする理事も、いざ理事会の席に入ると、何も発言できず、「全会一致」の形で議決されるのが常だった。こうした閉鎖的な角界の体質と、面と向かっていさめるブレーンの不在が、改革に一切着手しないままの理事長退陣につながった。一連の不祥事では、協会としてのイニシアチブを取らず、すべて「師匠と弟子の問題」で片づけようとした。

06年名古屋場所の露鵬によるカメラマン殴打事件では、取組後に相手力士の千代大海ににらみつけられたことについて、露鵬が「けんかを売られたら、悔しくないんですか」と大嶽親方に反抗的な態度を取った。理事長もその席にいたが、とがめなかった。

昨年の朝青龍のサッカー騒動では、そのわがままぶりに協会内で解雇を求める声も強かったが、2場所出場停止処分にした。さらに、高砂親方に対応を丸投げ状態にして騒ぎを大きくし、処分決定までに1カ月を要した。

そして、時津風部屋の力士暴行死事件。当初は「病死と司法が判断した」として、何ら手を打たず、ついには文部科学省から、財団法人としては異例の「指導」を受けた。相次いだ不祥事への理事長と協会の対応は、あまりにもお粗末だった。

北の湖理事長は、自ら取った全取組をすべて覚えている。相撲の解説をさせると、その分析も実に的確だ。「人をだましたり、裏切ったりするような人ではない」と人望も厚かった。しかし、一方で「多くの人の意見を聞き過ぎて混乱してしまう」「頭に血が上ると意固地になる」など、判断力や統率力には疑問符がつけられていた。周囲の騒ぎが大きくなるほど自らの殻に閉じこもるその傾向を、方向転換させる機能自体が協会内部にはなかった。

 ◇関取3割、外国出身 出世早く悪行看過の風潮
大相撲秋場所の番付で、外国出身力士は全力士720人中59人で、その割合は8%。ところが、最低でも月給100万円を支給される十両以上の「関取」では、69人中21人で、3割にはね上がる(露鵬、白露山を含む)。

外国出身力士は、モンゴル(関取13人)、ロシア(同3人)、グルジア(同2人)など、旧共産圏出身が中心だ。その多くがレスリングやモンゴル相撲などで好成績を上げたアスリートで、「稼いで祖国に仕送りする」と角界入りの動機も明快だ。昇進は早く、初土俵から2〜3年もすると関取になる。外国出身者でも、新弟子になると、相撲教習所に通い、歴史や運動医学などを勉強する。ところが日本語を教える機関は日本相撲協会にはなく、白鵬や琴欧洲らは「おかみさんや兄弟子に辞書片手に教えてもらった」と言う。日本語習得は、部屋頼みなのが実情だ。

ところが、もともと運動能力が高く、番付を上げたい気持ちも人一倍強いため、日本人の兄弟子をアッという間に追い越す。「番付一枚違えば家来同然、一段違えば虫けら同然」の社会で、番付に日本語習得が追い付かず、角界の習慣や常識を身につけぬまま、部屋のまとめ役「部屋頭」になってしまう。「強ければいいではない。これでは相撲道が廃れる」との声は、協会内にも強い。

また、関取になれば、パーティーを開いたり、後援会をつくることもできる。人気力士になれば、後援団体も増え、1回のパーティーで1000万円単位の収入を得ることも珍しくない。「日本人、外国人の別なく人気が出ればお座敷に呼ばれる数も多い」と、ある親方はいう。関取が別名「米びつ」と呼ばれるゆえんだ。かくして、少々の悪行も看過される風潮が生まれた。支度部屋で喫煙したり、大音量で音楽を聴いて迷惑をかけ、時には備品を壊すといった乱行が頻発。それを厳しく注意する先輩、師匠もいない現状にいたっている。ある親方は「国際化への対応は部屋に任せず、協会でやってほしい」と注文する。

 ◇名横綱、名理事長ならず−−スポーツジャーナリスト・二宮清純氏
北の湖理事長は、時津風部屋事件の時に辞任すべきで、遅きに失した。当時も自浄能力を示さず、今回も、薬物検査の結果を信用しないと言わんばかりの態度だった。「土俵の充実」だけを口にし、土俵の外にあまりにも無関心だった。名横綱ではあったが、名理事長ではなかった。

21世紀に入り、相撲を取り巻く環境は激変した。少子化で力士志望者が減り、バブル崩壊後は地方巡業も昔のようにいかなくなった。伝統を守るためには改革が必要だ。ところが、何もしないことが伝統を守ることだと錯覚しているように映った。外国出身力士が増加したのに教育も見直さず、いじめが社会問題になっても相撲界のいじめを防げなかった。

相撲が日本の国技で日本の文化、伝統を背負っていることを丁寧に教えなければならない。横綱には「品格」「力量」の二つが求められる。ところが外国出身力士のほとんどが、それを知らなかった。彼らにその話をすると興味を示してくるので、教わっていないだけだろうと感じた。

理事長に意見する人間もおらず、裸の王様に近かったのではないか。特に年寄名跡(親方株)を持たないと理事になれない仕組みが理事の既得権を守り、理事会に外部の血を導入する妨げになっている。これでは改革は進まない。まず、理事に外部の人間が入れるような制度設計を新理事長は進めるべきだ。(談)
==============
 ◇北の湖理事長時代の主な不祥事や処分◇
 <06年>
 7月 幕内・露鵬が名古屋場所中に、毎日新聞カメラマンら2人を殴る。3日間出場停止。

 <07年>
 5月 幕内・旭天鵬が4月末、乗用車を運転(力士は禁止)し人身事故。夏場所の出場停止と減俸。
 6月 武蔵川部屋所属の山分親方(元小結・和歌乃山)がけいこ中に力士を殴り、傷害容疑で9月に書類送検。
 8月 横綱・朝青龍が巡業休場中、モンゴルに無断帰国しサッカーに興じ、2場所出場停止や減俸。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)も減俸。
10月 時津風部屋の力士暴行死問題で、時津風親方(元小結・双津竜)を解雇。北の湖理事長(元横綱・北の湖)ら役員が自主減俸。前親方と弟子3人は08年2月に傷害致死容疑で逮捕。

 <08年>
 5月 十両・豊桜と間垣親方(元横綱・二代目若乃花)が、それぞれ部屋で若手力士への暴力行為が発覚。両者とも減俸。
 8月 ロシア出身の幕内・若ノ鵬が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕され、解雇。師匠の間垣親方が理事職を辞任。
 9月 若ノ鵬の逮捕を受け、協会が実施した尿検査で同じロシア出身の幕内・露鵬、十両・白露山の兄弟からも大麻の陽性反応。精密検査でも陽性で両力士を解雇。それぞれの師匠の北の湖理事長が理事長職を辞任、大嶽親方(元関脇・貴闘力)は2階級降格で年寄に。
  ※肩書は当時


お相撲さん(400)

==============================
TB&コメントが通じ難い状況ですが、
これに懲りずにお付き合いお願い致します。ヨロシク!

ブログランキング参加しています!
どれでも一つだけクリック&足跡残しお願いします(^v^)

人気blogランキング人気blogランキング人気blogランキング
==============================
続きます! (`ヘ´) フンダ!!!
お相撲さん(400)
TBSラジオ  2008年9月 9日 (火)
9/9(火)ニュースさかさメガネ
遅すぎた…?北の湖理事長の辞任。角界はこの先どうなる?
今日は、力士の大麻騒動と、それによる相撲協会の北の湖理事長の辞任騒動についてです。昨日、両国国技館で行われた臨時理事会で北の湖理事長が辞任し理事に降格、大麻騒動に揺れる、ロシア出身、露鵬と白露山の兄弟は解雇処分となりました。このタイミングでの理事長の辞任について、そして相撲協会全体の対応はこのままでいのか? 今日は、この問題に黙っていられない!ということで、生島淳さんに伺いました。
9/9(火)ニュースさかさメガネ『遅すぎた…?北の湖理事長の辞任。角界はこの先どうなる?』をダウンロード


お相撲さん(400)
●毎日新聞 2008年9月8日 19時25分
大相撲大麻疑惑:武蔵川理事長が会見「しっかりやらねば」
角界を襲った薬物汚染騒動は、大麻の陽性反応が出た幕内・露鵬、十両・白露山の兄弟力士を解雇、日本相撲協会のトップに立つ北の湖理事長の辞任で、一応の決着を見た。理事会では、検討委の報告を受け、北の湖理事長が辞任。その後中断して午後に再開し、新理事長に「満場一致」(九重理事)で武蔵川理事(元横綱・三重ノ海)を選任した。さらに陽性反応が出た両力士の解雇を決め、北の湖理事長を、8月に辞任した間垣前理事の後任の「大阪場所担当部長」に充てた。一連の人事は、理事会終了後の評議員会で報告された。

武蔵川新理事長は北の湖理事長らと両国国技館内で会見。その第一声は「まずもって協会が度重なる不祥事を起こし、迷惑と心配をかけたことを、おわびしたい」との謝罪。さらに「協会がしっかりやらないと、こういう事件がまた起きかねない」と危機感を口にしたが、具体的な対策作りはこれからとなる。「協会が一丸となり、腹を割って話し合いたい」と語った新理事長。ただ、この日の理事長人事もすんなりと決まったわけではない。協会ナンバー2の事業部長としての責任を指摘する意見も出た。だが、剛腕で知られる武蔵川理事が、非常時には適任との声で後任に決まった。

新理事長には、水面下の派閥争いも激しい協会を、「一枚岩」にまとめ上げることが求められる。しかも、他のスポーツ界では例を見ないほど頻発する不祥事への抜本的対策は、大きな課題として残ったまま、突きつけられている。一方、14日初日の秋場所(両国国技館)では、8月に大麻所持容疑で逮捕、解雇された元幕内・若ノ鵬の東前頭8枚目に続き、露鵬の西前頭3枚目、白露山の東十両6枚目も空席となる異例の事態。とどまることを知らない角界の不祥事に、ファンの相撲離れも懸念される。【堤浩一郎】 

 ◇8日の北の湖理事長辞任までの流れ◇
午前9時26分 北の湖理事長が両国国技館に到着
 同  55分 白露山が国技館到着。応接室で待機
 同  57分 露鵬が国技館到着。同じく応接室に。
 同  58分 応接室隣の役員室で、再発防止検討委員会(検討委)開始
午前10時30分 職員に呼ばれ、露鵬が検討委に
 同  45分 露鵬が応接室に戻り、入れ替わりで白露山が検討委に
 同  50分 北の湖理事長が理事会会場の会議室に移動
午前11時3分 検討委終了。メンバーは会議室に。理事会開始
 同   7分 露鵬、白露山が国技館を出発
 同  42分 検討委のメンバーが会議室から退室
午後0時42分 北の湖理事長ら、執行部が退室し、理事会中断
 同  58分 北の湖理事長、評議員会会場の大広間へ
午後1時3分  評議員会開始
 同  13分 検討委の大西祥平慶大教授が評議員会出席
 同  22分 大西教授が退室
 同  31分 理事が退席し、会議室で理事会再開
 同  53分 執行部以外の理事が退室
 同  58分 執行部が評議員会へ
午後2時1分 評議員会終了
 同  15分 会見で北の湖理事長の辞任と武蔵川新理事長の就任を発表
午後3時49分 武蔵川新理事長が文部科学省へ、就任あいさつに出発

 ◇処分内容 
 ▽露鵬と白露山を解雇
 ▽大嶽親方を「委員」から「年寄」に降格
※北の湖理事長は自ら辞任。理事にはとどまり、大阪場所を担当。武蔵川新理事長が担当していた、事業部長には伊勢ノ海理事が就任 

 ◇年寄の階級
理事長を含む理事、監事、委員、主任、年寄の階級がある。理事と監事は年寄の互選で、理事長は理事が選ぶ。
理事会には監事以上の年寄と、理事長が選ぶ役員待遇委員が出席できる。月給にも差があり、大嶽親方は今回の処分で、約103万円から81万円に減給となった。

 ◇【略歴】武蔵川晃偉(むさしがわ・あきひで)
元横綱・三重ノ海。本名・石山五郎。1948年2月4日生まれ。三重県出身。63年名古屋場所が初土俵で、76年名古屋場所に大関から関脇に陥落したが、翌場所の秋場所に大関返り咲き。79年秋場所で横綱に昇進し、大関陥落経験のある唯一の横綱となった。幕内優勝は3回。指導者としても、横綱・武蔵丸、出島、武双山、雅山の3大関を育てた。

 ◇日本相撲協会歴代理事長◇
初代 28〜38年 広瀬正徳(陸軍中将)
2代 44〜57年 出羽海 (元横綱・常ノ花)
3代 57〜68年 時津風 (元横綱・双葉山)
4代 68〜74年 武蔵川 (元前頭・出羽ノ花)
5代 74〜88年 春日野 (元横綱・栃錦)
6代 88〜92年 二子山 (元横綱・初代若乃花)
7代 92〜98年 境川  (元横綱・佐田の山)
8代 98〜02年 時津風 (元大関・豊山)
9代 02〜08年 北の湖 (元横綱・北の湖)
10代 08年〜   武蔵川 (元横綱・三重ノ海)


お相撲さん(400)
相撲協会の理事長、理事、役員:岐路に立つ大相撲

理事長
◯北の湖敏満……元横綱 北の湖 (出羽海一門)
優勝回数24回、連勝記録32勝、幕内での50場所連続勝ち越し、37場所連続2桁勝利。
年間通算82勝は朝青龍に破られるまでの最高記録だった。ある信念のもとに負けた相手に手を貸さなかった。それが余計に憎らし見え、輪島、貴ノ花、若乃花、に対してのヒール役な存在に映った。その実、真面目で実直な性格だと言われていた。数々の記録から一代年寄りの栄誉を授かる。親方としては巌雄、北桜などを育てる。

【事業部長】
◯武蔵川晃偉……元横綱 三重ノ海(出羽海一門)
前さばきのうまい気合いの入った相撲であったが、肝臓を悪くし、一度大関を陥落も
その後時間がかかったが横綱に昇進。優勝3回。
親方として横綱武蔵丸、大関武双山、出島、雅山など一代で多くの関取を育てる。
一時に多くの幕内力士を抱え、部屋別でなく個人別総当たりにするべきだとの意見する人も出るほどだった。

出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、立浪・伊勢ケ浜連の5系統
今ある一門は、出羽海、高砂、時津風、二所ノ関、立浪・伊勢ケ浜連合の五つ。
出羽海一門は、歴代八人の日本相撲協会理事長のうち四人を輩出した名門で、角界の“保守本流”。二十世紀初期に活躍した横綱常陸山が興した。規律の厳しさで知られる。
高砂一門は、百年以上に及ぶ最も長い歴史を誇る。給金制度の確立など、角界の近代化に尽力した高砂浦五郎が築いた。
時津風一門は、大横綱の双葉山が現役時代に設立した「双葉山道場」に、歴史のある伊勢ノ海部屋、井筒部屋が合流して誕生した。
二所ノ関一門は、若乃花、貴乃花を生んだ二子山をはじめ、佐渡ケ嶽、鳴戸など多数の部屋を擁する一大勢力だが、二所ノ関本家中心の両国系と、二子山部屋中心の阿佐ケ谷系に分散している。
立浪・伊勢ケ浜連合は、縁続きではない立浪、伊勢ケ浜、高島の三部屋が集まって巡業を始めたことで誕生した。

で、今回の大麻騒動は、反北の湖派が、北の湖追い落としの為に仕組んだ「ワナ」だっていいますが、…。北の湖と武蔵川とは同じ出羽一門で、そんなに反目してなかったと思うのですが。タダ出羽一門にすりゃぁ〜、北の湖同様にされて武蔵川や出羽海までクビにされちゃたまらん、てなところだろう。反北の湖派で言えば、立浪&高砂&二所一門の若手親方の方だと思うのですが、…。反出羽・反北の湖で結託してたっていいますが、…。でも、力関係では圧倒的に出羽一門の方がある。だから、立浪&高砂&二所一門連合で反目したのかもしれないけれど、…。



お相撲さん(400)
大麻所持&吸引、大麻吸引で『解雇』されました。
若ノ鵬 寿則:間垣部屋
 ロシア連邦北オセチア共和国ウラジカフカス出身
 本名:ガグロエフ・ソスラン・アレクサンドルヴィチ。
露鵬 幸生:大嶽部屋
 ロシア連邦北オセチア・アラニヤ共和国ウラジカフカス市出身
 本名:ソスラン・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフ。
 ロシア国籍のオセット人。
白露山 佑太:北の湖部屋
 ロシア連邦北オセチア・アラニヤ共和国ウラジカフカス市出身
 本名:バトラズ・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフ

が、露鵬関だけがすごいカンカンになって怒ってます。
                ▼
 日 テ レ
露鵬関「陰謀だ、この世界はあまりに汚い」<9/8 19:06>
精密検査で大麻の陽性反応が出たことを受け、日本相撲協会に解雇されたロシア出身の力士・露鵬関(28)が8日、NNNの単独電話インタビューに応じ、「陰謀だ。この世界はあまりにも汚い」などと語った。
露鵬関は「新理事長になった武蔵川親方一派の陰謀だ。私は最後まで無実。私は謝ってほしい。私はどんなに謝罪されても相撲界に戻るつもりはない。この世界はあまりに汚い。北の湖理事長は最高に律義な人です」と述べ、今回の解雇処分に憤りをあらわにした。また、辞任した日本相撲協会・北の湖理事長や、大嶽親方をかばう姿勢を見せた。

しかし、これは、「KY」な奴ばかり揃ってはしないか?
辞任して、その夜に『辞任宴会』催して「カンパイ!」ってナニ???


●ニッカンスポーツ [2008年9月9日9時28分 紙面から]
辞任の夜、北の湖部屋で「かんぱ〜い」
引責辞任した北の湖前理事長(55=元横綱)は8日、「辞めてホッとしている。でもわたしは13歳からこの世界に入り、ここで育てられた。今後も恩返ししていこうと思う。自分としても努力していきたい」。いつになく冗舌で、すっきりとした笑顔で東京・両国国技館を後にした。北の湖部屋では、夜7時すぎに「かんぱ〜い」という大きな声が外まで響いた。その後も大きな笑い声などが聞こえ、宴会を催していたようだ。


お相撲さん(400)
内舘牧子さんはガタガタ言うだけで、・・・・・
横審もだらしないし、
再発防止検討委メンバー、もだらしないし、
お相撲の世界ではまともに機能する会がないのかもしれないねぇ!


横綱審議委員会 「 現 任 委 員 」
 2007年3月現在、五十音順
 氏 名   役 職          就任年月
石橋義夫 共立女子学園理事長     2000年9月
井手正敬 元JR西日本取締役相談役   2005年3月
内舘牧子 脚本家、小説家       2000年9月
内山斉 読売新聞グループ本社社長   2005年5月
海老沢勝二 元NHK会長、読売新聞東京本社調査研究本部顧問 1999年5月
大島寅夫 中日新聞社社長       2007年3月
澤村田之助 (6代目) 歌舞伎俳優、人間国宝 2003年7月
鶴田卓彦 日本経済新聞社相談役    2003年3月
船村徹 作曲家            2003年5月
松家里明 元日本弁護士連合会副会長  2005年3月
守屋秀繁 千葉大学大学院医学薬学府長 2007年3月
山田洋次 映画監督、脚本家      2004年1月

  < 再発防止検討委メンバー >
【日本相撲協会】※=は所属一門
伊勢ノ海生活指導部長(元関脇・藤ノ川)
秀ノ山理事     (元関脇・長谷川)
友綱相撲教習所長  (元関脇・魁輝)
中村親方      (元関脇・富士桜)=高砂
松ケ根親方     (元大関・若嶋津)=二所ノ関
桐山親方      (元小結・黒瀬川)=立浪
井筒親方      (元関脇・逆鉾)=時津風
千賀ノ浦親方    (元関脇・舛田山)=出羽海

【外部メンバー】
塔尾武夫      (日本相撲連盟副会長)
大西祥平      (慶大教授)
山口弘典      (日本プロスポーツ協会副会長)
山本 浩      (NHK解説委員)
やくみつる     (漫画家)
(やくみつる、ってさぁ、「再発防止検討委員会」メンバーでありながら、委員会によく欠席してないかい!初の再発防止検討委員会も欠席してて、肝腎の8日の「再発防止検討委員会」も欠席してんだもん(そのくせ、後で処分は甘いとか何とか批判して男の腐ったマネしてんだ!)。こんな状態で「メンバー」でいられるよねぇ、やくみつる!) 


お相撲さん(400)
時津風部屋力士暴行死事件
という重大な事件の際には親方衆誰一人として責任取らず。
おかしいと思う。
本来が、この時点で役員一同総辞任すべきだったのです!
今回の件でも、責任は北の湖親方だけの責任ではないわけだ。
   日本大相撲協会役員一同総辞任すべきだ!


  <  理事長および理事  > 平成20年8月21日現在
年寄名 現役最高位・しこ名 職 務
北の湖 敏満 第55代横綱 北の湖 理事長・協会全般
武蔵川 晃偉 第57代横綱 三重ノ海 事業部長・博物館運営委員・全国維持員会会長・健康保険組合理事長
[協会在勤]
大島 武雄 元大関 旭國 巡業部長
伊勢ノ海 裕己茂 元関脇 藤ノ川 総合企画部長・生活指導部長・博物館運営委員
[協会在勤]
出羽海 義和 元関脇 鷲羽山 地方場所部長(福岡)
放駒 輝門 元大関 魁傑 審判部長・新弟子検査担当
友綱 隆登 元関脇 魁輝 教習所長・監察委員長・警備本部長・博物館運営委員
[協会在勤]
九重 貢 第58代横綱 千代の富士 広報部長・指導普及部長・博物館運営委員
[協会在勤]
二所ノ関 正裕 元関脇 金剛 地方場所部長(名古屋)

■監事
年寄名 現役最高位・しこ名 職 務
三保ヶ関 昇秋 元大関 増位山 審判部副部長・新弟子検査担当
湊 広光 元小結 豊山 巡業部副部長・警備本部副部長・新弟子検査担当
不知火 幸雄 元関脇 青葉城 巡業部副部長・警備本部副部長・新弟子検査担当

■役員待遇委員
年寄名 現役最高位・しこ名 職 務
高田川 和一 元大関 前の山 巡業部(契約推進担当副部長)
高砂 浦五郎 元大関 朝潮 教習所副所長・監察副委員長
秀ノ山 護久 元関脇 長谷川 生活指導部副部長
玉ノ井 友宣 元関脇 栃東 指導普及部副部長・生活指導部副部長
貴乃花 光司 第65代横綱 貴乃花 審判部副部長・新弟子検査担当


   日本大相撲協会役員一同総辞任すべきだ!
==============================
ブログランキング参加しています!
どれでも一つだけクリック&足跡残しお願いします(^v^)

人気blogランキング人気blogランキング人気blogランキング

ネオコン・自滅党ヘルマン・ゲーリング
(ナチス・ドイツのNo.2。)
ニュルンベルク裁判>での陳述。
「……もちろん、国民は戦争を望みませんよ。運がよくてもせいぜい無傷で帰ってくるぐらいしかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じことです。政策を決めるのはその国の指導者です。

『そして国民はつねに指導者のいいなりになるように仕向けられます。……反対の声があろうがなかろうが、人々を政治指導者の望むようにするのは簡単です。「国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです」そして国を更なる危険にさらす。このやりかたはどんな国でも有効ですよ。』
2008年も、
「Google八分」、「ヤフー八分」、モノともせず頑張ります!

Google&ヤフーに、私にも言論の自由はあります!
==============================