有難う3
  当  ブ  ロ  グ  へ  の

    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!



 総選挙を目前にした、
 今、
 この時期に、上告棄却、4月の実刑確定させたのは
 自民党批判と郵政問題追及されてきた為だろうか!
 だとしたら2重に許せないではありませんか!


 どう考えても
 「痴漢冤罪」で貶められているとしか思えない。
 が、上告が棄却されました。
 こんな理不尽な判決があっていいのか!
 私は、今、怒りに打ち震えている。
 植草氏と共に戦いましょうぞ!!!!!


 政権交代成ったら、冤罪者等々のために。
 小沢さんが動いてくれるだろう!
 

●早速、ミニーさんがエントリ〜
痴漢冤罪事件不当判決に異議あり

●植草一秀の『知られざる真実』様。
 2009年6月27日 (土)
 痴漢冤罪事件最高裁不当判決について

私が巻き込まれた冤罪事件について、最高裁第三小法廷が上告を棄却する決定を下した。言語道断の不当判決である。

もとより政治的な背景のある事案であるから、公正な裁判が行なわれるとは考えられなかったが、先般、痴漢冤罪事件で最高裁が逆転無罪判決を示したため、私のケースにおいても適正な判断が示されるのかどうかを注目してきた。

この事件でも、私を犯人とする証拠は被害者とされる女性のあいまいな証言だけであった。事件を目撃したという証人が出廷したが、警察に出頭した日付も公判での証言と事実が異なり、証言内容にも重大な矛盾が数多くあり、極めて信憑性の低いものであった。

公判では、もう一人の目撃証人が名乗り出てくれ、法廷で証言してくれた。この証人は、事件があったとされる時間帯に、私が何もせずに吊革につかまってぐったりしている様子を明確に記憶されていたことを克明に証言してくれた。証言の詳細な内容は事実に即しており、極めて信憑性の高い証言を示して下さった。


また、私の手指の付着物から採取された獣毛繊維数本が、被害者の着用していたスカート構成繊維と「類似している」との警察証言が証拠採用されたが、弁護側が私が駅事務室でもみ合った駅員の制服生地の構成繊維と比較する大学教授鑑定を行なったところ、手に付着した獣毛繊維が、駅員の制服生地の構成繊維と「極めて類似している」との鑑定結果が得られ、繊維鑑定からも私の無罪が推定されていた。
本文続く・・・

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
人気blogランキングにほんブログ村 政治ブログへ
当ブログは「2つ」のブログランキングに参加しています
 クリック&足跡残しをお願いします(^v^)ノ゙〜♪♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 考えて貰いたい、私達の国の将来のことを真剣に!
 ●映像ドキュメント 2006年12月8日東京大学駒場900番教室
   加藤周一氏講演会 老人と学生の未来−戦争か平和か
    ⇒前編 53分53秒(WMVファイル、138.5MB)
    ⇒後編 42分24秒(WMVファイル、108.9MB)

 ★ T B P 『 自 民 党 』 に参加しています!
 ★ T B P 『 民 主 党 』 に参加しています!

パルスチナの子供<バナ〜>:sometimes a little hope)english.aljazeera.net!
"SPECIAL APPEAL FOR PALESTINIAN PEOPLE"
★パレスチナの人々の為の特別抗告
ーーーーーーーーーーーーーーー
イスラエル支援企業の一覧 
死の商人達を忘れないようにしょう!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
続きます! 

プンプンヽ(*`Д´*||(。・`ω´・。)||*`Д´*)ノプンプン
六法全書
 日 テ レ 映像
植草被告の上告棄却、実刑確定へ 痴漢事件<6/27 11:38>
06年に電車内で女子高校生に痴漢をしたとして一審・二審で実刑判決を受けた元大学院教授・植草一秀被告(48)について、最高裁は上告を退ける決定をした。これにより植草被告は収監されることになる。
植草被告は06年、電車内で女子高校生の体を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われている。一審・二審で懲役4か月の実刑判決を受けて上告していたが、最高裁は上告を退ける決定をした。
控訴審で、植草被告側は「真犯人は別にいる」と無罪を主張していたが、東京高裁は被害者らの証言の方が「信用性が高い」と判断していた。これにより実刑が確定し、植草被告は収監されることになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ANN 06/27 11:06 映像
最高裁、植草被告の上告を棄却 実刑確定へ
3年前、電車の中で女子高生に痴漢をした罪に問われ、1審、2審で実刑判決を受けた元大学院教授・植草一秀被告(48)の上告を最高裁は退ける決定をしました。
植草被告は2006年、京浜急行の電車内で女子高生に痴漢をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪で起訴されました。法廷では「被害者は、近くにいた植草被告を犯人と間違えた」などと無罪を主張しましたが、1審、2審ともに植草被告に懲役4カ月の実刑判決を言い渡し、弁護側が上告していました。これに対して、最高裁は27日までに上告を退けることを決めました。これで、植草被告の実刑が確定することになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
fnn-news.(06/27 12:23) 映像
電車内で痴漢した罪に問われた植草一秀被告の上告を最高裁が棄却 懲役4カ月確定へ
電車内で女子高生に痴漢をした罪に問われた元大学教授・植草一秀被告(48)の上告について、最高裁判所は棄却する決定を下した。これにより、懲役4カ月とした1・2審判決が確定することになる。元大学教授・植草一秀被告は2006年9月、京浜急行の電車内で、女子高生のスカートの中に手を入れて、下半身をさわるなどしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われている。1審、2審ともに「被告の供述は信用できず、犯人との認定は揺るがない」とし、懲役4カ月の実刑判決を受けていた。植草被告は無罪を主張していたが、最高裁判所は25日付で上告を棄却し、懲役4カ月の実刑判決が確定することになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NHK 6月27日 11時37分 映像
植草元教授 痴漢で実刑確定へ
電車で女子高校生に痴漢をした罪に問われた経済評論家、植草一秀元教授の懲役4か月の実刑が、最高裁判所で確定することになりました。
経済評論家で大学院の教授だった植草一秀被告(48)は、平成18年9月の夜、京浜急行の電車内で女子高校生に痴漢をした東京都の迷惑防止条例違反の罪に問われました。植草元教授は人違いだと無罪を主張しましたが、2審の東京高等裁判所は「女子高校生が、真後ろにいた植草元教授に触られたと証言したのは具体的で信用できるうえ、男性の乗客の目撃証言とも一致していて人違いではない」として、懲役4か月の実刑を言い渡していました。これについて、最高裁判所第3小法廷の近藤崇晴裁判長は、27日までに植草元教授の上告を退け、懲役4か月の実刑が確定することになりました。植草元教授は5年前にも女子高校生のスカートの中を手鏡でのぞこうとした罪に問われ、罰金50万円の有罪が確定しています。
何回も申し上げますが、この「スカートの中を手鏡でのぞこうとした罪」ってなんやねん、って思うわけです。一報は「スカートの中を手鏡でのぞいた」って言っていたのです。第一ネェ、痴漢は現行犯タイホ〜、じゃぁ〜ありませんか。「のぞこうとした罪」って現行犯でもなんでもありゃぁ〜しないじゃぁないか!(「のぞこうとした罪」ちゅうのも信用してない。全くの「冤罪」だと思っていますので!)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

六法全書
mojo_コメント備忘録様。

●AAA植草一秀氏を応援するブログAAA様。
 コ メ ン ト 欄 よ り !
NAME: mojo
「民事」と「刑事」、ともに近藤崇晴裁判長?
今、ニュースで知ったのですが、植草さんの刑事の判決が出たようですね。
植草被告の実刑確定へ=電車で痴漢、懲役4月−最高裁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009062700152
ーーーーーーーー
電車内で女子高校生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反罪に問われ、一、二審で懲役4月の実刑とされた元大学教授植草一秀被告(48)について、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は25日付で被告の上告を棄却した。実刑が確定する。  植草被告は無罪を主張したが、一審東京地裁は2007年、「被告の供述は信用できず、被告が犯人との認定は揺るがない」と判断。「再犯の恐れも否定できない上、真摯(しんし)な反省が全く認められない」とし、翌年の二審東京高裁判決も実刑を支持した。  一、二審判決によると、植草被告は06年9月、品川−京急蒲田駅間を走行中の電車内で女子高校生の尻を触った。(2009/06/27-10:55)
ーーーーーーー
一瞬、先日の「サンデー毎日の件?」と思ったのですが、「実刑が確定」となっているので、どうやら刑事のようです。

本来、刑事と民事(名誉毀損)って別だと思うのですが・・・
ーーーーー
ご存じのように刑事事件と民事事件は別個な裁判です。
そのため、別々なところで別々に進みます。しかし、その中で、刑事事件では民事事件を、民事事件では刑事事件を参考にする場合があります。鑑定などは同じことを2度もしないで済むからです。立証部分も同じです。 現実には、当事者の申請によって裁判所が採用するかどうかの判断をしますので、全部が全部それぞれ援用するとは限りません。
ーーーーー
『政権交代』直前で、しかも選挙の期間などには、現在の与党の政策に、今でも厳しい批判を続ける植草さんは活動できなくなるということです。まぁ、『政権交代』が困る人たちが、本気で焦っているからこそ「批判者の口封じ」だということかもしれません。

同じ人が、植草さんの『民事』と『刑事』で、裁判長だったというのは、これこそ『恣意的な判決』を誘導したと、今後ずっと批判されることになるでしょう。司法不信が高まっている時期に、愚かなことをしたと私には映ります。(そして、立て続けに判決を出したことと、名誉毀損での毎日新聞側が、何も根拠を出せないのに、そちらの言い分を認めた近藤裁判長の『解釈』からも、今回は明らかに「おかしな判決」だと考える人がほとんどだと思います。)

これからは、私たちが「植草さんの名誉」を回復するために、一人でも多くの人に「この事件そのものが、おかしい」と知ってもらえるようにしていかなければならないですね。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

六法全書
 近藤崇晴裁判長。
 名前覚えておこっと。
 次の選挙で裁判官の国民審査があったはずだからネ!

京都教育大学生は集団強姦しても示談すれば不起訴だ。
お尻を触ったちゅう痴漢冤罪で実刑にされる。
ってどう考えてもおかしい! おかしいじゃん!

植草氏は迷惑防止条例違反で確か「132日間」勾留されているから、未決勾留分の差し引きで「4月」でも収監される事はないのでしょう。ことは実刑を出した判決にも理不尽さが漂いますが、それ以上に憤慨させるのは、お尻を触った触らないの罪で「132日間」勾留する異常さにあるのだと思う。コノ点に関しては裁判所が糾弾されていいと思います。

2007.10.16
 植草痴漢事件有罪判決要旨

判決要旨1−1(ウェブ魚拓)
判決要旨1−2(ウェブ魚拓)
判決要旨1−3(ウェブ魚拓)
判決要旨1−4(ウェブ魚拓)
判決要旨2−1(ウェブ魚拓)
判決要旨2−2(ウェブ魚拓)
判決要旨2−3(ウェブ魚拓)
判決要旨2−4(ウェブ魚拓)
判決要旨2−5(ウェブ魚拓)
判決要旨3−1(ウェブ魚拓)
判決要旨3−2(ウェブ魚拓)
判決要旨3−3(ウェブ魚拓)
判決要旨4−1(ウェブ魚拓)
判決要旨4−2(ウェブ魚拓)
判決要旨4−3(ウェブ魚拓)
判決要旨4−4(ウェブ魚拓)
判決要旨5−1(ウェブ魚拓)
判決要旨5−2(ウェブ魚拓)
判決要旨5−3(ウェブ魚拓)

 【主文】
 1 被告人を懲役4月に処する。
 2 未決拘置日数中60日をその刑に算入する。
 3 訴訟費用は被告人の負担とする。

    ってことになるのか。。。。。。


植草さんを、「支持される方」「応援される方」「守ろうとされる方」、と、千差万別でしょうが思いは一緒だと思います。皆様方と一緒に植草さんを、支持し、応援をし、闘って行こうと思います。いつか、痴漢冤罪が晴れることを切望します!


晴天とら日和 経済・植草一秀氏
●植草一秀の『知られざる真実』様。
カテゴリー「名誉毀損・冤罪・訴訟」の11件の記事

▼平田公認会計士
 :りそな銀行を監査中に自殺なんだって。
▼鈴木 啓一氏 
 :朝日新聞記者。
  りそな問題後、りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺なんだって?????
▼植草 一秀氏  
 :りそな問題を本として出版しようとした経済学者。
  痴漢で逮捕。?????
太田 調査官 
 :国税調査官。
  りそな銀行の脱税問題を調査中に手鏡でスカートの中を覗いたとされ、痴漢で逮捕。?????



●「世論を誘導するマスメディアの本質」高橋清隆氏 WF2009年1月HD


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
人気blogランキングにほんブログ村 政治ブログへ
当ブログは「2つ」のブログランキングに参加しています
 クリック&足跡残しをお願いします(^v^)ノ゙〜♪♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヘルマン・ゲーリング(ナチス・ドイツのNo.2。)
ニュルンベルク裁判>での陳述。
「……もちろん、国民は戦争を望みませんよ。運がよくてもせいぜい無傷で帰ってくるぐらいしかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じことです。政策を決めるのはその国の指導者です。

『そして国民はつねに指導者のいいなりになるように仕向けられます。……反対の声があろうがなかろうが、人々を政治指導者の望むようにするのは簡単です。「国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです」そして国を更なる危険にさらす。このやりかたはどんな国でも有効ですよ。』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓