s-お寿司 イラスト 無料


【衆議院インターネット審議中継】
(第174回国会〔2010年1月18日〕以降から本日までの映像を継続して提供)

【参議院インターネット審議中継】
(2017年・2018年)2017年1月から本日までの映像を継続して提供)



 アベは、
 銀座久兵衛店主人様の「うちからは出していない」っていう否定コメントで、
 ここぞとばかりに、「久兵衛」「久兵衛」「久兵衛」と、連呼していますが。

 「久兵衛」 さんは銀座だけにあるわけじゃないって、
 以前から言い続けてきましたよね。
 
 どうして、「久兵衛」 ニューオオタニ店に聞かないのでしょうね?
 3kは、「久兵衛」 銀座店に聞きに行っても、ニューオオタニ店には行かない。
 野党議員も、「久兵衛」 ニューオオタニ店に聞きに行かない?
 どうしてでしょうね、不思議ですねw

 誰も、ガチでこのことを解決する気なんてなんってことですよ。
 そう思わざるを得ないでしょう。
 そういうことです。

 だって、
 仮に、「久兵衛」 さんは信用商売ですからね、
 本当のことを喋ってごらんなさいな。

 「久兵衛」ニューオオタニ店さんが、
 お寿司はウチから出しました。って証言したとしたら、
   👇
 支払いはどうなりましたか?
   👇
 (仮に) ニューオオタニから頂きました。
   👇
 ニューオオタニは上を下への大騒ぎ!
   👇
 おい!アベ、「領収書を出さんかい!」
 そらそうなるよね。
 
 でも、。。。
 これだけ大騒ぎな案件になっていて、
 お寿司を出したお店が名乗りを上げないってすごいなって思うけどね。

 言ってた通りでしょう。
 野党も、この件を解決する腹はないって、。。。
 どんな形で終結するかミモノだなって思ってる。
 逆に、本当にミモノだわよ、皆さん ❗❗❗

 







































久しぶりに委員会が重なって動画の管理人さんも大変なようで。
で、私も、タイトルと動画を合わせるのも四苦八苦で。
出来るだけ合わせましたが、。。。。



●2月12日(水)衆議院
08:55 予算委員会

【会議に付する案件】 
 令和二年度一般会計予算
 令和二年度特別会計予算
 令和二年度政府関係機関予算
・集中審議(新型コロナウイルス対応・内外の諸情勢)
【発言者】
 棚橋泰文(予算委員長)  8時 58分
【質疑者】
 赤澤亮正(自由民主党・無所属の会)  9時 00分 
 堀内詔子(自由民主党・無所属の会)  9時 47分 
 佐藤茂樹(公明党)  10時 31分 
 黒岩宇洋(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  11時 07分 
 後藤祐一(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  11時 33分 
(休憩)
 ・棚橋泰文(予算委員長)  13時 00分 
 後藤祐一(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  13時 00分 
 川内博史(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  13時 19分 
 辻元清美(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  13時 59分 
 逢坂誠二(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  14時 59分 
 泉健太(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  15時 42分 
 赤嶺政賢(日本共産党)  16時 17分 
 杉本和巳(日本維新の会)  16時 50分  
【答弁者】
 安倍晋三(内閣総理大臣)
 麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣(金融) デフレ脱却担当)
 森まさこ(法務大臣)
 茂木敏充(外務大臣)
 加藤勝信(厚生労働大臣 働き方改革担当)
 江藤拓(農林水産大臣)
 梶山弘志(経済産業大臣 産業競争力担当 国際博覧会担当 ロシア経済分野協力担当 原子力経済被害担当 内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構))
 赤羽一嘉(国土交通大臣 水循環政策担当)
 小泉進次郎(環境大臣 内閣府特命担当大臣(原子力防災))
 河野太郎(防衛大臣)
 菅義偉(内閣官房長官 沖縄基地負担軽減担当 拉致問題担当)
 衛藤晟一(一億総活躍担当 領土問題担当 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策 消費者及び食品安全 少子化対策 海洋政策))
 北村誠吾(内閣府特命担当大臣(地方創生 規制改革) まち・ひと・しごと創生担当)
 橋本聖子(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当 女性活躍担当 内閣府特命担当大臣(男女共同参画) )
---------------------------------------------------------------------
12:10 財務金融委員会 (約10分で終了)
【会議に付する案件】 
 所得税法等の一部を改正する法律案(内閣提出第三号)
 自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通の安全のために講ずべき措置に関する法律案(古本伸一郎君外二名提出、第百九十八回国会衆法第二九号)
 財政に関する件
 金融に関する件
【発言者】
 田中良生(財務金融委員長)  12時 10分 
 麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣(金融) デフレ脱却担当) 12時 10分 
---------------------------------------------------------------------

●参議院
13:00 国際経済・外交に関する調査会

【会議に付する案件】 
 国際経済・外交に関する調査
 (海を通じて世界とともに生きる日本)
 「海洋資源・エネルギーの確保など海洋の利活用及び開発の在り方(水産資源の管理と保護)」
 (出席予定参考人)
 東京海洋大学名誉博士・客員准教授  さかなクン君
 漁業ジャーナリスト 片野   歩君
 東京財団政策研究所上席研究員 小松  正之君
 ・参考人の意見陳述 ※3名、各20分程度
 ・参考人に対する質疑 ※自由質疑方式、2時間程度

【発言者】
 鶴保庸介(国際経済・外交に関する調査会長)
---------------------------------------------------------------------
13:00 国民生活・経済に関する調査会
【会議に付する案件】 
 国民生活・経済に関する調査
 (誰もが安心できる社会の実現)
 「困難を抱える人々の現状(子どもをめぐる諸問題)」
 (出席予定参考人)
 北海道大学大学院教育学研究院教授・
  附属子ども発達臨床研究センター長  松本 伊智朗君
 独立行政法人労働政策研究・研修機構主任研究員     周   燕飛君
 特定非営利活動法人キッズドア理事長 渡辺 由美子君
 ・参考人の意見陳述 ※3名、各20分程度
 ・参考人に対する質疑 ※自由質疑方式、2時間程度

【発言者】
 白眞勲(国民生活・経済に関する調査会長)
---------------------------------------------------------------------
13:00 資源エネルギーに関する調査会
【会議に付する案件】 
 原子力等エネルギー・資源に関する調査
 (資源エネルギーの安定供給)
 「エネルギーの安定供給(中東情勢など、エネルギーを巡る国際動向)」
 (出席予定参考人)
 一般財団法人国際開発センター研究顧問 畑中  美樹君
 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授     
  一般財団法人日本エネルギー経済研究所理事 田中 浩一郎君
 金曜懇話会代表世話人 岩瀬   昇君
 ・参考人の意見陳述 ※3名、各20分程度
 ・参考人に対する質疑 ※自由質疑方式、2時間程度

【発言者】
 宮沢洋一(資源エネルギーに関する調査会長)



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!





















●日刊ゲンダイ 2020/02/11 
東京高検検事長の“異例”定年延長は違法…安倍首相に告発状
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/268896


安倍首相と黒川弘務東京高検検事長(C)日刊ゲンダイ

 これ以上、好き勝手にさせたらこの国は終わりだ。安倍政権が今月定年退職する予定だった黒川弘務・東京高検検事長の勤務を延長したのは偽計業務妨害罪に当たる疑いがあるとして、都内の男性が10日までに、安倍首相に対する告発状を最高検に提出した。

 10日、都内で会見を開いた告発者の男性は「検察庁法で63歳と定められている検察官の定年を国家公務員法の規定で延長したのは違法であり、検察の業務を妨害した」と説明。検察官の罷免の勧告や適格の審査を行う検察官適格審査会に対し、黒川検事長の罷免を勧告するよう申し立てたことを明かした。

 代理人を務める元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士がこう言う。

「政府は国家公務員法の規定で定年延長を閣議決定したわけですが、同法の対象は一般職で、<法律に別段の定めのある場合には定年制度の対象とはならない>とあり、従来から他の法律により定年制度が定められているものについては、それぞれの法律による定年制度を適用しようとするものと解釈されている。その例が検察庁法第22条による検事総長や検察官で、すでに法律に明確に規定されているものを勝手な解釈で変えてはならないのは言うまでもありません。本来は法律のプロ集団である内閣法制局が見逃すはずがないのですが、おそらく安倍政権は『後で説明すればいい』と考えて内閣法制局に相談しないまま閣議決定したのではないか。これは法治国家ではない。とんでもない無茶苦茶なことが起きているのです」

 最高検がこの告発状をスルーすれば、この先、自分で自分の首を締めることになるだろう。


  みよ!これが黒川弘務の実績だ!!、だってさぁ、。。。

  ●東京新聞 2020年2月4日 朝刊
  政権に近い黒川東京高検検事長 "異例"の定年延長の背景は
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202002/CK2020020402100028.html


  ●東京新聞 2020年2月11日 朝刊
  検事の定年延長「違法」? 高検検事長の人事 検察からも疑義
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020021102000139.html


  ●東京新聞 2020年2月11日 朝刊
  検事長人事案を官邸に蹴られた…前代未聞の人事介入は検察の独立性を揺るがす
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020021102100027.html


  「検察官個人に訴追など強大な権限が与えられている。
  だからこそ検察庁法は権限を行使できる期間を厳正に定めている。
  今回の定年延長には違法の疑いがある」(郷原信郎弁護士)
  —検事の定年延長「違法」《高検検事長の人事、検察からも疑義》
  過去の国会答弁「公務員法の適用外」「官邸が捜査権限を操る」疑念


  検察官の定年は63歳。
  検察庁法で決まってる。
  国家公務員法は適用されない。
  政府も国会でそう明言してた。
  そこをねじ曲げ、国家公務員法を使って
  政権の守護神・黒川検事長(63歳)の定年延長を閣議決定した。
  違法行為を恥じぬ政権。
  汚れた検事総長の誕生か。
  #東京新聞 2月11日朝刊社会面


  東京高検の黒川検事長の狡蠻延長瓩頬〔魁Ω〇‘睇瑤らも批判。
  「こんなことが、まかり通るのか」
  「無理やりの解釈だ」
  「法に触れるのではないか」
  #東京新聞 2月11日朝刊WEB版




  もう、
  いい加減に、せーよ!
  ってハナシです。




●今西憲之2020.2.12 08:00週刊朝日 (資料)
黒川・東京高検検事長の定年延長 官邸と“お庭番”に強まる反発
https://dot.asahi.com/wa/2020021000047.html


黒川弘務・東京高検検事長 (c)朝日新聞社

 安倍政権が東京高検検事長の黒川弘務氏の定年延長を閣議決定し、永田町、霞が関がザワついている。黒川氏は2月8日の誕生日で63歳になり、定年退官する予定だったが、半年間、定年を延長すると突如、閣議決定したのだ。

「2月5日に検察庁内で黒川氏の送別会をやることが決まっていた。こんなひどい人事はちょっとあり得ないでしょう」(現職検事)

 自民党ベテラン議員が明かす。

「半年後に現在の検事総長、稲田伸夫氏を定年前に退任させ、その後任に黒田氏を推すつもりだろう。こんな大技は官邸にしかできないが、やりすぎではないか」

 これまで検事総長の人事は形式上、内閣が任命するものの、検察の独立性を重んじ、上申されたものを追認するという不文律があった。その「禁」を官邸が破った目的は何か?

「黒川氏は甘利明氏や小渕優子氏の政治と金問題など政権に大きな影響が出そうな検察事案を穏便に処理し、『官邸のお庭番』と揶揄(やゆ)されている。検察はいま、自民党を離党した衆院議員の秋元司被告のIR事件、河井案里参院議員とその夫で前法相の克行衆院議員の公職選挙法違反事件を抱えている。国会で安倍首相の『桜を見る会』の追及がやまない中、河井夫妻の疑惑も立件となれば、安倍政権の存続にかかわるダメージとなる。息のかかった黒川氏に辞められると困るとなったんでしょう」(前出の議員)

 検察が政治と距離を保たなければいけないのは、当たり前のこと。検察では官邸の人事介入に反発が強まっている。

「河井夫妻の事件は、検察の威信をかけて立件すべきとの強硬意見もある」(前出の検事)

 黒川氏定年延長のニュースが報じられた後、河井夫妻の公職選挙法違反事件で広島地検から取り調べを受けた河井案里事務所の元スタッフが明かす。

「昨年12月に取り調べを受けた時、検事さんはやる気満々だった。それが1月に高検検事長の定年延長がニュースで流れると、急に『供述調書? もっと事実関係を詰めてからにしましょう』とトーンダウンしていた」

 しかし、2月に入ってから異変があったという。

「広島地検は東京へ家宅捜索にわざわざ行ったそうです。その後、再び、事情聴取で呼ばれた時、検事さんは『供述調書の完了まであと少し』と言っていた。当時の秘書らだけでなく、河井夫妻の関与までほのめかしています」

 官邸とそのお庭番は今後、どう動くのだろうか?(今西憲之)
※週刊朝日  2020年2月21日号



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
   にほんブログ村 ニュースブログへ