s-20200215クルーズ船




 日本のこのクルーズ船の乗員乗客に対する対応、
 国際的な人権問題になっているの。
 毎日、ドイツでも、朝から晩まで、ラジオで
 「日本で130名の感染者が分かったが、対応されてない」って言われてるよ…。
 で、安倍政権が必死にやってるのは、
 「これら感染者を日本の感染者にカウントするな…」😱
     でもって、。。。
 アメリカが怒ったかどうか、つーか、日本は信頼できんってことで
 米国務省は、ダイヤモンドプリンセス号に乗船しているアメリカ人を(飛行機で)
 米国に連れ帰る決定をしたようだ。WSJが速報を出してる。 
     でもって、。。。
 豪州政府も、ダイヤモンドプリンセス号に監禁されている二百人以上の豪州人の
 救出を検討(豪州に連れ帰った後、2週間の隔離措置)。
 既に感染症の専門家を横浜に派遣、具体策を検討
 rescuing passengersという表記にあるように、ホント、救出なんだよね...
     でもって、。。。
 諸外国が、ウィルスで、わーわーわー言ってる時に日本ではw
     
 東京マラソンは実施すると言うアホなことを決めたようで。
 「希望者へのマスクの配布」
 「消毒液の設置」
 「給食も個別包装のものに切り替え」
 「例年は切ってあるものをバナナ一本まるごと配って対策」
 という戦中の竹槍感マンマン記事で、
 体中のチカラがちょびっと抜けたやんか、、、、、







新型コロナウイルス感染拡大 加藤厚労相 会見(20/02/15)
こいつは深刻な問題なのに笑いながら喋るから大嫌い!!







●Shigeru Omi, President, Japan Community Health Care Organization
1999年から2009年まで世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長を務め、
SARSの対応にあたった尾身茂・地域医療機能推進機構理事長が、
新型コロナウイルスへの対応のあり方について話した。
司会 瀬口晴義 日本記者クラブ企画委員(東京新聞)


































 ●首相官邸 https://www.kantei.go.jp/
  新型コロナウイルス感染症対策専門家会議
  ・座 長 脇田 隆字 国立感染症研究所所長
  ・副座長 尾身 茂 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長 🔴
  ・構成員 岡部 信彦 川崎市健康安全研究所所長
    押谷 仁 東北大学大学院医学系研究科微生物分野教授
    釜萢 敏 公益社団法人日本医師会常任理事
    河岡 義裕 東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長
    川名 明彦 防衛医科大学内科学講座(感染症・呼吸器)教授
    鈴木 基 国立感染症研究所感染症疫学センター長
    舘田 一博 東邦大学微生物・感染症学講座教授
    中山 ひとみ 霞ヶ関総合法律事務所弁護士
    武藤 香織 東京大学医科学研究所公共政策研究分野教授
    吉田 正樹 東京慈恵会医科大学感染症制御科教授
    (五十音順)



●赤旗 2020年2月14日(金) (資料)
新型肺炎 クルーズ船 下船対応早く地域医療機能推進機構理事長 尾身茂さん会見 予防・倫理上も問題
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-02-14/2020021415_01_1.html


 感染が広がる新型コロナウイルスをめぐって厚生労働省が所管する独立行政法人「地域医療機能推進機構」の尾身茂理事長は13日、国がとるべき対策について日本記者クラブで会見しました。このなかで尾身氏は感染者が相次いでいるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」は船が感染防御を目的とした構造となっておらず、船内に乗客乗員をとどめておくことは「感染対策上も、倫理上にも問題がある」と述べました。(岡素晴)

(写真)国がとるべき新型コロナウイルス対策を語る尾身氏=13日、日本記者クラブ

 尾身氏は、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した当時、世界保健機関(WHO)の西太平洋地域事務局長として対応にあたった経験があります。

 クルーズ船の乗客らについて、船が感染防御目的の構造ではなく、隔離の長期化に伴い心身ともに強度のストレスを強いられていることに言及しました。船内で二次感染も疑われるなど船内環境の悪化が懸念される中、「このまま船内にとどめておくことは感染対策上も、倫理的にも問題がある」と指摘。ウイルスを検出するPCR検査をした上で、持病が悪化しているなどの乗客らを優先的に下船させていく必要性があると述べました。

 また、国は「下船後の受け入れ先(安全な宿泊先)を確保し、感染防御の態勢を早急に準備しなければならない」と強調しました。

 感染拡大の状況について尾身氏は、すでに「初期」から「早期」に移ったとみなし、対策を取るべきだと説明。これまで中国の武漢、湖北省の渡航歴などがある人に限って検査してきた対応を見直し、地域の医療現場で肺炎の症状が出ている例を早期に診断、隔離、治療できる態勢へ移行しなければならないと訴えました。

 今後、「感染拡大期」に状況が進む可能性も想定し、一般病院でも診療できる態勢を準備する必要性も語りました。

 外国籍の乗客らの下船について記者から問われて、尾身氏は「クルーズ内は感染密度が濃くなり、ウイルスが広がる絶好の場所になりつつある。公衆衛生の観点から個人的には、日本人も外国人も下船を認めるべきだと思う」と回答。外国人の入国を規制する法律上の問題に言及し、「日本は国際社会のリーダーシップを担う立場から度量を示してほしい」と話しました。

 下船を早くできなかったのか、国の対応の是非を問う質問に対しては「早くしたほうがよかったが、下船してからの受け入れ先を準備するのは、それなりに時間がかかるだろう」と答えました。



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!






  政府の方針が変わる間に感染者が増え、乗客ばかりか海外からも批判が…
  米NYTは専門家の発言を引用し「公衆衛生の危機対応で『こうすべきでない』
  という教科書のような対応」と表現、
  米ABCも「(横浜港が)感染拡大の第二の震源地となる恐れ」
  という専門家の意見を紹介した。

  ---------------------------------------------------------------------
  おはようございます。新型肺炎は市中感染の段階に入ったと思うんですけれど、
  政府見解では国内で蔓延しているという認識ではないそうです。
  この「主観的願望を以て客観的情勢判断に替える」発想法は
  60年代には過激派固有のものでしたが・・・。
  ついに政府そのものが「過激派化」したようです。
  ※過激派ではなく「旧帝国陸海軍(戦時中の大日本帝国)」のことだと思います!

  ---------------------------------------------------------------------
  安全妄想や希望的観測を現実とすり替えるのは昔からです。
  明日は、青梅マラソン・京都マラソンが開催され、
  150万人規模の観客が来る東京マラソンも3月1日開催予定です。
  きっと「ウイルスはクヨクヨしている人に来て、ニコニコしている人には来ない」
  のでしょう。
  ※どっかで聞いたセリフだわね、。。。
  =以上=


  それでさぁ、
  最高にいいセリフがツイで回ってきたの。
      

   安倍総理が辞任するそうです
  
   主観的願望を以て客観的情勢判断に替える


  うわぉーーー^^ 😄😄😄
  ついに来たか〜 ❗
  ってことになって欲しい ❗❗❗❗❗




●女性自身 記事投稿日:2020/02/14 20:15 最終更新日:2020/02/14 20:15 (資料)
散髪に会食、休日は…安倍首相「コロナ対策に没頭」は本当なの?
https://jisin.jp/domestic/1831714/


散髪に会食、休日は…安倍首相「コロナ対策に没頭」は本当なの?
「私、コネクティングルームうんぬんというのは承知をしておりませんので、いまこの議論においてお伺いをしたところでございます。私、この数日間、ずっとコロナウイルス対策等々に没頭しておりますので、そのことについては承知をしておりませんので、確かめてみたいと思います」

安倍晋三首相(65)がこう語ったのは、2月12日の衆議院予算委員会の辻元清美議員(59)の質問でのことだった。和泉洋人首相補佐官(66)と大坪寛子厚生労働省大臣官房審議官(52)が公費で行った出張で、部屋同士が繋がった“コネクティングルーム”に泊まっていた問題。

「誤解を招くし、おかしかったと総理の口から言うべき」と辻元議員が迫ると、冒頭のように“新型コロナウイルス対策などに没頭していたので、疑惑について知らない”と首相は答えたのだ。ちなみに、国会を騒然させた「意味のない質問だよ」ヤジが飛び出したのは、この直後。

インド出張で2人が“コネクティングルーム”に泊まったことは、2月6日に発売された「週刊文春」の報道によって明らかになった。翌日7日の衆議院予算委員会では大坪氏が議場に立ち、野党議員から疑惑の追及を直接受けている。国会で取り上げられてからおよそ1週間、この問題も耳に入らないほど、安倍首相は“コロナウイルス対策に没頭していた”のか。2月7日以降の各メディアの報道をもとに、安倍首相のスケジュールをまとめてみた。


【2月7日(金):この日は「北方領土の日」。朝8時半ごろには官邸に入り、新型コロナウイルス対策について話し合うなどした後、「北方領土返還要求全国大会」に出席し挨拶をする。その後も、さまざまな公務で忙しく過ごした安倍首相。午後6時40分ごろに官邸を出て、都内ホテルの鉄板焼き店で稲田自民党幹事長代行(60)と元経団連副会長の渡文明JXTGホールディングス名誉顧問らと会食。午後10時前には私邸に着いた】


【2月8日(土):朝から私邸で過ごす。午後4時前に官邸に到着。30分ほど加藤勝信厚生労働相(64)や菅義偉官房長官(71)らと会談するなどした後、報道各社のインタビューを受け、官邸を出発。午後5時ごろには私邸に着き、以後の外出はなかった。官邸にいたのは1時間ほど。この日、武漢在住の60代日本人男性が死亡。新型コロナウイルスによって日本人の死者が初めて出た】


【2月9日(日):この日も朝から私邸で過ごす。やはり、午後4時前に官邸に着き、加藤厚生労働相らと会談。午後4時半には官邸を出発し、渋谷にある行きつけの美容室で散髪をした後、午後6時半には帰宅。以後、私邸で過ごした。官邸にいたのは40分ほどだった】



【2月10日(月):この日は、和泉氏と大坪氏が、インド出張のみならず過去4回の出張ですべてコネクティングルームに泊まっていたことが国会で明らかになった日。休日に十分リフレッシュができたのか、この日は朝から晩まで1日中働き続けた安倍首相。午後9時前、公邸で行われたエストニアのラタス首相との夕食会を終えた後、そのまま公邸に泊まった】


【2月11日(火・休):この日は建国記念日。だが、ウイルスには休日は関係ない。横浜市に停泊するクルーズ船で、新たに66人の感染を確認。乗客の感染者数は延べ135人となった。さらに、チャーター機で中国・武漢市から帰国し、自宅待機していた男性2人の感染も発覚する。午後2時前まで公邸で過ごした安倍首相。午後2時過ぎから、加藤厚生労働相や菅義官房長官らと会談。午後3時半前には官邸を出発すると、そのまま私邸に帰る。以後、家から出なかった。官邸にいたのは1時間半ほど】


【2月12日(水):午前7時には官邸着。新型コロナウイルス感染対策本部の会議に出席するなど公務に励む。午後1時からの衆議院予算委員会に出席し、「コロナウイルス対策等々に没頭」「意味のない質問だよ」発言をする。午後5時過ぎに、予算委員会を途中退席し、都内のホテルで行われた自民党と各種団体の懇談会で挨拶。すぐに官邸に戻り、5時半過ぎから加藤厚生労働相や菅義官房長官らと会談。午後6時半過ぎに公邸に帰ると、元通商産業事務次官で現在は弁護士の小長啓一氏、政治評論家の杉浦正章氏と会食。2人が午後8時40分ごろに帰ると、後は公邸で過ごした】

非常時とはいえ、休む権利はもちろん誰にでもある。また、公邸や私邸で、電話や秘書官を通じて指示を出していた可能性もある。ただ、「この数日間、ずっとコロナウイルス対策等々に没頭」という言葉を額面通り受け取れるだろうか。ちなみに、中国渡航歴がない4人の国民のウイルス感染が発覚した2月13日、安倍首相は何をしていたのだろうか。


【2月13日(木):午前9時45分ごろに官邸着。さまざまな会議、面談に出席するなど、公務に励む。しかし、午後7時過ぎには、都内のホテルで行われた、精神科医らで作る首相の後援会「晋精会」の会合に出席すると、午後7時40分には麻生太郎副総理(79)と細田博之元幹事長(75)と一緒に、都内の中華料理店で行われた麻生派と細田派の当選3回の議員を中心とした懇親会に出席。安倍首相は若手議員に選挙のアドバイスをしたという。午後8時半過ぎ、首相は店を後にした。同刻ごろ、神奈川県の80代女性が亡くなり、国内初の新型コロナウイルスによる死者が出たことが加藤厚労相から発表された】


国立感染症研究所:新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報について


NHK 特設サイト 新型ウイルス肺炎|NHK NEWS WEB


特集:感染拡大… 新型コロナウイルス - FNN.jpプライムオンライン


TBS:注目キーワード「新型コロナウイルス」のニュース一覧


テレビ朝日:「新型コロナウイルス」の感染拡大


新型コロナウイルス感染拡大の影響 | 特集 - ビジネス短信 - ジェトロ
中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大しており、
感染者や死者が増加するなど状況が深刻化している。
本特集では、中国および世界各国の感染状況やその対応などについて報告する。


【国内感染者まとめ】新型コロナウイルス感染者を時系列で振り返り:日本初感染から21例目まで


新型コロナウイルス特集 | 報道ランナー | 関西テレビ放送 カンテレ(関西関係)




  どう考えても、
  初動の動きも最低だと思うし、 
  新型コロナウイルスの心配はしないで、
  己の会食の方が大事だと言わんばかりの行動をとるとか、
  アベと言う総理には、 
  国民の生命と健康と財産を守る義務など詰めの先ほど持ってはいない。
  
  だとしたら、
  こんな、
  アホ・バカ・マヌケ総理を担ぐ自公維新議員の質は推して知るべしでしょ!




●huffingtonpost. 2020年02月14日 12時41分 JST (資料)
新型コロナウイルスで国内初の死者。これまでの経緯は?(時系列まとめ)
1月初旬に感染が確認されたのは中国・武漢市内の海鮮市場の関係者のみ。それから約1カ月で世界中で感染者が拡大しています。(安藤健二)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/covid-19-timeline_jp_5e46015ac5b64433c613ba12


新型コロナウイルスの感染による肺炎(COVID-19)で国内初の死者が、2月13日に確認された。神奈川県在住の80代女性だった。同日には和歌山県の医師や、都内のタクシー運転手、千葉県の男性が感染していることも確認されたが、いずれも感染が拡大する中国との明確な接点は見つかっていない。国内での市中感染が起きている可能性も浮上している。13日現在までに判明した、これまでの経緯を時系列でまとめた。

2019年12月31日 武漢で原因不明の肺炎
中国の武漢市内で原因不明の肺炎が広がっていると、世界保健機関(WHO)が中国当局から報告を受ける。

2020年1月7日 新型コロナウイルスと判明
武漢市の肺炎患者から、中国当局が新型コロナウイルスを検出した。

1月12日 中国で初の死者を確認
閉鎖された海鮮市場(武漢市)

新型コロナウイルスで初の死亡者が確認された。WHOは、新型コロナウイルスに武漢市内で41人が感染し、そのうち1人が亡くなったと発表。ほとんどの症例は、1月1日に閉鎖した武漢市内の海鮮市場「華南海鮮卸市場」の従業員や来訪者だった。

1月13日 中国以外で初の感染確認
武漢市からタイを訪れた中国人の女性から、新型コロナウイルスを検出した。中国以外では初の感染確認。

1月16日 国内初の感染確認
武漢市から帰国した神奈川県の30代中国人男性から、新型コロナウイルスを検出した。国内では初の感染確認。

1月20日 ヒトからヒトへの感染が判明
中国政府の専門家グループ長は20日、ヒトからヒトへの感染が認められると明らかにした。

1月23日 武漢封鎖
武漢市は新型コロナウイルスの市外への感染拡大を防止するため、交通機関の運行を停止した。事実上、武漢を封鎖する措置が始まった。

1月27日 中国人の団体ツアー旅行が禁止に
中国の旅行会社を統括する中国旅行社協会は、中国政府の要求に基づき、国外旅行を含む全ての団体ツアー旅行を27日から一時禁止とすることを決めた。

1月28日 日本人の感染者を初確認
厚労省は会見で、日本人の新型コロナウイルス感染者が初めて確認されたことを明らかにした。感染したのは奈良県在住の60代男性。武漢市から来たツアー客を乗せたバスの運転手だった。

1月29日  武漢からのチャーター機第1便
1月29日に中国・武漢市から邦人を乗せて帰国した政府のチャーター機(東京・羽田空港)
 
武漢市にいる日本人を帰国させる目的で、日本政府が派遣した民間チャーター機の第1便が羽田空港に到着した。206人が帰国した。翌30日に第1便の帰国者のうち3人に感染が確認された。

1月31日 WHOが緊急事態宣言
新型コロナウイルスに関して、WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言。中国での感染者数が1万人を超えた。

2月1日 日本で「指定感染症」に
日本政府は、新型コロナウイルスによる肺炎などを感染症法の「指定感染症」と検疫法上の「検疫感染症」とする政令を施行。検査・入院に強制力を持たせたほか、中国湖北省からの外国人を入国拒否の措置をとった。

2月5日 ダイヤモンド・プリンセス号で集団感染が判明
2月5日、横浜沖に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号

横浜港に停泊していた豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員乗客10人に、新型コロナウイルスの感染が確認された。厚労省は乗員乗客に14日間程度、船内に待機してもらう方針を示す。

2月8日 武漢在住の日本人が死亡
中国政府は武漢市で新型コロナウイルスに感染して死亡した外国人2人について、うち1人は8日に亡くなった日本人だと発表した。新型コロナウイルスに感染した日本人の死者は初めて。

2月11日 病名を「COVID-19」と命名
WHOは新型コロナウイルスによる肺炎などの疾患について「COVID-19(コービッド・ナインティーン)」と名付けたと発表した。

2月13日 国内初の死者
新型コロナウイルスに感染していた神奈川県在住の80代女性が死亡。国内初の死亡者となった。中国との明確な接点はなく、国内での市中感染が懸念される事態になった。



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中! ポチッ! ヨロシク~♪
   にほんブログ村 ニュースブログへ