s-20200504こちらでお待ちくださいs-20200504間隔をあけてお待ちください
















●BS-TBS「報道1930」
【15日㈮#報道1930】
『検察庁法改正案…伝説の検察OBらの警告「検察はいま、倒れる瀬戸際にある」』
▽問題の本質は何か?▽官邸はなぜ、いま強行するのか

【ゲスト】
熊勝彦(元特捜部長)  山尾志桜里(衆院議員)  泉田裕彦(自民党)
竹田昌弘(共同通信)
【出演者】
松原耕二(月 - 金)
高畑百合子(月曜、第3・4水曜、木曜担当)
出水麻衣(火曜、第1・2・5水曜、金曜担当)
【コメンテーター】
堤伸輔(フォーサイト元編集長) - 月 - 木曜日
パトリック・ハーラン - 金曜日



  これまで断ってきたというテレビ出演をえて受けて登場した
  熊崎勝彦元東京地検特捜部長は『報道1930』で、堰を切ったように熱く語った。
  「定年延長」を後輩の黒川氏はどうすべきだったかと松原キャスターに問われると、
  「正道を行くべきだった」と答え、「これ以上は察して下さい」と答えた。


  「人間だからエラくなりたいって気持ちはありますよ。私はあまりエラくならなかったけど」 
  と、熊崎元特捜部長は語った。
  検察官部となって、63歳で定年という不文律が破られて、
  時の政権におもねるような検察幹部が出世するという制度になれば、
  検察捜査への信頼は地に堕ちる。
  危機感がにじみ出ていた。


  安倍政権にとって、与野党一致した「コロナとのたたかい」よりも、
  優先しなければならないのが「検察庁法改正」だ。
  「なぜ急ぐのか」には理由がある。
  官邸が検察首脳人事の首根っこを抑え、捜査権力をコントロールすることが実現すれば、
  怖いものはなくなる。公益に背く私的な「我利我欲」の突進だ。


  私は、松尾元検事総長以下、歴代検事総長とも法務省刑事局長在職当時、
  数々の論戦を交わしてきた。
  通信傍受法、監獄法、共謀罪とふりかえっても、彼らは「論理」に忠実であろうとして、
  見解は違えても議論はかみ合った。
  しかし、昨今の法務省の劣化はひどく、森大臣の答弁はまるで質問とかみ合わない。


  元東京地検特捜部長の熊崎勝彦さん、
  検察の厳正公平、不偏不党の伝統への矜持と、
  それがいま脅かされていることを顔真っ赤にしながらまくし立てておられた。
  今言っておかなければ!という激しい気概を感じて見てて涙ぐんでしまった。
  #報道1930  


  元東京地検特捜部長の熊崎勝彦さん、  
  「黒川氏の定年延長という話を聞いて、驚かなかった検察OBはいなかったんじゃないか。
  こんなことするとは思いもよらなかった」
  「今回の改正案は、黒川氏個人がどうといったレベルの話ではなく、
  根幹に触れることにまでいったんじゃないかと」


  報道1930で検察官の思いを熱く語った熊崎勝彦元東京地検特捜部長。
  「〜こんな根幹的な重要な問題について、基準を用意して国会で説明しなきゃ!
  こんな説明をしていたら検察官なんてやってられませんよ、本当の話!」
  流石に胸を打つ弁舌だった。



  最近の特捜部って意味あるんかってことまで思ってしまうわけだけど、
  政治家の悪党を糾弾・追及するのとは逆コースを歩んで、
  黒川が握りつぶしていたわけか、。。。
  トンんでもない奴だわな!




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!




















  金平キャスター「検察庁法改正案に対してネット上で反対の声を上げた一人、
  女優、歌手の小泉今日子さんの下にも中傷や嫌がらせが来たということです。
  人が発信する自由を脅かす行為はウイルスと同様、またはそれ以上に怖い行為」

  小泉今日子さんの5月14日に金平キャスターに寄せたメール!
  「政治的発言をしたのは、選挙には行くけれど、政治に対して無関心でいた私たちが
  作ってきた現実を突きつけられたような気がしたからです。
  違和感や不信感を抱いていたけれど、その問題を後回しにしていた。
  そういう大人がたくさんいて、若い人に広がった。
  そして、各々の心の中で自分達はこの国で生きているのだということを、
  改めて考えるきっかけにはなったのではないかと思います。」

  彼女の人生も色々とあったと思う。
  しかし、言い訳をしない潔さが彼女の人生にはあったように思う。
  確固たる意志、
  これからも貫いてほしいと切に思います、。。。







報道特集「金平茂紀 人が発信する自由を脅かす行為」20200516






報道特集「緊急事態宣言〜前倒しで39県解除」20200516






報道特集「検察幹部の定年延長 広がる反対の声 問題の根源は?」20200516



●【報道特集】『「緊急事態宣言〜前倒しで39県解除・司法の独立は守られるのか」』
2020年5月16日(土) 17:30〜18:50 TBS

「緊急事態宣言〜前倒しで39県解除」
緊急事態宣言が39の県で解除された。旅館や商店街の反応は?
資金繰りに苦しむ事業者が直面する問題とは?
新型コロナ感染症で産科医が抱く危機感と対策とは?
「司法の独立は守られるのか」
国会で審議が進む検察庁法改正案。
検事総長や検事長らの定年延長について、
内閣の判断で最大3年可能とする特例規定を検察OBや野党は問題視する。
司法の独立は守られるのか。
【レギュラー出演】 日下部正樹 , 金平茂紀 , 膳場貴子 , 宇内梨沙
【声の出演】 屋良有作 , 小山茉美 , 堀田力
【その他】 ベス・ウィルソン , 宮本晴代 , 塚越潤 , 今井伸一 , 川井祐一 , 神保伸一 , 布川真一 , 中川素充 , 山本正行 , 宮坂尚幸 , 河原美咲 , 辰巳孝太郎 , 鳥海不二夫 , 清水唯一朗 , 江田五月
【制作プロデューサー】田中宏之
【番組プロデューサー】吉岡弘行
【編集長】吉田豊
【番組HP】 http://www.tbs.co.jp/houtoku/
◇twitter @tbs_houtoku http://twitter.com/tbs_houtoku
◇facebook http://www.facebook.com/tbs.houtoku

(ニュース)
「解除」後初の週末 各地の様子

オープニング
オープニング映像。

オープニングトーク
 
東京で11人死亡 14人感染確認
宅配の「置き配」狙う窃盗事件相次ぐ
登校再開へ学生全員にPCR検査
一部の地域・業種で経済活動再開
高島屋8店舗 一部売り場再開へ
米百貨店「JCペニー」も経営破綻
ベルリン 2か月ぶり飲食店再開
宣言「解除」で一部施設など再開
 
ボビー・オロゴン容疑者 逮捕
緊急事態宣言 前倒しの解除で…
解除から一夜明け 観光地・熱海は
新型コロナから妊婦を守る
39県で宣言解除も… 続く中小事業者の苦境
 
広がる反対の声 問題の根源は?
自殺した財務局職員の妻は…
検察幹部の定年延長 広がる反対の声に…

(エンディング)
エンディング













 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪