s-20200521記者は政治家とメシを食うな!










  “自民党内からは「問題の根本にあるのは、
  『また自分の都合のよいことばかりやるんじゃないか』という首相への不信だ。
  黒川氏が辞職したところで何も変わらない」(若手議員)との指摘があがっている”
  ※自民の若手は割とまともな言うのね、びっくりした、…。



【衆議院インターネット審議中継】
(第174回国会〔2010年1月18日〕以降から本日までの映像を継続して提供)

【参議院インターネット審議中継】
(2017年・2018年)2017年1月から本日までの映像を継続して提供)








●2020年5月22日(金) 衆議院 厚生労働委員会 国会中継
・衆議院 厚生労働委員会

質疑者
09:00〜木村哲也(自)
09:20〜伊佐進一(公)
09:36〜稲富修二(立国社)
10:16〜岡本充功(立国社)
10:56〜小川淳也(立国社)
11:19〜宮本徹(共)
11:49〜藤田文武(維)
・衆議院 本会議
・衆議院 厚生労働委員会(内閣総理大臣出席)

質疑者
13:30〜国光あやの(自)
13:36〜高木美智代(公)
13:42〜小川淳也(立国社)
13:59〜西村智奈美(立国社)
14:16〜宮本徹(共)
14:26〜藤田文武(維)







●2020年5月22日(金) 緊急事態宣言 45日目 衆議院 法務委員会 国会中継
・衆議院 法務委員会

09:00〜階猛(立国社)
09:20〜逢坂誠二(立国社)
09:45〜日吉雄太(立国社)
10:10〜山尾志桜里(立国社)
10:30〜藤野保史(共)
10:45〜串田誠一(維)







●2020年5月22日 竹中「スーパーシティー法案」地方創生及び消費者問題に関する特別委員会
国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案(スーパーシティー法案)

質疑者
10:00〜片山さつき(自)
10:30〜森ゆうこ(立国社)
11:15〜福島みずほ(立国社)
11:35〜柳ヶ瀬裕文(維)
13:30〜大門実紀史(共)
13:55〜浜田聡(み)





































●5月22日(金)衆議院
09:00 内閣委員会

【会議に付する案件】 
 個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出第四八号)
【発言者】
 松本文明(内閣委員長)
【質疑者】
 牧島かれん(自由民主党・無所属の会) 
 太田昌孝(公明党)  
 浅野哲(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  
 柚木道義(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム) 
 大河原雅子(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  
 吉田統彦(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム) 
(休憩)
 ・松本文明(内閣委員長) 
 大島敦(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  
 塩川鉄也(日本共産党)  
 浦野靖人(日本維新の会・無所属の会)
【答弁者】
 衛藤晟一(一億総活躍担当 領土問題担当 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策 消費者及び食品安全 少子化対策 海洋政策))
 西村明宏(内閣官房副長官)
 義家弘介(法務副大臣)
 藤原崇(内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官)
 井上貴博(財務大臣政務官)
---------------------------------------------------------------------
09:00 法務委員会
【会議に付する案件】 
 裁判所の司法行政、法務行政及び検察行政、国内治安、人権擁護に関する件
【発言者】
 松島みどり(法務委員長)
【質疑者】
 階猛(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 逢坂誠二(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 山尾志桜里(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 日吉雄太(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 藤野保史(日本共産党)
   検事長に関する安倍政権の責任を徹底的に追及
 串田誠一(日本維新の会・無所属の会)
 ・森まさこ(法務大臣)
【答弁者】
 宮崎政久(法務大臣政務官)
---------------------------------------------------------------------
09:00 外務委員会
【会議に付する案件】 
 社会保障に関する日本国とスウェーデン王国との間の協定の締結について承認を求めるの件(条約第一二号)
 社会保障に関する日本国とフィンランド共和国との間の協定の締結について承認を求めるの件(条約第一三号)
 刑を言い渡された者の移送に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(条約第一四号)
 専門機関の特権及び免除に関する条約の附属書XVIIIの締結について承認を求めるの件(条約第一五号)
 国際獣疫事務局アジア太平洋地域代表事務所の特権及び免除に関する日本国政府と国際獣疫事務局との間の協定の締結について承認を求めるの件(条約第一六号)
【発言者】 時間は若干のズレがあります!
 松本剛明(外務委員長)  9時 00分
【質疑者】
 09:00-09:35 大西 健介(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 09:35-10:10 小熊 慎司(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:10-10:55 岡田 克也(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:55-11:35 穀田 恵二(日本共産党)
 11:35-11:50 杉本 和巳(日本維新の会・無所属の会)
 11:50-12:00 井上 一徳(希望の党)
・質疑終局
(・討論)
・採決

【答弁者】
 茂木敏充(外務大臣)
 橋本岳(厚生労働副大臣)
 伊東良孝(農林水産副大臣)
 宮崎政久(法務大臣政務官)
 小島敏文(厚生労働大臣政務官)
---------------------------------------------------------------------
09:00 文部科学委員会
【会議に付する案件】 
 著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出第四九号)
【発言者】
 橘慶一郎(文部科学委員長)
【質疑者】
 09:01-09:08 畑野 君枝(日本共産党)
 09:08-09:48 山本 和嘉子(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 09:48-10:34 川内 博史(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:34-10:39 川内博史(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)  
 10:39-10:43 城井崇(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム) 
【答弁者】
 萩生田光一(文部科学大臣 教育再生担当)
---------------------------------------------------------------------
09:00 厚生労働委員会 アベ入りだけど
【会議に付する案件】 
 地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律案(内閣提出第四三号)
 介護・障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案(山花郁夫君外八名提出、衆法第一一号)
 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の一部を改正する法律案(山花郁夫君外八名提出、衆法第一二号)
 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の一部を改正する法律案(山花郁夫君外八名提出、衆法第一三号)
【発言者】
 盛山正仁(厚生労働委員長)  9時 00分  01分
【質疑者】
 09:00-09:20 木村 哲也(自由民主党・無所属の会)
 09:20-09:36 伊佐 進一(公明党)
 09:36-10:16 稲富 修二(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:16-10:56 岡本 充功(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:56-11:19 小川 淳也(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 11:19-11:49 宮本 徹(日本共産党)
 11:49-12:00 藤田 文武(日本維新の会・無所属の会)
(休憩)
 ・アベ内閣総理大臣出席
 ・盛山正仁(厚生労働委員長)  13時 30分  01分
 13:30-13:36 国光 あやの(自由民主党・無所属の会)
 13:36-13:42 高木 美智代(公明党)
 13:42-13:59 小川 淳也(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 13:59-14:16 西村 智奈美(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 14:16-14:26 宮本 徹(日本共産党)
 14:26-14:30 藤田 文武(日本維新の会・無所属の会)
 ・阿部知子(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 ・宮本徹(日本共産党)
 ・藤田文武(日本維新の会・無所属の会)
【答弁者】
 ・山井和則(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 ・池田真紀(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 安倍晋三(内閣総理大臣)
 加藤勝信(厚生労働大臣 働き方改革担当)
 橋本岳(厚生労働副大臣)
 小島敏文(厚生労働大臣政務官)
 自見はなこ(厚生労働大臣政務官)
---------------------------------------------------------------------
09:00 経済産業委員会
【会議に付する案件】 
 強靱かつ持続可能な電気供給体制の確立を図るための電気事業法等の一部を改正する法律案(内閣提出第二六号)
【発言者】
 富田茂之(経済産業委員長)  9時 00分
【質疑者】
 09:00-10:00 田嶋 要(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:00-10:30 山崎 誠(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:30-11:00 斉木 武志(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 11:00-11:25 本多 平直(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 11:25-12:00 浅野 哲(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
(休憩) ※本会議散会後直ちに再開
 富田茂之(経済産業委員長)
 13:25-13:40 浅野 哲(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 13:40-14:05 笠井 亮(日本共産党)
 14:05-14:25 足立 康史(日本維新の会・無所属の会)
・質疑終局
・採決

【答弁者】
 梶山弘志(経済産業大臣 産業競争力担当 国際博覧会担当 ロシア経済分野協力担当 原子力経済被害担当 内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構))
 牧原秀樹(経済産業副大臣)
---------------------------------------------------------------------
09:00 国土交通委員会
【会議に付する案件】 
 賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案(内閣提出第四四号)
【発言者】
 土井亨(国土交通委員長)  9時 00分
【質疑者】
 09:00-09:20 小田原 潔(自由民主党・無所属の会)
 09:20-09:35 岡本 三成(公明党)
 09:35-10:05 中島 克仁(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:05-10:35 伊藤 俊輔(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 10:35-11:10 矢上 雅義(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 11:10-11:40 高橋 千鶴子(日本共産党)
   レオパレス21などサプリース業者を法で規制する法案について
 11:40-12:00 井上 英孝(日本維新の会・無所属の会)
 ・矢上雅義(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
・質疑終局
(・討論)
・採決
(・附帯決議)

 赤羽一嘉(国土交通大臣 水循環政策担当)
---------------------------------------------------------------------
13:00 本会議  (約14分で終了)
【議事日程】
 外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法の一部を改正する法律案(200国会閣12)
 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案(201国会閣32)
 公益通報者保護法の一部を改正する法律案(201国会閣41)
 復興庁設置法等の一部を改正する法律案(201国会閣33)
【発言者】
 大島理森(衆議院議長)  13時 02分 
 松島みどり(法務委員長)  13時 02分   
 山口俊一(地方創生特別委員長)  13時 05分 
 土屋品子(消費者問題特別委員長)  13時 07分 
 伊藤達也(震災復興特別委員長)  13時 11分 
---------------------------------------------------------------------
13:30 決算行政監視委員会
【会議に付する案件】 
 平成二十八年度一般会計歳入歳出決算
 平成二十八年度特別会計歳入歳出決算
 平成二十八年度政府関係機関決算書
 平成二十九年度一般会計歳入歳出決算
 平成二十九年度特別会計歳入歳出決算
 平成二十九年度政府関係機関決算書
【発言者】
 生方幸夫(決算行政監視委員長)
【質疑者】
 13:30-14:00  小林史明 (自由民主党・無所属の会)
 14:00-14:20  川内博史 (立憲・国民.新緑風会・社民)
 14:20-14:40  矢上雅義 (立憲・国民.新緑風会・社民)
 14:40-15:10  青柳陽一郎 (立憲・国民.新緑風会・社民)
 15:10-15:50  後藤祐一 (立憲・国民.新緑風会・社民)
 15:50-16:15  赤嶺政賢 (日本共産党)
【答弁者】
 麻生太郎(財務大臣 内閣府特命担当大臣(金融) デフレ脱却担当)
 森まさこ(法務大臣)
 萩生田光一(文部科学大臣 教育再生担当)
 加藤勝信(厚生労働大臣 働き方改革担当)
 江藤拓(農林水産大臣)
 梶山弘志(経済産業大臣 産業競争力担当 国際博覧会担当 ロシア経済分野協力担当 原子力経済被害担当 内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構))
 赤羽一嘉(国土交通大臣 水循環政策担当)
 河野太郎(防衛大臣)
 西村康稔(経済再生担当 全世代型社会保障改革担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政策))
 平将明(内閣府副大臣)
 稲津久(厚生労働副大臣)
---------------------------------------------------------------------

●参議院
10:00 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会

【会議に付する案件】 
 国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案(閣法第五号)(衆議院送付)
 地方創生及び消費者問題に関しての総合的な対策樹立に関する調査
【発言者】
 佐藤信秋(地方創生及び消費者問題に関する特別委員長)
【発言者一覧】
 10:00-10:30 片山 さつき(自由民主党・国民の声)
 10:30-11:15 森 ゆうこ(立憲・国民.新緑風会・社民)
 11:15-11:35 福島 みずほ(立憲・国民.新緑風会・社民)
 11:35-12:05 柳ヶ瀬 裕文(日本維新の会)
(休憩)
 ・佐藤信秋(地方創生及び消費者問題に関する特別委員長)
 13:30-13:55 大門 実紀史(日本共産党)
 13:55-14:20 浜田 聡(みんなの党)



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!
















●videonewscom
http://www.videonews.com/
マル激トーク・オン・ディマンド 第989回(2020年3月21日)
ゲスト:新藤宗幸氏(千葉大学名誉教授)
司会:神保哲生 宮台真司 


 世界各国が新型コロナウイルス対策として国境閉鎖や外出禁止などの厳しい施策を打ち出す中、日本は政府による小・中・高等学校に対する休校要請の解除が検討されるなど、不思議なほどの安堵感に覆われている。実際、街中に人っ子一人いない、まるでゴーストタウンと化したニューヨークやパリの様子がテレビで映し出されているのと比べると、日本では往来を普通に人が歩いているし、朝のラッシュアワーの電車もそこそこ満員だ。

 テレビ、とりわけワイドショーなどでは相変わらず洪水のようにコロナ一辺倒の報道が続くが、当初コロナの情報洪水を前にパニック気味だった市民社会も、多少は煽られ慣れしてきたのか、あるいは、少なくとも政府が発表する感染者数が爆発的に増えていないせいなのか、ある程度平静を取り戻しつつあるように見える。地理的に中国に近いことから、今になって大慌てで対策を迫られている欧米諸国に先駆けていち早くパニックステージを卒業したということなのだろうか。

 無論、個人事業主を含め、今回の新型コロナウイルスの蔓延によって売り上げが大きく影響を受けている事業者が多くいることは論を俟たない。年度末を迎えるにあたり、経済的な影響はこれから正念場を迎えることになるだろう。

 しかし、一つ不安なことは、果たして今の日本のこの安堵感が、科学的なデータに裏付けられたものと言えるのかどうかが、今一つわからないことだ。3月下旬に入り多少は増えてきているものの、日本のPCR検査件数は他国と比べると圧倒的に少ない。日本で感染者数が爆発的に増えていないのが検査対象を厳しく絞っている結果に過ぎない怖れがあり、水面下で密かに感染が広がっている可能性は依然として排除できない。検査件数を増やした途端に感染者数が爆発的に増える可能性もあり、まだまだ予断は禁物だ。

 もっとも、コロナウイルス対策も含め、われわれが政府が打つさまざまな施策に対して不安を覚えるのは、ある意味では当然のことだ。なにせわれわれはここ何年かの間、政府の中核を成す霞ヶ関の官僚機構が完全に壊れてしまっている様を、繰り返し見せられてきたからだ。

 今週、公文書の改竄を強いられて自殺に追い込まれた近畿財務局の赤木俊夫さんの遺書が公開されたが、森友問題では財務省によって森友学園と近畿財務局との交渉過程を綴った文書や決裁文書が、ことごとく安倍首相や佐川宣寿理財局長(当時)の国会答弁と矛盾しないように書き換えられていたことが明らかになっているし、桜を見る会問題では、政府の予算で開催される会に、首相の個人後援会のメンバーを含め、首相サイドから要請のあった相手がそのまま内閣府の名前で招待されていたばかりか、それが問題化した途端に内閣府の官僚が招待リスト者リストをシュレッダーにかけてしまっている。また、政権の守護神よろしく、自民党や政権の中枢に司直の手が及ぶのを防いできたとされる黒川弘務東京高検検事長の定年延長問題では、黒川氏を検事総長に就かせるためにこれまでの法律の解釈を勝手に変えたばかりか、それを「口頭決裁」で済ませたと法務大臣が堂々と国会で答弁している。今回の新型コロナウイルスでも、日本中が注目する厚労省の最初の記者会見に、なんと首相補佐官との「コネクティング・ルーム」旅行が国会で問題視されている厚労省の大坪寛子審議官が主役として登場し、周囲を唖然とさせている。

 霞ヶ関は一体どうなってしまったのか。

 行政法が専門の新藤宗幸・千葉大学名誉教授は、「政治改革」や「政治主導」「官邸主導」といった過去25年に及ぶ一連の「改革」によって、小選挙区制、政党助成金、省庁再編、首相の手足となる内閣府の膨脹、内閣人事局や日本版NSCの創設等々、首相官邸の権限が極大化されてきた結果、霞ヶ関官僚は官邸の意向には一切逆らえなくなっていることを指摘する。また、安倍政権という政権が国家主義的かつ新自由主義的な色彩を強く持つ政権であり、その志向に同調できない官僚は出世コースから外されるようになっているが故に、霞ヶ関官僚もその方向を向かざるを得なくなっているのだという。

 戦後の日本は戦前から続く強固な官僚制度がうまく機能し、世界にも類を見ないほどの復興と高度成長を果たした。しかし、先進国の仲間入りを果たして以降は、強すぎる官僚の「縦割れ行政」や「省益優先」、「天下り」、「特殊法人の乱立」などの弊害が目立つようになり、それが今日の官邸主導、政治主導への流れに繋がった。

 しかし、われわれが志向した政治主導、官邸主導とは、今霞ヶ関で起きているようなものだったのだろうか。政治家の過った判断や無責任な行動や発言に合わせるために、嘘の答弁や公文書の改竄も辞さない官僚ばかりが出世していくような政府をわれわれは望んでいたのだろうか。

 新藤氏は問題の根幹は、現行の公文書管理法と情報公開法が機能していないとこにあるとして、まず公文書管理法が定める公文書の定義を、先進国並の厳しい水準にあげていくことが、現在の政治主導の下で霞ヶ関を正常に機能させるための最低条件になると指摘する。首相に強い権限を与える以上、それに見合ったチェック機能を担保する必要があり、チェックのためにはまず記録を残させることが必要不可欠だからだ。

 霞ヶ関の官僚機構が壊れたままでは、新型コロナウイルスのような非常時に政府が打ち出す施策に対して、われわれ市民社会は自信を持つことができない。ましてや、壊れた官僚機構に今回の新型コロナ特措法に含まれているような、私権が大幅に制限されるような権限を与えることには大きな不安を覚えるのは当然だ。

 われわれが民主的かつ市民のために働いてくれる政府を取り戻すためには、政治に対する投票行動も重要だが、それと同じくらい霞ヶ関の復興が不可欠だ。今、霞ヶ関がどのような状態に陥っているのか、どこに問題があり、そのために何がなされなければならないのかなどを、これまで官僚機構に対しても数々の貴重な提言を行ってきた新藤氏と、ジャーナリストの神保哲生、社会学者の宮台真司が議論した。

【プロフィール】
新藤 宗幸(しんどう むねゆき)
千葉大学名誉教授

1946年神奈川県生まれ。中央大学経済学部卒業。72年中央大学大学院法学研究科修士課程修了。専門は行政学。専修大学法学部助教授、立教大学法学部教授、シェフィールド大学客員教授、千葉大学法経学部教授などを経て2011年より現職。著書に『官僚制と公文書 改竄、捏造、忖度の背景』、『原子力規制委員会』など。

宮台 真司 (みやだい しんじ)
東京都立大学教授/社会学者

1959年仙台生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。東京都立大学助教授、首都大学東京准教授を経て現職。専門は社会システム論。(博士論文は『権力の予期理論』。)著書に『日本の難点』、『14歳からの社会学』、『正義から享楽へ-映画は近代の幻を暴く-』、『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』、共著に『民主主義が一度もなかった国・日本』など。

神保 哲生 (じんぼう てつお)
ジャーナリスト/ビデオニュース・ドットコム代表 ・編集主幹

1961年東京生まれ。87年コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。クリスチャン・サイエンス・モニター、AP通信など米国報道機関の記者を経て99年ニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を開局し代表に就任。著書に『地雷リポート』、『ツバル 地球温暖化に沈む国』、『PC遠隔操作事件』、訳書に『食の終焉』、『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』など。

【ビデオニュース・ドットコムについて】
ビデオニュース・ドットコムは真に公共的な報道のためには広告に依存しない経営基盤が不可欠との考えから、会員の皆様よりいただく視聴料(月額500円+消費税)によって運営されているニュース専門インターネット放送局です。(www.videonews.com)





  東京高検の文書の記載
   λ秧等の常習賭博については,刑事罰の対象となる事案が多く,
    そのほとんどは刑事罰に加え免職などの懲戒処分を受けることになります。
  ◆Ε泪好灰澳愀玄圓砲弔い討蓮
    職務の公正さを疑われるような接触は現に慎むべきであるとされています。

  現実は、。。。
  
   
  「訓告」は最も軽い処分で法律上の懲戒処分ですらなく、履歴書に書く必要もありません。
  いつもの事ですが、切った上でしかし、論功行賞で天下りさせる気満々という事です。
  こうやって人事を手中にし、
  他人の人生を翻弄する事で彼らは権力を維持し続けます。
  そら恐ろしい事です。
     ▼
  みててごらん、黒川は7000万円の退職金を手に入れて、
  ほとぼりがさめたらね、年収ウン千万の企業に天下りするって。
  そのための「訓告」処分ということだろうなっと❗❗❗
  いつまでもいつまでも自公を支持してるとこう言うことが横行するんだわ。
  そして、森法相は、その片棒を担いでいるんですよ。
  薄汚い弁護士になったもんだな!
  責任を痛感してると言ったんだから、
  サッサと責任を取って、法相辞任&議員辞職なさったら如何ですか???


  

  黒川検事長辞任のニュース、賭け麻雀に興じていたばかりで、
  肝心の「新聞記者相手に」を抜いているのは、メディアの故意だよね?
  産経もいるし、記者クラブ全社で持ち回りですよ。皆グル。

  賭け麻雀なんて日本中でやってるだろ❗️
  麻雀なんて常習に決まってるだろ❗️
  建前的謝罪で済ませようって、魂胆がミエミエ。
  あんなの、記者クラブメンバーの接待麻雀だったに決まっとるがな。

  そうですね。
  記者の負けを社費か部費から出してた接待麻雀だしね。

  ほとんどの麻雀愛好者がやってる “賭け麻雀” なんて建前を問題にするんじゃなくて、
  あれが、記者クラブのメンバーによる接待麻雀だったことを追及しましょうよ
  (記者が黒川に勝つことは絶対にないので)。
  この問題を建前論に矮小化してはダメー❗️
        
  文春を読んで皮膚で感じたことは。
  朝日と3kは文春の記事になっただけで、 
  記者クラブ総出の案件やないかってことでした。  
  文春の文章からは、それ以外は考えられないのです。

  記者クラブは解体しろって思う。
  メディアの害をなす組織でしかありません。

  確かにね、
  汗水流して頑張っている記者もいます。

  だからこそです。
  利権に甘えるクソ記者クラブの記者なんか解体してしまえって!!!


  

  黒川氏を文春に売ったのは誰かだが、官邸−検察手打ち説が一番しっくりくる。
  検察庁法改正案の成立が困難になって黒川氏が邪魔になってきた+
  河井議員夫妻の逮捕許諾請求を避けたい政権と、
  元々既定だったはずの稲田→林禅譲路線復活を狙う検察の取引。
  この説が当たる場合、まず、林真琴氏がすぐに東京高検検事長となり、
  7月に稲田氏が勇退して、後任の検事総長となるだろう。
  一方、河井夫妻は、国会閉会後の6月中に在宅で起訴される。
     
  私も、この線を疑っているんです。
  以前もブログに書きましたが。
  検察庁法改正案問題。
  この法案がどうなるかに関連して、河井克行前法相について、
  々餡餝催中に許諾請求して逮捕するのか、
  国会閉会後に逮捕するのか、
  在宅起訴するのかに注目。
  現在は、,△箸い錣譴討い襪、
  になったときは、官邸と検事総長との間での取引があったと見るべきです。
 
  皆さんも、
  よく経過をごらんになっておいていただきたいです。
  在宅起訴された場合、うにゃうにゃに終わってしまうって!!!
  官邸−検察手打ちしたのだなってことが明白に分かるってことで、ヨロシク〜 
  
  私はこう書きました。
     ↓
  検察の偉いさんが出した「ルイ14世だかの意見書」にも、
  38人で出した意見にも、
 ・取り調べの可視化、
 ・証拠の全開示、
 ・罪を証明するのは検察である、
 ・国策捜査、
 ・人質司法、
 ・証拠を、でっち上げて無罪なのに「有罪」にする。
 ・犯罪が証人も証拠もあって明確なのに「不起訴」にする。
  こういったこと一切を改める姿勢は見せて居ないし、
  書いても居ないのです。
  これは大問題です。
  その措置を踏まえての意見者でないと意味はないと思います。

  そこまで厳しく身を慎んでこそ  
  「検察の正義」って言えるんだと思いますが、。。。

  こんな調子だと、
  これからも、
  官邸−検察が手を握ることぐらい簡単にやってしまうかもしれぬ!  
  危惧してしまう、。。。。。 
  

  ●佐藤 圭さん。5月16日
  この意見書に思わず喝采を送ってしまったが、
  冷静になって考えると、国策捜査や人質司法の問題に触れておらず、
  綺麗事ばかりが並んでいる。
  私は特捜検察の暴走を批判する側ではなかったのか。
  検察庁法改正案は潰さなければならないが、ご都合主義になってもいけない。
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051602000245.html …


  まさにです!




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪