s-20200512猫の手も借りたい女性



【衆議院インターネット審議中継】
(第174回国会〔2010年1月18日〕以降から本日までの映像を継続して提供)

【参議院インターネット審議中継】
(2017年・2018年)2017年1月から本日までの映像を継続して提供)



●衆院憲法審査会の佐藤勉会長(自民党)は10日、憲法審の11日開催を職権で決めた。
なんでもかんでも職権で建てればいいという傲慢さを何とかして欲しいね。
本日の「衆院憲法審査会」は流会です!

●原子力問題調査特別委員会 《核燃料サイクル政策について》
本日は流会になりました。
拉致特と原子力特を日程調整がつき次第開催するとのこと。





















●6月11日(木)衆議院
10:00 憲法審査会 《国民投票法の改正案について》流会になりました!

本日(6/11)、野党国対委員長会談を開催。持続化給付金事業をめぐり、
経産省幹部と電通社員が癒着していた疑惑や、
委託事業の問題を明日の経済産業委員会で徹底追及していくことを確認。
与党が職権で立てた衆院憲法審査会は流会となったことを確認しました。

---------------------------------------------------------------------
13:00 原子力問題調査特別委員会 《核燃料サイクル政策について》
本日は流会になりました。
拉致特と原子力特を日程調整がつき次第開催する。

---------------------------------------------------------------------

●参議院
08:55 予算委員会 《第2次補正予算案の質疑》

【会議に付する案件】
 理事補欠選任の件
 令和二年度一般会計補正予算(第2号)(衆議院送付)
 令和二年度特別会計補正予算(特第2号)(衆議院送付)
 令和二年度政府関係機関補正予算(機第2号)(衆議院送付)
【質疑者】 ※総括質疑方式、[]内は割当時間
 09:00-09:57 [23分] 蓮舫(立憲・国民.新緑風会・社民)
 09:57-10:37 [16分] 斎藤 嘉隆(立憲・国民.新緑風会・社民)
 10:37-11:15 [15分] 小西 洋之(立憲・国民.新緑風会・社民)
 11:15-11:54 [38分] 増子 輝彦(立憲・国民.新緑風会・社民)
(休憩)
 13:00-13:56   増子 輝彦(立憲・国民.新緑風会・社民)
 13:56-15:06 [28分] 片山 さつき(自由民主党・国民の声)
 15:06-16:03 [23分] 熊野 正士(公明党)
         里見 隆治(公明党)(関連)
 16:03-17:00 [23分] 片山 虎之助(日本維新の会)
【発言者一覧】
---------------------------------------------------------------------
13:00 農林水産委員会
【会議に付する案件】
 防災重点農業用ため池に係る防災工事等の推進に関する特別措置法案(衆第二三号)(衆議院提出)
 農林水産に関する調査
【発言者】
【発言者一覧】



●09:00-11:54 NHK総合/ラジオ第1 国会中継「参議院予算委員会質疑」
〜参議院第1委員会室から中継〜 アベ入り

(立憲・国民.新緑風会・社民)蓮舫
(立憲・国民.新緑風会・社民)斎藤嘉隆
(立憲・国民.新緑風会・社民)小西洋之
(立憲・国民.新緑風会・社民)増子輝彦
---------------------------------------------------------------------
●13:00-17:00 NHK総合/ラジオ第1 国会中継「参議院予算委員会質疑」
〜参議院第1委員会室から中継〜

(立憲・国民.新緑風会・社民)増子輝彦
(自由民主党・国民の声)片山さつき
(公明党)熊野正士
(関連質問)(公明党)里見隆治
(日本維新の会)片山虎之助



6月1日(月)
・安倍「国会逃げ恥作戦」失敗 トランプのG7サミット9月延期発表で
・御用も三行半 安倍内閣支持率36.4%(-7.7) 不支持率52.5%(+10.6)産経・FNN世論調査
・さよならトランプ 米大統領選 バイデン氏が10%の大差で「明白な優勢」 
・大本営NHK 日曜討論 5月3日を最後に野党議員を出演させず 討論を封印
・安倍のブルーインパルス「やってる感」政治利用に激怒 失業者、学生が安倍邸にデモ
・池に落ちた犬 安倍『電撃逮捕』も 河井夫妻公職選挙法違反に関与で 週刊大衆
・悪夢の極右 ブラジルのトランプ=ボルソナロ大統領 コロナ無対策で感染者50万人 死者3万人
---------------------------------------------------------------------
6月2日(火)
・満員電車放置の無能小池緑 「東京アラート」発令へ コロナ感染再拡大の兆候 
・アベノ恐慌 新型コロナ 解雇・雇い止めさらに悪化 4カ月で1万6000人超え
・ついに”安倍討伐”の時 立憲:枝野氏 共産:志位氏 「野党共闘」政権交代に意欲
・小池”隠蔽”タヌキ 永遠に続く第○○波 東京都で新たに30人以上の新型コロナ感染者 
・電通利権にメス 持続化給付金再委託は「中抜き」差額20億円の実態追及
・「桜名簿」暴露で安倍退治 コロナ対策で官僚の視線が変化 霞が関が隠す最大級の爆弾
・極右の末路 自国民に宣戦布告 トランプが米軍投入を示唆 全米のデモ拡大で
・自衛隊も私物化 河野防衛相、ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 
・アベノ恐慌到来 「コロナ倒産」累計196件 負債総額は1438億4100万円
---------------------------------------------------------------------
6月3日(水)
・高須が大村愛知県知事のリコール目指す会設立 賛同者に百田、竹田恒泰など
・安倍一強の正体 官邸の「反政府番組監視」資料が流出 小川彩佳 和田アキ子 IKKOも対象
・アベ万事休す 二階が解散権を封じ込め引導 河井夫妻逮捕なら退陣必至
・極右=クズ トランプがテロ組織認定のANTIFA⇒白人至上主義者のでっち上げ ツイッター社調査
・GJ! 立憲民主党 都知事選で宇都宮氏支援へ 野党連合政権へ一歩前進
・「天安門が―」バカ沈黙 トランプが首都ワシントンに軍兵士数千人配置 デモ激化警戒
---------------------------------------------------------------------
6月4日(木)
・聖人もトランプを批判 元国防長官マティス氏「彼は米国を分断させようとする初の米大統領だ」
・「Go To キャンペーン」 3000億円「巨額」事務費 既に電通が受注報道も
・安倍「完全な形で」⇒「五輪 簡素化を検討…コロナ 観客減・式典縮小」御用読売で敗北宣言
・安倍マネー”1.5億円”に捜査のメス 河井克行、案里をW立件へ 国会閉会後 買収容疑で検察当局
・安倍政権=電通利権の闇 持続化給付金事業を受託した法人、定款を経済産業省が作成
・チキン野郎 トランプ、一時ホワイトハウスの地下壕に逃亡 米デモ拡大で
---------------------------------------------------------------------
6月5日(金)
・醜悪言い訳 横田滋さん死去 安倍「北朝鮮に最大の圧力」⇒拉致進展なく「断腸の思い」
・安倍赤っ恥 「Go To キャンペーン」やり直しへ 3000億円委託費に批判
・本末転倒 4月の実質消費支出 過去最大11.1%減 ⇒安倍は「GoToキャンペーン」で3000億円
・安倍友利権の闇 電通、パソナの給付金トンネル会社「サ推協」は違法団体 決算を公告せず
・イカレてる 未開発のコロナワクチン 来年前半の接種開始目指し予算計上 厚労相
・ズブズブ安倍友利権 電通とパソナ役職員多数 給付金受託団体 運営の実態掴めず
・アホウ麻生、コロナ死者少ないのは「民度が違うから」⇒街の声「トランプの前で言ってみろよ」
---------------------------------------------------------------------
6月6日(土)
・これが現実 安倍内閣支持率18.6% 信濃毎日新聞 県民意識調査
・河井夫妻汚職 安倍マネー1.5億円 石破氏「幹事長の一存ではできない」官邸の関与を示唆
・アキエアラート 自粛解除で安倍昭恵の居酒屋「KUZU」再開
・悪徳政商=竹中平蔵 3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナの影 公募も形だけ 
・えっつ? 竹田恒泰「ゴゴスマ」降板へ 愛知:大村知事リコール賛同が影響
---------------------------------------------------------------------
6月7日(日)
・トランプ再選絶望的 ワシントンで100万人規模のデモ 白人警官の黒人殺害
・無能安倍政権 「10万円給付」支給済み世帯はわずか2.7% 関東の主要34市区 東京新聞集計
・「中国が―」安倍応援団ダンマリ 日本政府、中国批判声明に参加拒否 香港国家安全法制巡り
・電通に血税垂れ流し 給付金の相談会場 賃料や利用状況ほとんど非公表
・お見事 蓮池透さんがバッサリ「安倍は拉致被害者を救出する気などさらさらない」
---------------------------------------------------------------------
6月8日(月)
・#国会を止めるな、安倍はやめろ 立憲:安住国対委員長 与党の通常国会延長拒否を批判
・ズブズブの仲 7年間で3600万円 電通が自民党の政治資金団体に巨額献金 
・ネトウヨに天誅 伊藤詩織さんが「はすみとしこ」らを提訴 ツイッターで誹謗中傷
・トランプ四面楚歌 パウエル元国務長官もデモ対応を批判 憲法から「逸脱」 
・アベノ恐慌 ファミレスのジョイフル、200店舗閉鎖へ コロナで業績悪化
・沖縄県議選 「辺野古移設中止」訴えるデニー知事与党が過半数維持
・在阪メディア 異様な維新推し「#関西民放5局の偏向報道に抗議します」ツイトレンド上位に 
・快挙 日本共産党 沖縄県議選で7候補全員当選 7議席は沖縄県史上初
---------------------------------------------------------------------
6月9日(火)
・極右終了 トランプ支持率38%不支持率57% 大統領選 トランプ支持率41%バイデン支持率55% 
・アベノ食い逃げ 与党は国会延長拒否⇒ボーナス満額受給 血税23億円
・ネトウヨ震撼 伊藤詩織さん誹謗中傷 法的措置対象は5ch、ツイッター、ヤフコメ等21万件
・また嘘 電通中抜き問題で安倍「10億以上は銀行手数料」⇒大手銀行は否定
・安倍友利権 ほとんど”黒塗り”落札前提案書 持続化給付金 野党ヒアリング
・本音がポロリ 安倍「Go To」⇒「強盗」キャンペーンと言い間違え
---------------------------------------------------------------------
6月10日(水)
・??? 山本太郎氏が都知事選へ出馬検討 小池緑のアシストになる可能性
・止まらない”安倍友トンネル”利権 また高額委託 家賃給付金事業942億円でリクルートに
・「カイロ大学 首席で卒業」小池緑が経歴詐称疑惑で刑事告発 エジプトは疑惑否定
・絶句 ネトサポ指揮官:平井卓也議員 自民党ネット誹謗中傷対策委員長に
・官邸が激怒 日本郵便が「アベノマスク」の回収箱撤去指示 表記を問題視 群馬・太田
・ポンコツ安倍政権 雇用助成金オンライン申請で個人情報流出 再開難航



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!












  サービスデザイン推進協議会から再委託を受けることになる電通と
  再々委託を受ける電通ライブが最初から同席していることも明らかになった。


  なんだか、委託のねずみ講みたい。。。
  効率の良い行政からは程遠いですね。。
  持続化給付金「再々々々委託」 政府も全容把握できず


  【吸血鬼の乗数効果?】持続化給付金はサービスデザイン推進協議会を通じて
  「再々々々委託」の実態を政府も把握できない。
  家賃支援給付も約942億円でリクルートで委託。
  10兆円バラマキをトンネル委託でサヤ抜きさせ、
  キックバックで総選挙で自民は電通に注文でさらに…。


  769億もの予算中抜きしまくって、
  最後は出がらしみたいな予算で、
  スキルもろくにない派遣とかに押し付けてるんでしょう。
  生き死にがかかってる人がいる事業でもこれ。
  もうこの人たちに行政は無理。


  持続化給付金事業で再々々々委託。 
  仮に中抜き各社が10%ずつピンはねすれば。
  これだけで40%が抜かれ、
  更に元請けが20%抜けば合計60%。
  危機を煽り、仕方ないと国民を納得させ巨額を抜き取る。
  30兆円の補正予算で同様に行われば、
  半分の15兆円は既得権益者の手に。



  再々々々委託w
  アベ政権ってこんなことをしていても平気なんだ。
  すごいね!









buu@buu34 さん
衆予算委 @立民川内質疑 給付金スキーム
委託:サービスデザイン推進協議会(769億)
再委託:電通(749億)
外注:電通関係会社等5社 例えば電通ライブ(595.7億)
さらに外注:パソナ、大日本印刷、トランス・コスモス等


川内「このスキームで、電通さんに残るお金はおいくらに?」

梶山「104億円であります」(=749億ー外注5社分)

川内「電通ライブさんにはいくら残りますか」

梶山「〜595.7億円を想定しております」(早速間違える)

川内「大臣ね、電通ライブさんから、さらに外注をかけてるじゃないですか、その外注費を除いて電通ライブに残るお金はおいくらになりますか?」

ここで速記が止まる

梶山「179億であります」

川内「〜パソナさんトランスコスモスさんの向こうに沢山の外注先があるという理解でよろしいですか?」

梶山「今の時点では報告はございません」

川内「政府として、この事業スキーム全体を、把握しておらないと言うことを、経産大臣は図らずも、ここで白状されたわけですね?」

梶山「双方の合意のもとに、体制履行図を作っておりまして、新たなものが入ればそこに加えると言う事になっとります。そういう意味で、まだ現時点で報告がない、と言う事であります」

川内「私ね、実は自分で申請サポート会場とかに行ってみたんですけれども〜これら(パソナや大日本印刷等)の会社以外の会社からの派遣の方が相談にのる、というような形で業務が行われておった、と言う事をご報告申し上げたい。先ほど、審査の体制については、1600人から2900人に増やしたと、こうおっしゃいました。それは、そういう風に出来るように契約書に書いてあるんだと、御答弁されましたけど、契約書のどこに書いてあります?」

梶山「〜開示しているかどうか分かりませんけれども、契約書には書かれております」

川内「契約書の何条に書いてあるんですか?何て書いてあるか、読んで下さい」

速記止まる

梶山「事前通告ありませんでしたので、後で調べて報告をさせて頂きます」

川内「〜先ほど枝野代表に御答弁なられたので、そのバックデータは当然、後ろの皆さんは持ってらっしゃるわけですから、それをここで答えないと言うのは、これ以上質問出来ないと言うことになりますよ。総理、そこ(自席)で、『それは違うだろう』とおっしゃるけど、私、変なこと言ってませんよ。だって、政府の閣僚として答弁されたことの、バックデータを教えて下さいと、ただ条文を教えて下さいと言ってるだけなんですから。条文読むだけですから、メチャメチャ難しいこと、何も聞いてないですよ」

委員長の采配:川内氏の質問は昼休みをまたぐので、その間に調べて午後に答えることに

川内「(それでは)よくないですけど、委員長が議事整理権を持ってるわけですから」

梶山が答弁に立って来る

梶山「契約書の11条でございます。えー、乙は甲が定める監督職員の指示に従うとともに、えーその、職務に協力しなければ、ならないということが、11条第一項です」

戸惑う川内「ここがですね、職員の数を増やすと言うことに、どうつながるんですか?ここで読むんですか?」

梶山「あのこの、申請当初、数が多く参りましたので、審査体制をしっかりと充実させなければならないと言う事で、我々が要望して、これに従って、向こうが増やしたと言うことであります」

川内「梶山大臣ね、後ろの人たちは、今、デタラメな事を言ったと思いますよ、大臣に教えたと思います。条文はありますよ、そりゃ。この契約書に記載のない事については、甲乙協議して決めましょうね、という事が、まぁこれは、どんな契約書にも書いてあるわけです。当初の契約条件にない、1600人じゃ足りないねーと、2900人にしよねーと言うことであれば、この契約書の甲乙協議のところで協議をして、そして2900人に増やすと言う事にする、と言うのが、一般的な考え方じゃないですか。なんか、監督職員の指示に従うと言うのは、全然違う条文ですよ。それをですね、大臣に答弁させると言うのは、ちょっと、委員長、これは予算委員会で大事な質疑ですよ、今、後ろの人たち、経産省の職員の人たちは大臣にデタラメを答弁させたんですよ、これちょっと、答弁を訂正して頂かないと、これ、出来ませんよ、質疑」

委員長「川内君に申し上げます、具体的に、どの答弁をどう、訂正を、お求めになりますか?」

(質疑、聞いとったんかい、条文が違うって話や)

川内「今、11条とおっしゃったので、この契約書には〜(丁寧に甲乙協議の部分を読み上げる)〜対等の立場で契約するわけですから、指示して契約の内容を変える(←梶山主張の11条のおかしな解釈)なんて出来るわけがないじゃないですか、独裁国家ですか、ここは」

梶山「これは契約の変更には当たらないと思っとります。業務委託で後で精算するものでありますから、その中で、事業を遂行するための要請だと言うことであります」

言い張る

川内「仕事に従事する人の数を、大幅に増やすというのが、契約条件の変更に当たらないと言ったらですね、これから国の仕事を請け負う人たちは、もうビクビクして、国の仕事、受けられなくなっちゃいますよ。人数が少ない増やせと、はぁ分かりました、お金は変らないよ、と言われちゃうわけですか。これは大変なことになりますよ、、、今、とにもかくにも大臣が、おかしな、、私に言わせればですよ、私に言わせれば、ちょっと理解不能な御答弁をされるほど、この契約はやっぱりおかしいと、言わざるを得ない。で、このサービスデザイン推進協議会は、法に定められた義務である決算公告をしていなかった、常勤の理事もいなかった、そして電話番号もなかった、さらにHPもなかった、国の仕事を今まで2016年に設立以来、1600億を越えて受注しているわけですね、今回、さらに大きな仕事を受注されたわけですけども。これまでの代表理事の方は、この持続化給付金の事務委託について、自分はあまり知らないと言ってたわけです。後から聞いたんだと。総理ね、このサービスデザイン推進協議会は、私はそれこそ経産省の方々に、しっかりした団体ですから、しっかりした団体ですから、と一生懸命説明を聞かされたんです。これ、しっかりした団体ですか?」

アレ「あの、ま、この団体はですね、これまでも、ぉー経済産業省のぉ事業を実施した、実績を有していると言う風に承知をしておりますが、

アレ「あの、私自身はこの、団体自体については、詳しくぅ存じ上げ、ておりませんので、あの、これ以上のコメントのしようがないわけでございますが、ぇ、この、団体については、あのー大臣から、答弁さしたいと思います」

(川内氏の説明を踏まえて、しっかりした団体と思うかって聞かれてんのに)

梶山「これまでも、サービスデザイン協議会は、あーIT補助金導入の、まぁ、において、62863件の事業者への補助を執行するなど、実務能力、事業実施能力を有する、事業者だと思っとります。先ほど、委員がおっしゃった代表理事の発言は、あれは、発言をしてないと言うことを言っとりますので、マスコミを通じて、えーその、書かれたものでありまして、本人は、言ってないと言うことであります」

川内「今ね、梶山大臣がおっしゃられた事業実績と言うのは、全部電通さん以下がやっている仕事ですね?全部電通さん以下がやっている仕事で、このサービスデザイン推進協議会は、ただ、仕事を受けて、再委託、あるいは外注で、ほぼ全ての仕事を、電通さん以下に流すと、言うことをしてらっしゃったわけですねぇ、で、今回、この持続化給付金の事業について、ホントにみんな、1秒でも早く振り込まれて欲しいと、、マイページと言うのがあって、申請番号に赤枠が出ると、もうすぐ振り込まれると言う印なんだそうです、それが付いたり消えたりするそうなんですよ。もう、ホント資金繰りに困ってらっしゃる事業者の皆さんの、その画面を見る時の気持ちというのを想像すると、胸が締め付けられますよね。こういうシステムのありかた等についても、私は見直さなければいかんとは思いますが、他方で、850億の事務費を今度二次補正で計上すると、配るお金は減っている、1兆9300億、なんで事務費が増えるんですかと、もう、単純にんですね、変だなーと、おかしいなーと、なんで事務費が増えるんだろーと、と言う風に、総理は、思われませんか?」

梶山「第二次補正予算では迅速な給付に向けた審査体制の強化や、給付対象の追加等を、ま、予定をしております。5月の緊急事態宣言の延長に伴って、給付対象となる事業者が増加をしていること、雑所得や給与所得での事業の収入を計上しているフリーランスや、今年創業した事業者を給付対象に追加したこと、そして、

梶山「事業開始時点に1600人と想定していた、審査体制について、2900人に増強したこと、現場の声を踏まえた申請サポート窓口を創設すること、コールセンターをまた増強すること、等について、増額となっとります」

川内「いや、あの、総理がね、なんか今、小声で、いや、俺は分からないからって、こうおっしゃったんですけど、でもね、私その、総理のご発言、非常にあの、不満ですね。一般的に考えて、事務費と言うのは、もうシステムも出来上がってる、仕事も回り出してる、減って当然なんですよ、それが増えると言うのは、なぜかと言うと、結局、当初見込みが甘くて、変更契約を結ばなければならなくなっているから、増額しなければならなくなっているからと、正直に言えばいいのにですね、言わないと」

ここで午前の部、おしまい

@川内質疑 午後の部 GOTOキャンペーン

川内「メチャメチャ今、厳しいわけですから、今、ここを乗り切ることが大事だと言う風に、総理、私は思うんですね。だから、GOTOキャンペーンの1兆6千億は、今直ぐ、観光持続化給付金という枠組みを作って、観光に携わる事業者の皆さんに、給付をすべきである色んなわけの分からないスキームを作って、時間がかかると言うのは、もう絶対よくないです。今直ぐやるべきだ、と言う風に思いますが、総理、総理に御答弁頂きたい」

アレ「あのー大変、厳しい状況にある、ま、業界、ま、旅行、もそうなんでしょうけども、多くの、事業者の皆さんが、大変厳しい状況に、ある、わけでございまして。ま、そこで、相した皆さんにですね、まずは持続化給付金、によってですね、最大200万円の現金をお手元にお届けをしているところ、でございまして。えー100万社、以上の方々にですね、えー1兆6千億円、我々は今、既にもうお届けをしている、のでございますが,ま、その上で、、事業者、の皆さんがですね、最も待ち望んでおられるのは、やはり、事業の本格的な再開、なんだろうと、こう思うわけでございまして(「本格再開」の前に倒れちゃうんですってば号泣)今後夏に向けて、段階的に、観光、も再開をして行きますが、ま、一旦遠のいた、客足をですね、えー取り戻して行く、出来れば一気に取り戻して行きたいと、こう思っておりますが、取り戻して行く上に於いてはですね、ま、大胆な、えー消費、喚起策が、これは必要になってくるんだろうと、こう思うわけでございまして。ま、これまでも地震など、大きな災害で被災した観光地の復興に向けて、

アレ「ま、復興割、によってですね、消費喚起を図ってきましたが、これ、についても、は、評価も頂いていると、こう思うところでございます。事務費、の執行も含めてですね、こうした過去の例も参考にしながら、え、効果が最大限、発揮されるようにして行きたいと、考えとります」

川内「総理も、御地元に名門の旅館さんとか、沢山おありになられるでしょうし、ぜひ、話を聞いて頂いてですね、今、何をすべきか、と言うことの判断を、誤らないようにぜひともして頂きたいと言う風にお願いをして、質問を終わります」



 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪