20200705東京都知事選







  これは都庁職員の無言の抗議メッセージ。
  Amazonでは買わないで都庁内の書店で買って、
  口には出さなくても皆で感情を共有してる。
  もちろん仲が良い人とは「ずーっと一位だね」などと話す。
  二位になんかなろうものなら、家族や友人の分まで買う。
  若くは他の本は絶対買わない。
  写真撮った人、Good job‼︎
  =以上=

  笑った、笑った、滅茶苦茶笑ってしまったwww
  人徳がないのだな、この人。


  彼女には弱者への共感力が欠け、
  将来を描く力も持たず、
  一貫性もなく、誠実さに欠け信頼できる人柄ではないと、
  そう理解したうえで、
  彼女にもう一期してほしいと積極的に支持したということ?
  =以上=

  人徳が無いのに、
  この方を得らぶって?どういった神経してるんだか???
  謎ですwww







  で、。。。
  選挙のこと。


  供託金300万円
  有効投票総数の10分の1を下回ると没収される。
  今回の有効投票総数が6,132,677
  有効投票総数の1/10が613,267
  小野泰輔氏の得票数が612,530
  得票率9.9880% → 10.00%供託金にならずに没収ってことに成るんですけど。


  *小池 百合子:3,661,371(59.7%)
  *宇都宮 健児:844,151(13.8%)
  *山本 太郎:657,277(10.7%)
  *小野 泰輔:612,530(9.988%)


  緑の狸さんに思うこと。  

  今回は自民党が出ていませんから、
  自民票が上積みされて、
  400万越してていいはずなのに、
  自民票を固め切れてない印象ですね。
  公明票のまとめ方とは違って、
  自民票の10〜15%は落としてるわけで、
  票の上では圧勝だとしても、
  言えば、「惜敗」だって思ってる。
  肝心の「層」を固め切れてないんだから、そうでしょう、。。。

  ま、
  選挙戦には出て来ない戦略、
  それをアシストしたマス53。

  開票速報はやるのに、
  討論会はやらないNHKや東京MXテレビってなんでしょう?

  特に、公共アベチャンネルの片棒担ぎには参ってしまってる。
  で、選挙が済めば「緑の狸」特集ってか?
  ボケッ❗❗❗❗❗❗❗❗❗
 
  
  
  ウツケンさんに思うこと。 

  二位に入ったんだからって、
  選対やウツケンさんが喜んでるとしたら大間違いだって思ってる。
  この選挙戦で「惨敗」しているのはウツケンさんだと思ってる。

  何故か???

  リッケンの56.1%
  ミンミンは分からないぐらい取れてない。
  共産ですら59.6%。
  70万票くらいある共産党支持層すら固められなかった。
  危機感持った方がイイと思うわ。
  社民票だってどうだか分からないって思うね。

  支持政党の票を、
  これほど纏め切れてないのは珍しいんじゃないかって思うぐらいです。
  野党統一って役目は果たしていないと見てイイと思ってます。  
  
  衆院選でもそうだと思いますが、
  ただ単に野党が集って統一の候補を出せばイイって時流じゃないってことだと。
  そのことを証明してくれた選挙だったと思います。
  
  選対を務められた海渡雄一弁護士、
  候補のウツケンさん。
  二位になったからって喜んでる場合じゃないって思いますよ。
  このことをキッチリと分析されないと、
  次の衆議院選挙が、どんな結果が待っているか想像するに恐ろしい、…。
  
  但し、
  候補者としてはイイ候補だったと思っていましてね。
  支持してる政党各党がウツケンさんを生かし切れてない。
  それが惨敗の最大の原因だろうなって思います。


  太郎さんに思うこと。 

  案外、善戦したと思ってるの。
  一番善戦してるのかも知れないと思いました。
  657,277(10.7%)という票。

  2013年7月21日第23回参議院議員通常選挙の東京都選挙区から無所属で出馬。
  666,684票を獲得した票の分は獲ってるわけやから、
  得票数から言えば無難なところかなって思ってる。
  
  但し、
  もっと票を上積みできたはずでしょうに伸ばし切れないところがあったと思う。
  
  れいわ票が100%近い支持を得られなかったのは、
  総理を目指していた人物が都知事を目指す。
  こんな支持者を愚弄したハナシはありません。
  それで離れた支持者が大勢いたと想像します。

  それと、
  カンパ、カンパって言い過ぎた。
  カンパが欲しいのか?
  選挙に勝ちたいのか?
  どっちやねん、って見紛うばかりです。

  家賃の高い場所に事務所を置かないことです。
  収入に見合ったことをすることだったり、
  カンパされたお金を無駄にしないことだったり、

  お金の使い方を知らないと言うか、
  大切なことを見過ごしてるように思えてね仕方がないのです。
  
  これでは、
  無党派層の票を取り損ねるわけだわって。
  これが一番痛かったんだろうなぁ。
  そう思ってる。

  そして、
  
  安富氏の言葉。
  太郎さんの今後に必要な一番の言葉かなって思います。
    ▼
  無関心層へのリーチは、れいわ新選組の基本方針だが、
  これが実現していないのは本質的問題で、
  ここを突破するイノベーションが不可欠だ。
  でなきゃ、存在意義を失う。
  =以上=

  イノベーション(英: innovation)とは、
  物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」
  (を創造する行為)のこと。

  「れいわ」に拘っているとしたら、
  展望は開けないってことですね。
  個人商店の限界なんだろうってことも思います。

  それと、
  イノベーションが不可欠だって言うのは太郎さんだけではなくてね、  
  野党統一候補を出せばどうにかなる、
  イイなんて思っちゃってる、
  野党全体に警告を発しているのだと思います。

  壮大な、
  雄大な、
  本当の意味での野党再編が必要になると思う。
  選挙に勝とうと思えばね、!!!

  その部分では、
  一番熱があるのが太郎さんだと思うので、
  衆議院選前の大勝負、賭けてみる価値はあると思うよ。

  それから、
  他の野党議員の皆さん、
  国会で寸止めしている議員の皆さん、
  今までみたいな「議員でいるだけでイイ」なんて甘いこと考えてると、
  あんたらこそ国民から「お払い箱」にされるってことよ。

  


  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!









  自慢するわけじゃないけれど、
  大方は私の言ってきてことばかりじゃねーの、って思ってしまいました。

  で、。。。
  一つだけ「なるほど!」と持ったこと。
  そして益々、活字&映像マス53から離れて行く自分がありました。

  これらを解決するのには、
  個人商店では限界があると思います。

  大きな利権とも立ち向かわないといけないわけで、
  つーか、
  今、なるほどそーだよね、って思ったわ。

  五輪利権は凄かったってことだよね。
  だからだよ、
  五輪中止を掲げる候補を入れての「都知事討論会」なんてことは、
  マス53はご遠慮願いたかったんだろうなぁ、
  
  そそ、
  緑の狸が討論に出なかった作戦を、
  マス53も利用したのだってことだわ。ふむふむ、。。。
 
  喋れば化けの皮が剥がれるから「都知事討論会」から逃げた狸。
  五輪成功を利権にするマス53各社は、
  五輪否定派の「都知事討論会」を拒絶したい。
  
  互いの利益が合致した代物だった「都知事討論会」ゼロ回!
  なんるほどね、そういうことだったwwwww


  




  野党共闘は善戦した、この方針は間違っていない、
  跳ね上がり者の山本の妨害がなければ小池にも勝てたのだ!
  とかそんなアホな総括で衆院選突入なら、安倍は笑いがとまらんだろな。
  下手すりゃ野党第一党は維新かもな。


  今回の都知事選。
  最初から当選が決まっていた小池は別として、
  一番の勝者は小野の維新。
  山本太郎は善戦。
  宇都宮で負けた立憲も連合は小池を推薦していた訳で負けともいい難いし、
  一番の敗者は宇都宮自身と共産党なのかもだ。
  前から言っているが共産党はもう野党共闘よりも党勢拡大に舵を切るべきだろう


  安倍政権がすぐにでも打倒すべき政権なのは確かだが、
  この8年間、「野党共闘で安倍政権打倒」という失敗続きの御題目で
  一番我が身を削って頑張って来たのが共産党。
  今回も小池や山本に票が流れたり、
  そのせいで党員の志気も党勢も落ちているとしか思えない。
  他の野党は気にせず、自党第一でいい筈だ。


  立憲との関係でも、
  それこそ大阪で候補を立てられて現職の辰巳孝太郎が落選したり、
  京都市長選でも敵対された訳だし、「野党共闘で安倍政権打倒」という、
  いつまでも出来もしないお題目で共産党は立憲などにいいように利用されているだけ。
  そもそも思想も政策も違うのだし、もう縁を切るべきだろう。


  勿論、国会で他野党と一緒に安倍を追及したりするのは必要だろうが、
  自民森山国対とズブズブの立憲安住国対の言いなりになる必要もない筈。
  選挙も本当に与野党伯仲になる所でだけ選挙協力をすれば十分だし、
  共産党は共産党の為の選挙や政治活動をすべき。
  それがこの国や国民の為でもあると思うのだが。


  共産党は、立憲民主党に便利使いされている関係を、
  断ち切ったほうがいいかもしれませんからね。
  共産党支持者が一方的に立憲候補者に票を貢ぐ関係で健全とも言い難い。


  次の総選挙の前にどれだけ候補を下ろさせられるかと思うと、
  支持者は気の毒です。
  ※候補者だってそうだと思うよ。断腸の思いだと。
   志位さんや、小池晃さんには、この切な気持ちが分からないでしょうね。


  小選挙区でも野党一本化で与党に勝てる可能性が出て来る所は限られている訳で、
  そこでだけ協力すれば十分。
  「全部の小選挙区で野党一本化して政権交代」みたいな出来もしないアホな事を
  言っているから、共産党が候補を立てられず、弱体化するのかと。


  立憲界隈の人々、いわゆる有識者と呼ばれる人たちまでもが、
  太郎憎しで正気を失っていくのを見ていると、
  ああ、こうやって人は間違えていくのか、と身につまされる。

  
  野党の支持者は主義主張も政策も違う候補者を「安倍政権打倒の為」という旗印だけで
  鼻を摘まんで8年間も投票させられた結果、
  政権交代どころか各野党勢力は衰退する一方。
  逆にろくでもないとはいえ自分達の主張をし続けて来た維新が
  ここまで勢力を拡大している訳ですから。


  著名人ぽい垢も軒並みアホで、
  手段と目的の履き違えから太郎憎しで突っ走った結果、
  消費税肯定派に舵切らないと整合性とれなくなる始末。
  ⇒屁理屈コネて肯定し始める。悪循環。
  太郎にも間違ってる部分はある。
  ただ、最上位に目の前の人を何とかしたいという信念がある。


  65万票の山本さんと85万票の宇都宮さんを足しても
  360万票の小池百合子には遠く及ばない。
  むしろ共産社民立憲が束になっても(束になりきれず小池にも流れたが)
  この程度だという事を受け止めるべき。
  山口先生や金子先生などのオールド左翼、緊縮左翼の時代は終わったと認識すべき。
  ※分かっちゃいないってよ、先生もドキなこんな連中にwww
   ま、精々持論を振りまいて自滅してくださることを願うwww




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪