地図

アメリカの年次改革要望書における、日本への市場開放の要求に基づき、郵政事業の民営化道路関係四公団の民営化を含めた、小さな政府を目指す改革(「官から民へ」)、国と地方の三位一体の改革(「中央から地方へ」)を柱としている。また、小泉個人は「構造改革なくして景気回復なし」と発言しており、郵政民営化や企業法整備などの日本国内の供給面での構造改革を通じた拡充と安定が日本経済の回復にも貢献すると考えていた。

で、骨太の方針三位一体の改革・「官から民へ」・「構造改革なくして景気回復なし」とやらで小泉はナニが出来たのですか?????
聖域なき構造改革」この言葉も小泉がいつも言っていたことですが、で、ナニが出来たのですか?
自殺者が年間3万人を超し、地方経済は衰退し、雇用の悪化を招き・非正規社員やニート状態の若年層が増加し、福祉部門では患者の医療費負担が増大・障害者の自己負担が増大、その反面景気が良くなっても大企業・大資産家だけに富が集中した。〓小泉は格差社会を生み出した元凶であると。

その反面、
「 聖域なき構造改革」と言いながら?
在日米軍に対する「思いやり予算」は継続される。
特殊法人は手づかずのまま、・・・・・・
特別会計も手づかずのまま、・・・・・・


小泉はイッタイ何を改革したんだ?!?!?!?!

日本をアメリカのポチにした!
この点に関しては百点満点で千点差し上げる。


年次改革要望書に従順なだけだった!

そう思われませんか、オノオノ(各々)がた・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
年次改革要望書
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖域なき構造改革
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郵政民営化
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

============================== 
ブログランキング参加してます!宜しければクリックしてください(^v^)

ranking

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
koizumi.gifkoizumi.gif
koizumi.gifkoizumi.gif
   
↑←バナーは「雑談日記・SOBA様」より拝借しました。
  「雑談日記・SOBA様」ありがとうございました!


   年次改革要望書

2004年10月14日
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本国政府への米国政府要望書


2003年10月24日
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本政府への米国政府の年次改革要望書


2002年10月23日
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本政府への米国政府の年次改革要望書


2001年10月14日(小泉が内閣総理大臣に就任)
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本政府への米国政府の年次改革要望書


2000年10月1日
規制撤廃および競争政策に関する日米間の強化されたイニシアティブに基づく
日本政府への米国政府年次要望書


1999年10月6日
日本における規制撤廃、競争政策、透明性及びその他の政府慣行に関する日本政府への米国政府要望書 (この資料だけ消されています。=なにかあるんだね!)

1998年10月7日
日本における規制撤廃、競争政策、透明性及びその他の政府慣行に関する日本政府への米国政府要望書

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

地図

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
2005 年12 月7 日
[PDF]日米規制改革および競争政策イニシアティブに
        基づく日本国政府への米国政府要望書

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
        日本国政府への米国政府要望書
(英文)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
       日本国政府への米国政府要望書
(仮和訳)

============================== 
1)
日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
           日本国政府への米国政府要望書

2005 年12 月7 日
(仮訳)
注:下記の日本語文書は仮翻訳であり正文は英文。

2001 年にブッシュ大統領と小泉総理大臣が立ち上げた「成長のための日米経済パートナーシップ」の下、「規制改革および競争政策イニシアティブ」(規制改革イニシアティブ)は、規制改革や競争政策に関する分野別および分野横断的問題に焦点を当て、経済成長や市場開放を促進している。今年で5年目を迎えたこのイニシアティブは、日米貿易や経済関係のさらなる強化に向け、引き続き重要な役割を担う。

米国は、小泉総理大臣の日本経済改革に向けた継続的取り組みを歓迎する。これらの取り組みは日本を成長軌道に乗せ、より多くの貿易および投資機会を創出した。米国はまた、規制と構造改革を強力かつ効果的に提唱してきた規制改革・民間開放推進本部と構造改革特別区域推進本部のすばらしい取り組みを評価する。

本年の要望書に盛り込まれた提言は、主要分野や横断的分野における改革に重点を置き、経済成長を支援し、日本の市場開放をより一層促すことを目的としている。さらに米国は、電気通信、情報技術(IT)、知的財産権、医療、農業、民営化、競争政策など、小泉政権が改革の実施が重要であると位置づけた分野の問題に引き続き特に焦点を当ている。米国は、規制改革イニシアティブの下に設置された上級会合および作業部会の今後数ヶ月にわたる議論の基礎となるよう提言の概要と詳論を日本国政府に提出する。これらの会合はこの提言を基に、大統領と総理大臣へ提出する第5回年次報告書を作成し、同報告書には、両国政府が講じる改革措置も含め、同イニシアティブの下で達成された進展が明記される。

規制改革イニシアティブの最初の4年間では、民間部門の代表が作業部会に定期的に参加し、広範にわたる問題に関して貴重な専門知識を提供し、所見を述べ、提言を行った。米国は今後とも民間部門の同イニシアティブへの参加を促すため日本と協力する。米国政府は、日本国政府に対し本要望書を提出できることを喜ばしく思うと同時に、日本からの米国に対する改革要望を受け取ることを楽しみにしている。


2)
目次
提言の概要
電気通信 …………………………………………………… 4
情報技術(IT)………………………………………… 5
医療機器・医薬品 ………………………………………… 6
金融サービス ……………………………………………… 7
競争政策 …………………………………………………… 8
透明性およびその他の政府慣行 ………………………… 9
民営化……………………………………………………… 10
法務制度改革 ……………………………………………… 11
商法 ……………………………………………………… 12
流通………………………………………………………… 13
詳論
電気通信…………………………………………………… 15
情報技術(IT)………………………………………… 19
医療機器・医薬品 ………………………………………… 26
金融サービス ……………………………………………… 31
競争政策…………………………………………………… 34
透明性およびその他の政府慣行………………………… 37
民営化……………………………………………………… 41
法務制度改革……………………………………………… 44
商法………………………………………………………… 45
流通………………………………………………………… 47

============================== 
地図

基本的にアメリカは軍需産業が経済に組み込まれてしまっている戦争国家です。数年に一度戦争をやって武器の在庫整理をしなければ倒れてしまう自転車操業国家。それを米国債買いで金の面から支えてきたのが今までの日本です。映画作家大林宣彦さんの言葉を借りるなら「戦後の平和というのは、実は経済戦争によってかき集められたお金で買われていたものだと思います。」と言った時の日本の金が米国のユダヤ国際金融資本に吸い取られつくしたとき、次に"彼ら"が狙うのは日本の若者の血(傭兵としての従米)でしょう。その先駆けがイラク派遣です。もう既に、米側の「従米日本、組み込み捨て駒作戦」イニシアティブが発動されているのかも知れませんね。マスゴミ(その背後には電通、またその背後には米国資本広告会社)を総動員した安倍売込みキャンペーンはその象徴と考えるべきです。安倍自民がスタートすれば、日本の従米化、傭兵化がもっと本格的に始まる気がします。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
昨日書きました文章ですが、・・・・・
雑談日記・SOBA様
の書かれた、「小泉のヘボ英語に続くブッシュのこの笑い、。すべてを物語るキャンプ・デービッドでの5年前の最初の記者会見。」でした。
ご連絡ありがとうございました。
当方の不手際改めてお詫び申し上げます。すみませんでした。
しかし、的確な良い文章書かれるよなぁ、と感心しきりです。・・・
(当方、政治ブログとして2カ月も経っておりませんので、皆様方のご助言を頂ければ幸いです。)

============================== 
小泉が年次改革要望書に忠実だったように、アベシベシベシも小泉を踏襲しているようです。第2部にて検証しましょう!
第2部へ・・・
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
地図

小泉がアメリカの年次改革要望書に忠実だったように、アベシベシベシも小泉を踏襲しているようです。唖然としますから!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5)〓情報技術
2001 年以降、e-Japan 戦略や重点計画は、規制障壁を除去し、IT や電子商取引政策の作成や実施において民間のインプットやその主導力を尊重することを通じ、日本経済のあらゆる分野でIT が利活用され電子商取引が促進されることを効果的に推進した。今後発表予定の日本の新IT 戦略は、最先端のIT インフラの整備を推進すると同時に、IT や電子商取引がより一層利活用されることを目指し、政府や民間が達成すべき目標を設定するものと思われる。2006 年早期に公表予定の第1次情報セキュリティ基本計画は、情報セキュリティ政策の必要性の高まりを強調することだろう。また、
日本は著作権法の広範な見直しを2007 年度までに終える予定である。これらの取り組みは、ビジネス、その他の機関、日本の消費者、国境を越えたオンライン取引に、多くの重大な影響を与えることとなる。本年の要望書は、日本の目標であるIT と電子商取引の利活用を拡大させることを支援するよう策定された。

提言の概要
􀂃 知的財産権の保護:音声録音およびその他の作品の著作権保護期間を延長して知的財産権の保護を強化する。オンライン上のデジタルコンテンツの著作権侵害阻止に向けた強力な対策を実施する。世界、特にアジアにおける知的財産権の一層の保護とエンフォースメントを促すため、米国との協力を強化する。
---------------------------
20 II. 知的財産権保護の強化
日本は現在2007 年度までに終了すべく著作権法の広範な見直しを行っている。日本の知的財産推進計画に掲げられた目標や日米両国の相互利益に合致するよう米国は日本政府に以下の提言を採用するよう要望する。
II-A. 著作権保護期間の延長 一般的な著作物については著作者の死後70 年、また生存期間に関係のない保護期間に関しては著作物発表後95 年という、現在の世界的傾向と整合性を保つよう、音声録音および著作権法で保護されるその他の著作物の保護期間を延長する。
II-B. 法定損害賠償 侵害行為に対する抑止力となり、侵害により被った損失に対し権利者が公平に補償されることを確保し、また、実際の損害・利益を算出・立証するという困難かつ費用のかかる負担を解消することで司法の効率を向上させる法定損害賠償制度を採用し、知的財産の侵害に対する執行制度を強化する。
II-C. デジタル・コンテンツの保護 デジタル・コンテンツの保護強化およびオンライン上の著作権侵害の防止に向け、これまでの日本政府の取組を以下の措置をもって一層強化する。
II-C-1. 政府の効果的監視 すべての政府機関および公的機関が、不正複写、海賊版を入手可能な状態および送信、あるいは、政府が支援するIT資源上におけるその他の侵害行為を効果的に防止し罰することを確保する措置を取る。
II-C-2. ISP責任 現行の規則は、すべての権利保持者が侵害行為に効果的に対処する有効な手段を提供していないため、デジタル・コンテンツの著作権侵害防止に向け、現行の措置を包括的に監視し強化する。(特にインターネット・サービス・プロバイダー責任制限規則を改善させる)
II-C-3. オンライン上の海賊行為 著作権侵害の二次的責任に関する基準を設定し運用することで、インターネット上のデジタル・コンテンツに必要な保護を提供する。
II-C-4. 私的利用に関する例外 私的利用の例外範囲を限定し、ピア・ツー・ピアのファイル共有といった家庭内利用の範囲を超える行為を示唆する行為が、権利者の許諾なしには認められないことを明らかにする。
II-C-5. 一時的複製 一時的複製の保護範囲をより一層明確にし、その範囲が確かなものとなるまでは、一時複製に複製権の例外規定を適用しない。
II-C-6. 技術的保護措置(TPM) デジタル上の著作権侵害の急増を阻止するためTPMの保護範囲を拡大し、保護範囲の侵害に対する救済策を改善する。
II-C-7. エンドユーザーの著作権侵害 エンドユーザーによるいかなる形の著作権侵害も禁止されていることを明らかにするため、著作権法113 条の2の規定における既知の是非を明確にする。
II-D. 偽作版 特に大学構内において違法に書物が複製されることを防止するため、日本の著作権法を効果的に施行する。
II-E. 著作権法における教育例外条項 日本の著作権法第35 条の教育例外条項が、著作物の通常利用の解釈と矛盾せず、権利者の合法的利益を不当に侵さないことを確保する。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
兄弟

詳細は、↓ を読んで下さい。
<知的財産権保護の強化>に関してもアメリカからお尻コチョコチョされてアベシが必死なのが伝わってきますから・・・

保坂展人のどこどこ日記 2006年12月03日
著作権法違反の厳罰化とネット監視社会への危惧

月1日(金)の午前中、文部科学委員会のわずか2時間10分のスピード審議で「著作権法改正案」が自民・公明・民主の賛成、社民・共産の反対で可決した。私は、委員会審議の中で、政府が検討しているダウンロード規制について触れて、「海賊ソフトが著作権を侵害している事実はある。ただ、違法コピーであっても個人の利用にとどまる限りにおいては認められているPCへのダウンロードの「禁止と処罰」を盛り込んだ著作権法改正案を提出する前に、「懲役5年→10年 罰金500万円→1000万円」と引き上げるのは順番があべこべではないかと警鐘を鳴らした。 . . . 本文を読む

保坂展人のどこどこ日記 2006年11月30日
著作権法改正、厳罰化とネット規制を考える

明日「著作権法改正」を2時間ばかりの審議で採決までしたいとの与党の提案。突然のことだったので、「賛否は法案内容を聞いて決めます」と私は社民党の立場を表明。議員会館に帰って、文化庁著作権課の著作物流通推進室長を呼んで、法案の説明を聞いた。私の頭には、数日前に話題にした「著作権法改正を検討中の違法著作物のダウンーロ−ド規制・罰則化」が頭にあったからだ。今回の法改正は、IPマルチキャスト放送に対応することを主な内容としていたが、思わずうなった内容があった。なんと、個人罰則が懲役5年以下・罰金500万以下から、10年以下・罰金1千万以下にひきあげられるというのだ。 . . . 本文を読む
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

夫婦

7)金融サービス
米国政府は、規制の透明性の改善や国内外の競争の障害を取り除く日本の継続した進展を歓迎する。規制改革や会計基準の改善は、1998年に設立された金融庁の着実に向上した専門的技術や知識とともに、日本の金融セクターの際立った変化に貢献した。米国や外資系企業のプレゼンスの高まりをうけ、日本金融市場は基準と参加企業の多様化という面でさらにグローバル化された。国際的な基準とベストプラクティスに沿った形で、わかりやすく整合性のある金融機関の規制と監督の確立に向けて、日本が前進を続けることを勧める。また日本は、消費者保護と同様に安全性と健全性を確保する目的に合致するよう、競争に不必要な規制障壁の排除を継続するために、検討中の投資サービス法や他の手段を生かすことが大切である。金融セクターがより効率的で競争力を持つことは、日本の長期にわたる潜在的な経済の成長力強化に向け、極めて重要な役割を果たすことになる
提言の概要
􀂃 信託法兼営法に従って、国内銀行と対等の立場で外国銀行の支店が信託と銀行業務を兼営することを認める。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
信 託 法 改 正 要 綱
<アベシ、これを通すのに必死よ。
それと、また、↓ がしゃしゃり出て来てるわ!
2005年8月31日(社)日本経済団体連合会
「信託法改正要綱試案」へのコメント
相続時清算課税制度』と同様の構造ではないかと私は思っていますが。改正案の目玉は「信託宣言」と「事業の信託」。
信託宣言は個人や企業が第三者に委ねずに自らが財産を信託するもので事業の信託は事業そのものを信託財産とする制度。
この制度、間違いなく財産隠しの温床になると思う、・・・
言やぁ〜、相続時清算課税制度も、信託法改正も、
「金持ちは優遇しまっせ法」であると思えて仕方がないのですが、・・・・・・
信託:「ある者(委託者)が、自分の財産権(信託財産)を他人(受託者)に移して、一定の目的(信託目的)に従い、自己または第三者(受益者)のために管理または処分させること」をいう(信託法1条による定義)。信託法改正案は、従来「財産」に限定されていた信託の対象を「負債」にまで広げられるようした。これにより、企業の事業部門を丸ごと信託する「事業信託」が可能になる。また、すでに2004年12月施行の改正信託業法で、金融機関以外の事業会社が信託業に参入できるようになっているが、信託法改正案では、企業や個人が財産を自らに信託する「信託宣言」も解禁する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中1中2

9)透明性およびその他の政府慣行
透明性およびその他の政府慣行分野において、米国は引き続き、日本がより透明性が高く、公平かつ説明責任のはっきりした規制制度を確立するよう広範な課題を提起している。日本は今年、パブリックコメント手続きを改正するという歓迎すべき措置を講じた。改正の有効性がまだ明らかでないため、引き続き米国はパブリックコメント手続きの改善に向けた提言を行う。今年、本章に追加された注目に値する2つの事項は、市民参加による政策立案に向けた提案であり、日本の法律が外国語翻訳されるにあたっての提言である。米国は、日本の政策立案プロセスにおいて審議会や政府の諮問研究会等が得てして果たす重大な役割を考慮し、これらの機関の透明性を向上させ、その審議に対し市民が意見を表明する機会を拡大する措置を提案する。さらに、米国は、日本の法律を外国語翻訳するという日本のイニシアティブを歓迎すると同時に、同イニシアチブができるだけ有用となることを確保するための措置を提案する。本年の日本に対する要望書にはまた、アジア太平洋地域においてAPEC 透明性基準が完全実施されることを促進し、規制緩和を促す革新的な特区プロジェクトを支援し、農産物に対する輸入規制障壁の排除を促進する措置が盛り込まれている。
提言の概要
􀂃 構造改革特別区域(特区):引き続き透明性、市場参入、成功した規制撤廃措置を迅速に全国へ拡大することに重点を置く。特区に関する重要な情報を英語で公表することを通じて外国企業の参加を奨励する。
􀂃 市民参加による政策展開―諮問機関:政府の諮問機関の透明性を向上させ、すべての利害関係者が意見表明できる有意義な機会を提供する。
􀂃 市民参加による法案策定:法案作成段階と国会に提出する前において、市民が法案に対して意見表明する機会を促進する。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
構造改革特別区域>はアメリカの押し付けだったわけで。

市民参加による政策展開か、・・・・・

「やらせ」がありぃの〜、
「サクラ」がありぃの〜、
不透明な金銭の流れがありぃの〜、
なんでも、ありぃの〜、・・・・・
 で、強行採決か!
マンガじゃぁ〜ないか、アベシ政権は。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

兄

31) 金融サービス
I. 個別措置
米国政府は、日本政府の金融サービスの規制改革の進展を称賛し、以下の手段を含む改革の継続を日本に求める。
I-A-3. 金利債務の「グレーゾーン」撤廃や自己破産手続きにおいて債務者の保護と債権者の利益をつりあわせるために国際的に受け入れられている原則の採用により、貸付セクターの規制の透明性や安定性を促進する。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ついこの間、後藤田議員が辞任するやら、サラ金会社を守ろうとする議員は出てくるわ、スッタモンダの挙句?どうなった?ははは
で、この文章を参照まで・・・
10月16日公開 森永 卓郎(もりなが・たくろう)
第53回
サラ金システムを支える生保・銀行・外資
グレーゾーン撤廃、だが利息制限法の金利は引き上げ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
XII. 大規模小売店舗に関する法
日本が大規模小売店舗法にある規制を廃止する法案が1998 年に通過し、大規模小売店舗に関する設立、運営、拡張の著しい改善につながったことを米国は歓迎する。しかしながら日本の省庁内で、消費者ニーズにあった大規模店舗を開く小売業の選択を厳しくする、あるいは新たな制限を課すことになるであろう方策を現在検討中である。米国政府は市街地活性化のためのイニシアティブが、都市、郊外、地方地域に大型店舗を出店する小売業を制限するような新たな規制もしくは他の措置をもたらす結果にならないことを確実にするよう日本国政府へ要望する。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
で、全国の商店街・小規模小売店・等々が廃業等を余儀なくされて、俗に言う【 シャッター街 】ばかりになった。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
gyakukarayomebanikuisikutuu3.gifgyakukarayomebanikuisikutuu.gif

↑←バナーは「雑談日記・SOBA様」より拝借しました。
  「雑談日記・SOBA様」ありがとうございました!