s-kokkaigiji.jpg


開会日 : 平成19年2月7日 (水)
会議名 : 予算委員会
収録時間 : 7時間 10分

★〓衆議院:ビデオライブラリ
枝野衆院議員、
キヤノンの偽装請負で御手洗会長の参考人招致を要求

★〓youtube
枝野議員
キヤノンの偽装請負で御手洗会長の参考人招致を要求(1)

枝野議員
キヤノンの偽装請負で御手洗会長の参考人招致を要求(2)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
★〓asahi 2007年02月07日
「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋
奥谷禮子氏(人材派遣会社社長)の週刊誌インタビューなどでの発言をめぐって、7日の衆院予算委員会で論議があった。民主党の川内博史議員が「あまりの暴言だ」と指摘。柳沢厚労相も「まったく私どもの考え方ではない」と防戦に追われた。

      もっと、やっとくれ〜!ムハハッ
-----------------------------
★〓日テレ <2/7 17:59>
民主・枝野議員 キヤノン・御手洗氏を批判(今なら、画像アリ)
-----------------------------
★〓ASAHI 2007年02月07日
キヤノンの偽装請負で、御手洗会長の参考人招致を要求
-----------------------------
★〓偽装請負
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
-----------------------------
★〓2006年10月19日(木)「しんぶん赤旗」
偽装請負
キヤノンを告発 労働者17人 正社員化求める

-----------------------------
大変な問題なのに、マスメディアはみんな腰が引けてるよねぇ。
経団連企業の広告費で稼がせて貰ってるのは分かりますが、そのために音無しの構でいたとしたら最早、日本にジャーナリズムは存在しません。


s-国会議事堂(極小).jpgs-国会議事堂(極小).jpg


2006年10月20日(金)「しんぶん赤旗」
キヤノン偽装請負 告発されて 
御手洗経団連会長“法律が悪い”「制度見直せ」と居直り

自社の偽装請負が国会でも問題になった御手洗冨士夫・キヤノン会長(日本経団連会長)が、経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、請負では製造業者が労働者に指揮・命令できないという現行法の規定について、「請負法制に無理がありすぎる」「これをぜひもう一度見直してほしい」と発言していたことが十八日に公表された議事録でわかりました。財界トップが会長の企業が法令違反を犯したうえ、“法律の方が悪い”と居直っていることに、労働者から怒りの声があがっています。続く・・・

で、
第22回会議(平成18年10月13日)
(1)経済財政諮問会議の今後の運営方針について
経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相):議事要旨

p12〜13、で書いてあるわけで、ミタライ会長はそういう発言を間違いなくしているわけだ。それにしても枝野サン頑張ってるなぁ・・・
財政諮問会議↓ろくな人材ではないじゃん。ブツブツ・・・

安倍晋三    議長  内閣総理大臣
塩崎 恭久   議員  内閣官房長官
大田 弘子   議員  内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
菅 義偉    議員  総務大臣
尾身 幸次   議員  財務大臣
甘利 明    議員  経済産業大臣
福井 俊彦   議員  日本銀行総裁
伊藤 隆敏   議員  東京大学大学院経済学研究科教授
              (兼)公共政策大学院教授
丹羽 宇一郎  議員  伊藤忠商事株式会社取締役会長
御手洗 冨士夫 議員  キヤノン株式会社代表取締役会長
八代 尚宏   議員  国際基督教大学教養学部教授


s-国会議事堂(極小).jpgs-国会議事堂(極小).jpg


経団連からの派遣総理:アベシンゾーが推進する、

これが、美しい国・ニッポン! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


◆〓就任早々天下りを事実上解禁
◆〓BSE牛肉輸入再開も国民の意見を聞かず輸入再開を強行。
◆〓2サラ金を徹底的に擁護しつつ、世論に押されてグレーゾーン
  廃止と言いながらグレーの一部を合法化したのみ。
◆〓アベシ内閣の山本金融相の暴言
  「学費が足りなければサラ金で借りればいい」
◆〓耐震偽装ではスルーを決め込む。
  アベシの「ワインの会」にはアパの元谷3人が会員。
◆〓タウンミーティングでやらせ・サクラを動員し20億円の税金
  を使い世論誘導。アベシは責任を取ったつもりで百万返還。
◆〓銀行に公的資金を兆単位で注入。見返りに融資名目で献金を
  得る。(みごとな迂回融資だこと・・・)
◆〓前回の解散総選挙の焦点となった郵政民営化の造反議員を
  「おかえりなさい」と復党させて民意はスルー。
◆〓高速道債務に国費投入を国交省などと合意。
  これを改革と言う、こらまったどうじゃ〜ろぅかい総理。
◆〓道路のためといい高額のガソリン税を強いて一般財源化を図る
◆〓経団連の提言で法人税の減税、マイナス分は消費税を増税。
◆〓経団連主導で外資系企業の政治献金規制を緩和。
◆〓ホワイトカラーエグゼンプションとカタカナで誤魔化して、
  残業代ゼロ円・サービス残業の合法化を検討中。
◆〓柳沢伯夫厚生労働相の暴言「女性は産む機械」を擁護。

(経団連のミタライが柳沢伯夫を擁護してから自民党はえらく強きになったと思う。まだ自民党のジイサマ達は分かってない。民意の1票の怖さを、おのおの方、知らしめようではありませんか!)
で、 
アベシ本人の発言「WCEは少子化対策にもなる」 (`・ω・´)

読書


是非、お読み頂きたいと思う一冊です。
(若い頃は毎号読んでいたのですが・・・。反省しなきゃぁ〜!)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
岩波書店 『世界』2007年 3月号 (2月8日発売)
定価 780 円(本体743 円)(送料 116円)
特集「労働破壊−再生への道を求めて」 
【インタビュー】
大企業が人間破壊を行っている 内橋克人 (評論家)
【戦争と労働】
破壊される雇用、根腐れる民主主義
――「戦争・災害・住宅」とからみあう労働格差
  島本慈子 ( ノンフィクション・ライター)
【解決の道を探る】
「過剰労働」と「格差」のあいだ 水町勇一郎 (東京大学)
【労働時間規制】
ホワイトカラーエグゼンプションの虚構と真実
  濱口桂一郎 (政策研究大学院大学)
【「違法の合法化」】
「労働ビッグバン」構想――法改正で何が起こるか 
  中野麻美 (弁護士)
【報告と検証<座談会>】
「均等法」「派遣法」から20年―労働相談の現場から見た労働破壊
  鹿嶋 敬 (実践女子大学)、
  伊藤みどり (女性ユニオン東京)、
  前澤 檀 (東京労働相談センター)
【自己実現という罠】
<やりがい>の搾取――拡大する新たな「働きすぎ」
  本田由紀 (東京大学)【執筆者からのメッセージ】
【人権としての労働問題】
ポイ捨て社員の時代 竹信三恵子 (朝日新聞)
【インタビュー】
いまこそ労働組合のあるべき姿にこだわりたいのです
  鴨 桃代 (全国ユニオン会長)
【新しい働き方?】
テレワークの光と陰 佐藤彰男 (大手前大学)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
枝野議員・奮闘す! 続く・・・
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

s-kokkaigiji.jpg


ニコニコ動画
(動画にコメントができるから、どんどんコメントして下さい。)
民主党の枝野議員 
キヤノンの偽装請負で、御手洗会長の参考人招致を要求
キヤノンの偽装請負で、御手洗会長の参考人招致を要求
キヤノンの偽装請負で、御手洗会長の参考人招致を要求

開会日 : 平成19年2月7日 (水)
会議名 : 予算委員会
枝野幸男(民主党・無所属クラブ)  10時 02分  2時間 00分>


人は見たい現実しかみれない。様より
違法な行為なんですよね、いわゆる偽装請負は。
違法な行為をした上で、まあ、全ての事を公表するかどうかは、色んな議論あるでしょう。ですが今、新聞記事を読んだときに、キャノンや何々と他の会社名あげませんでした。それは、キャノンは、繰り返します。トップが皆さんの政府の一員なんです。皆さんの政府の一員として、皆さんの雇用、経済政策について、影響力を持って発言をしておられる。

お認めにならないんですが、ま、新聞記事が100%正しいかどうかは分かりませんが、これはこれだけ繰り返しキャノンにおける偽装請負や派遣法違反が、新聞で報道されている、という事実があります。それが事実であるのかどうかぐらいはお答えをいただきたい、というふうに思いますし、その上で、これがこうした報道が事実で、キャノンにおいて、請負に絡んで違法な行為が行われているとすれば、この御手洗何某という人は、皆さんの会議でトンでも無い事をおっしゃっておられます。

「法律を遵守するのは当然だがこれでは請負法制には無理がありすぎる」今の請負法制、偽装請負などに関連して、今の請負法制には無理がありすぎる。いいですか?自分の会社、無理がありすぎるけれども一生懸命法律を守ってちゃんとやってます。だけれでもこれじゃ無理がありすぎるから、何とかしないといけませんね、と言うならば、これは1つの考え方、現場からの声としての考え方です。

自分の足元で違法な行為をやっといて、それで、そこのトップとして、ウチでやってる違法な行為が合法になるように何とかして下さいよ、なんて堂々とおっしゃってる
私は…、これは無茶苦茶だと思う。という風に思うんですが、総理そう思いませんか? だったら自分がトップ勤めてる会社で違法な行為が無いようにまずするのが責任じゃないですか。

その上で、いやあウチの会社はちゃんと守らせてるけれど、これを守ってる状況では、とても実態は回りません。だからなんとかしましょうよ。こう提言するなら100歩譲って、1つの見識だと思います。しかし、自分の所での違法はやっといて、それを放置しておいて、だけどいや法は守るべきだと思いますが、今の法制度はおかしいと思います。そういうのは、筋が通らないと思いませんか? ま、総理はなんか日本の伝統文化お好きのようですが、まさに恥の文化に反する行為じゃないかと、私は思うんですが、総理違いますか?

だからじゃあキャノンは本当に守ってるんですか? 公表してくださいよ。キャノンに対していつどういう風に、申し立てがあったりとか、どういう監督が行われて、どういう風に改善されたのか、全部なんて言いませんよ。まさに、経済財政諮問会議で、まさに、色んな指摘をされてる自分の会社の、違法請負をやってるとされるキャノンにだけでいいですから。で、現に、今年の2月になってもですよ? 今年の2月になっても、キャノンの請負労働者が偽装請負だった、だから団体交渉しろ、と言って応じない。それ自体が違法だと言って、 労働委員会に申し立てしてるんですよ。現に、現在進行形なんですよ。

「昔あったけど、悔い改めて今やってません」じゃないんですよ、だからまずは実態、厚生労働省が明らかにしてください。これはまさに今の政権の経済財政運営の基本に関わる問題ですので、 まず、厚生労働省が把握してるキャノンの偽装請負、派遣法にからむ違法な行為、監督事例、申し立て事例、全部資料として公表してください。それから欠席裁判は不公平だと思いますので、この予算委員会に、委員長、えー、御手洗何某、経済財政諮問会議の委員、参考人として来て頂いて、欠席裁判は不公平だと思いますから、ご本人の釈明を聞きたいと思いますから、是非、お計らい下さい。

この会社はですね、んー、あのー、非常に派遣とか請負、つまり性社員以外の比率の高い企業である、と言う事を言われている。その上で、経済財政諮問会議、先ほどの発言に続いて、こんな事言ってるんですねぇ。「今の派遣法のように3年経ったら正社員にしろと硬直的にすると、たちまち日本のコストは硬直的になってしまう。それは空洞化に結びつくことになる」 ま、大体いつもこういう理屈をいうんですね。ま、確かにコストを、コストの競争しているワケですから、国際的な輸出産業はそりゃコストを抑えなきゃいけないですけども、

私は日本の伝統的経営者というのは、会社が苦しい、コストを下げなければならない時は、まず社長が自分の給料を削って、自分が我慢をしてそれでも足りないときに、「従業員のみなさん、我慢をしてください」これが日本の企業経営者の伝統的な価値観だったという風に思ってます。 今でも、日本の多くの中小零細企業の経営者の皆さんは、こういう経営をされている。実際に、今日はそこまで示しませんが、統計数字で出てきてますよ。大企業においては、役員賞与がグーッと伸びているけれども、従業員給与は伸びていない。で、中小零細企業については、従業員の給与の所得の下がり方以上に、役員の所得の下がりかたが大きい。

これが日本の伝統的な経営者で、国際競争のコストと言うんだったら、まず経営者の所がガマンをして頑張って、「従業員のみなさん、それでも足りないんだから我慢してください」これが物事の筋だと思うんですが。ね?今の経済財政諮問会議でですよ、「今の派遣法のように3年経ったら正社員にしろ」?今の派遣の実態、請負の実態、こういう実態、年収200万円以下の人がたくさんいる、社会保険なども事実上空洞化している。

いつクビになるか分からない。
家庭を持って子供を産め?
冗談じゃない。
どこの世界の話だ。

という人がたくさんいる状況を放置をして、そうじゃないとやっていけませんですよ、と言っているキャノンの財務諸表を見ると、たとえば、えー、102期平成15年の株主総会で決議されている、

取締役賞与金、1億3900万、
それが翌年には、1億8900万
さらにその翌年には、1億9900万
そして18年3月30日株主総会決議では、 2億2200万!!

取締役役員賞与金だけがグングン伸ばしてるんですよ。
「だけれども、コストが大変だから請負で派遣で、いつでもクビが切れて不安定で、
所得も生活保護以下ぐらいの収入で、仕方がないですね」こういう人が経済財政諮問会議の委員として、総理!相応しいと思ってるんですね!?私は国際競争の中で、コストの削減はしていかないと競争に負けていくということがあり得る、その事はよく認めてますよ。でもその時に、まさに企業経営者のモラル、まさに道徳、その一番として厳しいときには経営者がまず自ら身を削って、 それで、それでもどうしても足りない時に、「従業員のみなさん、申し訳ないんだけど給料下げますよ」とか「リストラしますよ」とか、これで日本の戦後経営、日本の戦後経済ってのは、私は伸びてきたと思っています。

これこそが日本の伝統的良さだったんじゃないですか!
日本経済の強さだったんじゃないですか!
だから企業の為に、会社の為に、一生懸命みんな頑張ったんですよ!

「いつでもクビに出来ます。便利に使えます」それでホントにカネが無いならいいですよ。自分たちはガンガン上げてるんですよ!? この御手洗さんは!自分たちの賞与は!少しかもしれない。この役員賞与を従業員とか正社員の人に回すためには、少しかもしれない。でも自分たちの所のカネを増やす余裕があったら、まず請負の人たち、派遣の人たち、せめて偽装を解消する。その上で少しでも正社員化していって、
安心して家庭を持ち、子供を産み、育てられるようにする。そっちに回していく経営を、経営者を見識ある人だと言うんじゃないですか!? 違いますか!?

ですからその偽装が、どの程度でどう改善されているか、厚生労働省出してください、とまずは申し上げてるんですよ。それで本人呼んで、どうなってるのかちゃんと聞かせてくださいと、そう言う事を申し上げてるんですよ。ですから、それは必ずやって頂きたい。この国会で、予算委員会で経済運営について、これからやって行きたいと思いますが、まさにここが、私たちと皆さんとの決定的な違いだと思います。

確かに、企業は経営を良くして、国際競争力を持って、そして稼いでくれる。 これは大事なことです。私たちもそれは必要な事だ、その足を引っ張るつもりは全くありません。しかしまさに戦後レジームの時は、放っておいても国際競争力を持った企業が出てきて、稼いでくれたら、それが世の中全体に行きわたるような社会構造だったんです。ところが今は、放っておいたら、国際競争力を持って稼いでも、株を持ってる人とか、経営者とか、一部の人たちと海外にどんどん出て行って、そして国際競争力持つためには雇用の数を増やすったって、生活保護以下で、家族を持つ、あるいは子供を産み育てる、とてもこんな収入で、明日はどうなるか分からない、そんな状況の人達をドンドンドンドン増やしていく、と。こういう事になるんです。だから今の社会状況においては、勿論競争力を持った企業には競争力を身に付けてもらうことも大事だけれども、それと同じくらいのウェートで、その稼いだカネが国内でちゃーんと循環するためには、こちらの事に同じぐらいのウェートを掛けないと。

国はなんか立派だけど、まさに個々の生活はどんどんダメになっていく、それが安倍内閣の姿勢である、これからその事について十分な議論をさせて頂きたいと申し上げて、後の時間帯は同僚に譲りたいと思います。
ありがとうございました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●