< 伊 藤 一 長 長 崎 市 長 >

ここに、謹んでご冥福をお祈り致します。

長崎平和宣言

●長崎平和宣言
 「人間は、いったい何をしているのか」
 被爆から61年目を迎えた今、ここ長崎では怒りといらだちの声が渦巻いています。1945年8月9日11時2分、長崎は一発の原子爆弾で壊滅し、一瞬にして、7万4千人の人々が亡くなり、7万5千人が傷つきました。人々は、強烈な熱線に焼かれ、凄まじい爆風で吹き飛ばされ、恐るべき放射線を身体に浴び、現在も多くの被爆者が後障害に苦しんでいます。生活や夢を奪われた方々の無念の叫びを、忘れることはできません。
 
しかし、未だに世界には、人類を滅亡させる約3万発もの核兵器が存在しています。10年前、国際司法裁判所は、核兵器による威嚇と使用は一般的に国際法に違反するとして、国際社会に核廃絶の努力を強く促しました。6年前、国連において、核保有国は核の拡散を防ぐだけではなく、核兵器そのものの廃絶を明確に約束しました。核兵器は、無差別に多数の人間を殺りくする兵器であり、その廃絶は人間が絶対に実現すべき課題です。

昨年、189か国が加盟する核不拡散条約の再検討会議が、成果もなく閉幕し、その後も進展はありません。核保有国は、核軍縮に真摯に取り組もうとせず、中でも米国は、インドの核兵器開発を黙認して、原子力技術の協力体制を築きつつあります。一方で、核兵器保有を宣言した北朝鮮は、我が国をはじめ世界の平和と安全を脅かしています。また、すでに保有しているパキスタンや、事実上の保有国と言われているイスラエルや、イランの核開発疑惑など、世界の核不拡散体制は崩壊の危機に直面しています。
 
核兵器の威力に頼ろうとする国々は、今こそ、被爆者をはじめ、平和を願う人々の声に謙虚に耳を傾け、核兵器の全廃に向けて、核軍縮と核不拡散に誠実に取り組むべきです。また、核兵器は科学者の協力なしには開発できません。科学者は、自分の国のためだけではなく、人類全体の運命と自らの責任を自覚して、核兵器の開発を拒むべきです。繰り返して日本政府に訴えます。被爆国の政府として、再び悲惨な戦争が起こることのないよう、歴史の反省のうえにたって、憲法の平和理念を守り、非核三原則の法制化と北東アジアの非核兵器地帯化に取り組んでください。さらに、高齢化が進む国内外の被爆者の援護の充実を求めます。

61年もの間、被爆者は自らの悲惨な体験を語り伝えてきました。ケロイドが残る皮膚をあえて隠すことなく、思い出したくない悲惨な体験を語り続ける被爆者の姿は、平和を求める取り組みの原点です。その声は世界に広がり、長崎を最後の被爆地にしようとする活動は、人々の深い共感を呼んでいます。本年10月、第3回「核兵器廃絶−地球市民集会ナガサキ」が開催されます。過去と未来をつなぐ平和の担い手として、世代と国境を超えて、共に語り合おうではありませんか。しっかりと手を結び、さらに力強い核兵器廃絶と平和のネットワークを、ここ長崎から世界に広げていきましょう。被爆者の願いを受け継ぐ人々の共感と連帯が、より大きな力となり、必ずや核兵器のない平和な世界を実現させるものと確信しています。

最後に、無念の思いを抱いて亡くなられた方々の御霊の平安を祈り、この2006年を再出発の年とすることを決意し、恒久平和の実現に力を尽くすことを宣言します。

          2006年(平成18年)8月9日 
              長崎市長 伊 藤 一 長

平和の鳩(400)



鳩よ、鳩よ、鳩たちよ、


天空高く舞い上がり、


世界中の人々に平和を



2006.08.09(晴天とら日和)で、世界平和の願いを込めて書いた。
今、虚しい、とっても虚しい気持ちでいます。
凶器・暴力で言論封鎖することは断じて許し難し!

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

2002年8月 アメリカ合衆国  
 米国が8月29日(現地時間)に臨界前核実験を予定しているとの報道に対し、8月29日に中止を要請した。また、現地時間29日(日本時間30日)臨界前核実験実施の報道を受けて、30日(日本時間)に米国の在日大使館あて抗議文を送付した。米国の臨界前核実験は通算18回目。
 
       抗 議 文

2002年8月29日
在本邦アメリカ合衆国大使館 特命全権大使
ハワード.H.ベーカー 閣下
              日本非核宣言自治体協議会会長
                   長崎市長 伊藤 一長

 この度、貴国が8月29日(現地時間)にネバダ州の核実験場において臨界前核実験を実施する予定との報道に接しました。これに対し、日本非核宣言自治体協議会の319自治体とその住民を代表して、実験の中止を強く求めます。

私たち非核宣言自治体は、核兵器は住民の生活と安全を脅かす究極の兵器であるとの認識に立ち、核兵器の廃絶を求めるものです。 貴国はミサイル防衛構想を推進するために、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約を一方的に破棄し、「核体制見直し」では、新たな小型核兵器の開発が明らかになるなど、非常に危惧すべき事態を自ら作り出しています。さらに本年5月末に貴国とロシアが調印した戦略攻撃兵器削減条約も、取り外す核弾頭の一部を再配備できるような内容であり、核軍縮の流れに逆行するこのような状況を、私たちは深く憂慮しています。

このような状況の中、貴国が18回目の臨界前核実験を強行しようとしていることに対し強く抗議するとともに、貴国が核軍拡競争につながる核実験を即刻中止し、大国として核兵器廃絶に向け主導的役割を果たすよう重ねて要請いたします。

ここに、日本非核宣言自治体協議会の名において、今回の臨界前核実験計画の中止を強く求めますので、本国へ伝達されるようお願いいたします。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

       抗 議 文

2002年8月30日
在本邦アメリカ合衆国大使館 特命全権大使
ハワード.H.ベーカー 閣下
              日本非核宣言自治体協議会会長
                   長崎市長 伊藤 一長

この度、貴国が8月29日(現地時間)にネバダの核実験場において臨界前核実験を実施したとの報道に接しました。CTBT(包括的核実験禁止条約)の精神に反するこの度の臨界前核実験に対して、日本非核宣言自治体協議会の319自治体とその住民を代表して、厳重に抗議するものです。

貴国はミサイル防衛構想を推進するために、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約を一方的に破棄し、「核体制見直し」では、新たな小型核兵器の開発が明らかになるなど、非常に危惧すべき事態を自ら作り出しています。さらに本年5月末に貴国とロシアが調印した戦略攻撃兵器削減条約も、取り外す核弾頭の一部を再配備できるような内容であり、核軍縮の流れに逆行するこのような状況を、私たちは深く憂慮しています。

広島・長崎に原子爆弾が投下されて57回目の夏、日本の非核宣言自治体の代表者が被爆地長崎に集い、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現のための一層の連帯と協力を誓い合いました。そして被爆57周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列し、非核平和宣言の決意を新たにしたばかりであります。 このような中、前回からわずか3か月も経たないうちに、貴国が18回目の臨界前核実験を強行したことは断じて許しがたく、強く抗議します。

貴国が世界の大国として、武力によらない紛争解決に努力を払われることと、さらには今後、臨界前核実験を含むあらゆる核実験を中止し、核兵器廃絶の先導的役割を果たされるよう強く要請します。 ここに、今回の臨界前核実験に対する抗議文を送付いたしますので、本国へ伝達されるようお願いいたします。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

1945年8月9日午前11時2分

 私たちのまち長崎に1発の原子爆弾が投下され、15万人余の市民が死傷し、いまだその後遺症に苦しむ方々がこの地に暮らしておられます。
 
 悲惨な体験をした長崎で、過去2度、核兵器廃絶をテーマとするNGO集会「地球市民集会ナガサキ」を開催いたしました。この2度の開催で世界の15カ国から延べ12,000人もの市民やNGOが参加し、分科会などで熱心な意見交換が行われました。それぞれの最終日に採択した「長崎アピール」は、国連をはじめ世界の主な国々に届けられ、核兵器廃絶運動に大きな力を与えたものと思います。

 しかしながら、2005年5月、ニューヨークで開催されたNPT再検討会議では、我々の願いが叶わず何の進展もなく閉幕いたしました。この現状を打破し核兵器廃絶と世界平和のため、どのように取り組むべきかを論議し、2010年に行われる次回のNPT再検討会議の成功に向け、今年の10月21日から23日までの3日間、第3回「核兵器廃絶―地球市民集会ナガサキ」を開催いたしました。

 国内外のNGO(非政府組織)や多くの市民が被爆地・長崎に集まり、核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現を目指し意見を交わす「第3回 核兵器廃絶ー地球市民集会ナガサキ」が2006年10月21日(土)〜23日(月)に開催されました。開会・閉会集会や6つの分科会、自主企画などに、世界8カ国、延べ3,782人が参加。活発な議論を行ったり、専門家の意見に耳を傾けたり、平和を訴えるさまざまな催しに参加したりして、市民の一層の連帯と平和への誓いを新たにしました。

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

●'00/5/5
NPT会議でNGO代表が初の演説

核兵器なくそう・世界青年のつどい

●<2000年7月13日>
G8沖縄サミット NGO・行動する地球市民

●平和市長会議
2002/2/15
アメリカ、イギリスの臨界前核実験強行に対する抗議文


●平和市長会議
朝鮮民主主義人民共和国 国防委員長 金 正日 様
      抗議文


PDF 第二回国連軍縮長崎会議

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

長崎市『ウィキペディア(Wikipedia)』

長崎市【ながさき】市の公式サイト

長崎市役所トップページ
市長のあいさつ
・「市長のプロフィール

『 長崎市のこれから 』
平成19年度 施政方針
平成19年2月27日、平成19年第1回市議会定例会の冒頭において、伊藤一長 長崎市長が市政運営に対する所信を述べました。
長崎市第三次総合計画
都市計画マスタープラン
交通バリアフリー
世界文化遺産への登録に向けた提案
環境基本計画
緑の基本計画
長崎市行政改革大綱
交通バリアフリー
長崎市老人保健福祉計画・介護保険事業計画

●2005年4月15日
長崎市「わがまちの国際戦略を語る〜自治体外交の挑戦」

●長崎新聞 年間企画 第5部 可能性
(2007年1月16日〜1月19日)
<1>伊藤一長長崎市長(上)
<2>伊藤一長長崎市長(下)

●都市基盤整備事業推進大会
長崎県長崎市長 伊藤 一長全国連続立体交差事業促進協議会代表

オンリーワンのまちづくり

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

youtube
【テレビ朝日】犯行声明送付を訂正

長崎市長殺害は事前に報道ステーションに犯人から通達が来ていた。
テレ朝はそれを「犯行予告とはとらなかった」「時間が遅かった」だの苦しい言い訳に終始している。
(内容は「犯行予告」であり、時間も実際はもっと前だっただろう)
朝日の行動によっては、長崎市長は救えたかもしれない。
犯人の動機は、
「長崎市の中小企業の連鎖倒産防止資金の融資がおりなかったこと」「市道の工事で自分の車が傷つけられたこと 」である。
 (  ↑ 通達を受け取ったテレ朝がみずからそう言っている)

●スポニチ[ 2007年04月18日付 紙面記事 ]
テレ朝 警察に容疑者の手紙知らせず  
市長を糾弾する内容の手紙が届きながら警察や当の伊藤市長に知らせていなかったテレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(52)は番組内で「市長に抗議するという内容で、銃撃に関しては一切触れられていなかった。物理的には動けなかったことをお察ししていただきたい」と釈明した。また、番組では手紙について「犯行声明」という表現も使用。視聴者センターには「未然に防げなかったのか」という苦情も寄せられたが、これについても古舘キャスターは「誤解と迷惑をかけた」と謝罪、「犯行声明ではなかった」と訂正した。
 ≪NHK「死亡」テロップ≫NHKは17日午後11時50分ごろの全国ニュースの中で、伊藤市長の容体について「撃たれて死亡」というテロップを3秒ほど流した。すぐに「心肺停止」と切り替え、同53分に、誤って流したことをアナウンサーが謝罪。NHK広報局は「機械の操作を誤った」と説明している。

●スポーツ報知 2007年4月18日06時06分
長崎市長銃撃 テレ朝に犯行予告?
        なぜ公表しない!抗議殺到で謝罪

(=前半略=)
 長崎市長銃撃事件で、殺人未遂の現行犯で逮捕された城尾容疑者の名前が差出人として書かれた郵便物が17日、テレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」で紹介された。同番組では城尾哲弥容疑者からの「犯行声明文」とテロップをつけて紹介。「伊藤一長長崎市長を許せないのは、市民のため、県民のため、不正を許すことができないからです」と直筆の手紙を映し公共事業のトラブルなどを挙げて、城尾容疑者の主張を紹介した。15日の長崎中央郵便局の消印で同番組にこの日、到着。郵便物には手紙のほかにテープと資料が入ってたという。

ところが、番組を見た視聴者から「犯行声明が届いたなら、未然に事件を防げなかったのか」などの苦情や質問が同局に殺到。番組後半部分でキャスターの古舘伊知郎(52)は「一部、ナレーションで『犯行声明』として、誤解を生んでご迷惑をおかけしました」と異例の訂正、謝罪を発表した。テロップを「市長糾弾の手紙」と変えて再度、城尾容疑者の手紙を紹介した。古舘キャスターは「なぜ、未然に防げなかったのかとの抗議がありましたが、郵便物が届いたのは夜でありました。さらに市長の銃撃は一切触れられていない。そして物理的に動くことができなかった」と「犯行声明」であることを否定し、訂正、謝罪した。テレビ朝日では抗議の数などは明かしていないが、相当数の抗議があった模様だ。

●東京新聞 2007年4月18日 朝刊
取材直前乾いた銃声 事務所前凶行『捕まえて』悲鳴も
(=抜粋=)
容疑者テレ朝に告発文郵送
 伊藤一長・長崎市長銃撃事件で逮捕された城尾哲弥容疑者(59)が出したとみられる告発文三通が届いたテレビ朝日(東京)広報部は十七日夜、「市長を告発した内容だったが、今回の犯行につながるような文言はなかった」としている。同社によると、届いたのはA4判の封筒二通と定形の封筒一通。いずれもあて名は「テレビ朝日報道ステーション御中」で差出人として城尾哲弥と書かれていた。十五日の長崎中央郵便局の消印があった。告発文とともにカセットテープ数本と関連資料も入っていた。告発文の冒頭には「私、城尾哲弥はここに真実を書いて自分の事は責任を取ります。伊藤市長を許せない」などとあり、後段は同市の公共工事などについて糾弾する内容だった。三通はいずれも十七日午前、「報道ステーション」スタッフ室に届き、夕方スタッフが開封したが、告発文と考えて保管。午後九時に伊藤市長銃撃の容疑者逮捕のニュースで容疑者の名前を知り、差出人と一致していたことから、あらためて内容を確認。同番組で封筒を示しながら報道した。

●asahi 2007年04月18日03時11分
テレビ朝日に容疑者から封書3通 市長への恨み書く
 城尾容疑者は犯行前、テレビ朝日に伊藤市長に対する恨みを書いた封書を3通送りつけていた。同社広報部によると、封書は17日午前、ニュース番組「報道ステーション」のスタッフルームに届き、番組スタッフが夕方に開封したという。封書には、4枚の手紙のほか、トラブルになっているという公共事業についての資料とカセットテープ数本が入っていた。手紙の冒頭部分には、「伊藤一長長崎市長を許せないのは、市民の為県民の為不正を許すことができないからです」と記載されていた。報道ステーションは、番組の冒頭で「犯行声明が届いた」とのナレーションを報道したが、番組の途中でキャスターが「銃撃などに関しては一切触れられていなかった」と説明したうえ、「犯行声明という表現が最初にあったことに関してはおわびし、訂正いたします」と話した。同社広報部は「警察から要請があれば協力したい」としている。


きっと、テレ朝のスタッフは「世紀の大スクープ」だと勇みこんで番組を制作したまでは良かったが、・・・・・
まともな神経してたら、スクープする以前に、ご本人・側近・警察・等々に知らせるべきではないかって、極々当然の抗議を受けてウロウロしてるって模様だわ。坂本弁護士一家事件があっても、報道は、まだ懲りてない!
何が大事か、もう一度、頭冷やして考えることだと思う。
テレ朝と、報道ステーション。


youtube

【テレビ朝日】犯行声明送付を訂正



youtube

【テレビ朝日】テレビ朝日へ長崎市長

 襲撃した暴力団員が犯行声明送付


↑何時、削除されるかわかりませんので・・・・・
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
続く・・・
平和の鳩(400)

◆長崎新聞(ながさき速報)  
電子号外
撃たれた伊藤市長が死亡 死因は大量出血[PDF]
伊藤長崎市長撃たれる 組員を現場で逮捕[PDF]
特集「伊藤長崎市長銃撃事件」
・(04/18 05:54)
銃撃された伊藤長崎市長が死亡 死因は大量出血
・(04/18 05:22)
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で 
・(4月18日 AM 4:15)
伊藤長崎市長が撃たれ心肺停止、蘇生は厳しい 組幹部を逮捕
・(04/18 01:48)
長崎市長撃たれ重篤 山口組系幹部を現行犯逮捕
-----------------------------------
NBC長崎放送-ニュース最新版-

◆NHK長崎
伊藤長崎市長死亡

◆KTN テレビ長崎
伊藤市長撃たれ死亡

◆長崎文化放送(テレ朝系)
( 動 画 ・ 多 数 あ り )

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

◆asahi 
・< 社 説 >
長崎市長銃撃―このテロを許さない
特集:長崎市長銃撃
・2007年04月18日03時48分
銃撃された伊藤長崎市長が死亡 出血多量で
・2007年04月18日03時11分
テレビ朝日に容疑者から封書3通 市長への恨み書く
・2007年04月18日02時47分
城尾容疑者「殺すつもりだった」 県警、会見で説明

◆毎日新聞
・< 社 説 >
長崎市長銃撃 蛮行を許してなるものか
特集「長崎市長銃撃」
・2007年4月18日 3時00分
長崎市長銃撃:テレビ朝日に市長批判文書…容疑者郵送

・毎日新聞 2007年4月17日 21時17分
長崎市長銃撃:首相「厳正に捜査を」
 安倍晋三首相は17日午後8時3分、首相公邸で秘書官から長崎市の伊藤一長市長が銃撃されたと報告を受けた。その後、同50分「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」とのコメントを発表した。
日本共産党の志位和夫委員長は同夜「こうした卑劣なテロ行為は、自由と民主主義に対するもっとも凶暴な攻撃であって絶対に許されない」とするコメントを発表。
社民党の福島瑞穂党首は取材に対し「選挙中の首長が撃たれるというのは異常な事態だ。武力で問題解決をしようとする傾向には断固抗議する。日本の中で政治活動が危うくなっている」と語った。

志位和夫委員長、
福島瑞穂党首の発言は政治家として至極真っ当な発言かと思いました。
それに比べ、アベシの発言はズレまくってはしないか!
こんなところでアホさらすな!


◆讀賣新聞 
・< 社 説 >
長崎市長銃撃 統一地方選さなかに起きたテロ
関 連 記 事
・2007年4月18日9時56分
銃撃された伊藤・長崎市長が死亡…銃創で大量出血

◆サンケイ 
・【 主 張 】
長崎市長銃撃 許されない暴力団のテロ
最 新 ニ ュ ー ス
・2007/04/18 07:09
銃撃された長崎市長が死亡、18日未明
・2007/04/17 23:57
発砲の組員、公共工事めぐりトラブルか 長崎市長銃撃

◆ニッケイ 
「長崎市長、撃たれ死亡」記事一覧
・(05:40)
撃たれた長崎市長、大量出血で死亡

共同通信
長 崎 市 長 銃 撃

◆時事通信
・2007/04/18-06:32
卑劣な攻撃、国連関係者に衝撃=被爆地首長失い「ぽっかり穴」

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

◆北海道新聞
・< 社 説 >
長崎市長銃撃*選挙中の卑劣なテロだ
【 関 連 記 事 】
・(04/18 06:43)
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で

◆河北新報
・2007年04月18日水曜日
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で
・2007年04月17日火曜日
テレ朝あてに郵便物 逮捕の暴力団幹部名で

◆東京新聞(中日新聞)
・2007年4月18日 09時56分
「民主主義への挑戦」 与野党幹部、怒りの声
・2007年4月18日 10時00分
伊藤長崎市長が死亡 逮捕の組幹部、逆恨みか

◆中国新聞
・'07/4/18
伊藤長崎市長が死亡 逮捕の組幹部、逆恨みか
・'07/4/18
志半ば、凶弾の犠牲に 相次ぐ行政への暴力

◆西日本新聞
「 長 崎 市 長 銃 撃 」 特 集 へ
・2007年04月18日10時29分
重体の長崎市長が死亡 長崎市銃撃事件

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

◆秋田魁新報 2007/04/18 11:34
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で 

◆福井新聞 4月18日午前11時34分
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で

◆山陽新聞 4月18日11時34分
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で

◆徳島新聞 2007/4/18 05:38
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で

◆佐賀新聞2007年04月18日 11時34分
伊藤長崎市長が死亡/18日未明、大量出血で【写真】  城尾哲弥容疑者

◆熊本新聞
・2007年4月18日 05:22
伊藤長崎市長が死亡 18日未明、大量出血で 
PDF号外:伊藤長崎市長 撃たれる

◆沖縄タイムス
>>  P D F 号  外(649KB) <<

◆琉球新報
電 子 号 外 :長崎市長が死亡

平和の鳩(19)平和の鳩(19)

◆中央日報 2007.04.18 08:07:41
銃撃を受けた日本の長崎市長が死亡

◆朝鮮日報 2007/04/18 10:29:07
長崎市長、暴力団幹部に銃撃され死亡=共同通信

◆人民日報(日本語版) 2007年04月18日
銃撃された伊藤長崎市長が死亡 出血多量で

◆ロイタージャパン 
・08:37 JST
長崎市長、暴力団員に銃撃され死亡
・11:50 JST
長崎市長殺害は許されず、警察庁が選挙中の警戒強化指示=官房長官

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3つのブログランキング参加しています!
宜しければクリック&足跡残しよろしくお願いします(^v^)


人気blogランキングくつろぐ(ブログランキング)ブログランキング

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●