大原麗子さん


   えぇ、〜〜〜〜〜−−−−−ッつ!

 びっくりしたなんてもんやない。
 「はぁ、〜?」
 「まさか?」
 「ウソだろ?」
 「なにかの間違いだろう?」
 「冗談は休み休み言うもんだ?」 。。。。。。。。。。


 「家庭に男が二人いたから、。。。」
 「慰謝料を貰える身分じゃぁ〜ないわ、。。。」
 この言葉を毅然として言い放った男らしさに(!!!!!)
 「最高に良い女だねぇ!」と思いました。
 
 相手の森進一さんの方は、。。。
 「温かい家庭が欲しかった。」って、。。。
 それじゃぁ〜、まるで、家庭生活を壊した全責任が
 麗子さんにあるような言い方じゃぁ〜ないですか!!!
 
 麗子さんだって、
 「温かい家庭が欲しかった。」はずです。
 それでも、ナンの言い訳をせずに、。。。。。
 「家庭に男が二人いたから、。。。」
 「慰謝料を貰える身分じゃぁ〜ないわ、。。。」
 ご自分に非があるような言い方をされた、。。。。。
 どうよ、この女優の潔ぎの良さ!!!!! 
 「最高に良い女じゃん!」 
 「しびれるぐらい良い女じゃん!」


 六本木のヤンキーファッションの旗振り役だった彼女が
 「古風な女優」「凛とした」イメージで大成されたのは
 不思議といえば不思議なハナシかもしれません、。。。


 タレントと呼ばれる方々ばかりで、。。。。。
 本当の意味での女優さんが少なくなりましたもんね。 
 杉村春子さん、水谷八重子さん(勿論初代ですよ!)、
 は鬼籍に入ってらっしゃるし、。。。 
 山田五十鈴さん、原節子さん、高峰秀子さん、
 京マチコさん、達は半ば引退状態だし、。。。
 有馬稲子さん、若尾文子さん、八千草薫さん、。。。
 岩下志麻さん、池内淳子さん、市原悦子さん、。。。
 麗子さんより年上の女優さんばかりでしょう。

 森光子さんも寂しい思いをされているでしょう、。。。
 麗子さんが亡くなられてしまいましたのでね、。。。

 で、もう、浅丘ルリ子さん、宮本信子さん辺りで、
 「女優」という職業は打ち止めかもしれません。 
 あとの世代は、タレントばかりになる、。。。。。
 何の芸もないからタレントと言うこと言葉でゴマカス! 
 女優とタレントじゃぁ〜オーラの出方が違うじゃん!

 麗子さんの初舞台になりますか、。。。
 「 男を金(きん)にする女 」を見た瞬間から、
 「オオバケして日本一の舞台女優になる!」と、。。。
 期待しておりました。が、。。。。。

 
 で、
1999年から2000年にかけてギラン・バレー症候群の治療のため芸能活動を一時休止。所属事務所は長年に渡りオフィス・アールであったが、晩年はワンポイントに属していた。
2008年11月11日、自宅ガレージで足元がふらつき転倒。右手首を骨折し、ひざを打撲する重傷を負った。ギラン・バレー症候群の影響でバランスを崩したものとみられる。

 と、いうことで心配しておりました。
 ナニがナンでもご病気を克服して舞台に「復帰」して
 頂きたかったですよ。
 私の願いは届きませんでした、残念無念です!


ひばりさん

 ひばりさんがお亡くなりになった時、。。。。。
 石井ふく子さん、浅丘ルリ子さん達と連絡されたらしい。
 「お姉さんが亡くなったらしい!?」、。。。。。
 (ひばりさんを「お姉さん」と言ってらっしゃていた。)
 イの一番に駆けつけて下さったようです。
 
 ここからが、ありがたいと思いました。
 ひばりさんのことを知りたがるマスゴミに対して、
 一切、ノーコメントを貫いて下さった。
 初七日の法要の際に、
 無礼なトンデモtv局のマイクを突きつけられた時も、
 「喋れる状態ではありませんから、ごめんなさい!」
 ひばりさんとの思い出をご自分の胸の中にだけに納めて
 下さったことを、深く感謝しています。
 
 御逝去されてすぐ、。。。。。
 お通夜だの、密葬だの、告別式だの、で、。。。
 ひばりさんの名を出して思い出を語る芸能関係者なんて
 ナンボ!のもんじゃい!!!!!  
  
 
 しかし、。。。
 こういうオオモノが孤独死されてるとは、。。。  
 ショックでガクッとして声もでないわ、。。。。


   続きます! 
大原麗子さん


●毎日新聞 2009年8月6日 22時36分
大原麗子さん死去:62歳、東京・世田谷の自宅で 病死か
女優の大原麗子さん=1996年8月撮影
NHK大河ドラマ「春日局」などに主演して人気を集めた女優の大原麗子(おおはら・れいこ)さんが死去した。62歳。大原さんの親族が「2週間前から連絡が取れなくなった」と警視庁成城署に連絡し、6日に署員と一緒に東京都世田谷区の自宅を訪れ、死亡しているのを見つけたという。同署は病死とみて、詳しい死因を調査中。少なくとも死後数日たっているとみられる。

東京都出身。1964年、NHKのテレビドラマ「幸福試験」で女優デビューした。翌年、東映に入社し、「孤独の賭け」で映画に初出演。高倉健さんや梅宮辰夫さんらと共演した。71年、渡辺プロへ移籍し、再びテレビでも活躍するようになった。91年には「男を金にする女」で舞台デビューした。

映画「男はつらいよ」シリーズでは2度、マドンナ役を務めた。「春日局」は大河ドラマ史上、3番目に高い平均視聴率を記録した。また、サントリーのCMの「すこし愛して、ながーく愛して」というセリフが流行語に。しっとりした雰囲気の容姿と独特のハスキーな声で人気を集め、テレビ局のタレント好感度調査では何度も1位になった。66年にエランドール賞、86年に山路ふみ子映画賞を受賞した。

73年、俳優の渡瀬恒彦さんと結婚し、78年に離婚。80年には歌手の森進一さんと結婚し、84年に離婚した。筋肉を動かす神経に障害が出るギラン・バレー症候群のため、99年から2000年にかけて芸能活動を一時休止。昨年11月には自宅で転倒して右手首を骨折していた。

成城署によると、大原さんは1人暮らし。自宅には鍵がかかっていた。親族が持っていた合鍵で中に入り、2階寝室のベットで大原さんの遺体を見つけたという。

近所の人によると、1人暮らしの大原さんは、静かな生活を送っていたようだ。近くに住む女性(63)は「3年ほど前には赤い外車を運転して帰宅する姿を見たが、最近はまったく見かけなかった」と話した。別の女性は、約1カ月前に、大原さん宅前を掃除する本人らしき女性を見かけたが、「最近はあまり室内に明かりもついていなかった」とも言う。別の主婦(54)は「テレビのニュースで亡くなったのを知った。最近は自宅に人の気配がなく、引っ越したのかと思っていた」と驚いたように話していた。

 ▽大原さんが主演したNHK大河ドラマ「春日局」などで共に仕事をした脚本家、橋田寿賀子さんの話 「春日局」は、毅然(きぜん)とした態度のなかに女らしさと品格がある役どころが、大原さんにピッタリだとお願いしました。91年にTBSで放送され、藤壺役で出演した「源氏物語」の再放送が決まった昨年末、電話で話したのですが、「今は病気が治らないので仕事をセーブしています」とおっしゃっていました。またお会いしましょうと話をしましたのに。いい仕事をしていただきました。

 ▽映画監督の山田洋次さんの話 寅さんシリーズで2回登場してもらいましたが、本当に魅力的なマドンナでした。キラキラ光るまなざしや独特の甘い声には、スタッフまでがうっとりとしたものです。(死去の報には)ただただ驚いています。とても悲しいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●2009年8月7日01時53分 読売新聞
女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間以上
女優の大原麗子さん。1996年1月26日撮影
女優の大原麗子さん(62)が、東京都世田谷区の自宅で亡くなっていたことが6日、わかった。警視庁成城署幹部によると、大原さんの弟が大原さんと連絡が取れないことから同日、同署を訪れ、午後7時頃、署員とともに、大原さんの自宅に行ったところ、2階寝室のベッドで大原さんがあおむけの状態で死亡しているのが見つかった。

遺体の状況から、死後2週間以上が経過しているとみられ、同署では病死の可能性が高いとみている。目立った外傷はなく、室内に荒らされた形跡もないことから、事件に巻き込まれた可能性はないとみられ、同署で死因を詳しく調べている。

大原さんは東京都出身。1964年、NHKの新人オーディションに合格、テレビドラマ「幸福試験」でデビューした。65年、東映に入社し、「孤独の賭け」で映画デビュー。「網走番外地」シリーズなど数々の作品に出演し、「男はつらいよ」では2度マドンナ役を務めた。

テレビではNHKの大河ドラマ「勝海舟」「獅子の時代」に出演、「春日局」では主役を務めた。「すこし愛して、なが〜く愛して」のせりふが流行語になったサントリーのCMなどに出演。愛らしい表情としっとりとした風情の日本美人として、何度もテレビの「好感度タレントNo.1」になった。

73年に俳優の渡瀬恒彦さんと結婚、78年に離婚。80年に歌手の森進一さんと再婚したが84年に離婚した。手足の神経がマヒして歩行などが困難になる「ギラン・バレー症候群」の治療のため、近年は芸能活動を休止しており、昨年11月、自宅で転倒して右手首を骨折した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●asahi 2009年8月7日0時31分
大原麗子さん、自宅で死去 「2週間前から連絡とれず」
大原麗子さん
大原麗子さん(93年)
大原麗子さん(83年)
俳優の大原麗子さん(62)が6日、東京都世田谷区の自宅で死亡しているのが見つかった。警視庁は病死の疑いが強いとみている。成城署によると、大原さんの弟から同署に3日、「2週間前から姉と連絡が取れない」と通報があった。6日になって弟の都合がつき、同日午後7時すぎ、署員とともに大原さん宅に入ったところ、2階の寝室のベッドで大原さんが仰向けになり、死亡していた。死亡から2週間以上経過しているとみられる。

施錠されており、侵入や物色の跡などがないことから、同署は事件性はないと判断している。大原さんは一人暮らしだったという。
              ◇
東京生まれ。64年にNHKのオーディションに合格してデビュー。65年、東映に入社し、映画「網走番外地」「不良番長」シリーズで人気を得た。テレビでも活躍し、故石立鉄男さん主演の「雑居時代」(73〜74年)など人気ドラマのヒロインを演じた。清楚(せいそ)なたたずまいとハスキーな声で好感度が高く、70年代後半から10年以上にわたって放送されたウイスキーのCMでは、「すこし愛して、ながーく愛して」のセリフで多くのファンを魅了した。

映画では「獄門島」(77年)、「おはん」(84年)などに出演。83年の「居酒屋兆治」では、高倉健さんが演じる主人公を一途に愛する女性を演じて高く評価された。「男はつらいよ」のマドンナにも2回起用されている。89年のNHK大河ドラマ「春日局」に主演。86年の「新・喜びも悲しみも幾歳月」の演技で第1回山路ふみ子賞を受けた。

73年に俳優の渡瀬恒彦さんと、80年には歌手の森進一さんと結婚したが、いずれも数年で離婚した。近年は、運動神経に障害が出るギラン・バレー症候群が悪化し、闘病生活を続けていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●サンケイ 2009.8.6 22:17
ドラマ、映画で活躍 自宅で死去の大原麗子さん 死後2週間以上経過
大原麗子さん(1)
大原麗子さん(2)
大原麗子さん(3)
大原麗子さん(4)
大原麗子さん(5)
6日午後7時ごろ、東京都世田谷区の女優、大原麗子さん(62)方で、大原さんが死亡しているのを警視庁成城署員が発見した。警視庁は事件の可能性は低いとみている。大原さんは東京都出身。昭和39年、NHKのオーディションに合格してデビュー。40年「孤独の賭け」で映画の世界へ。「網走番外地」「男はつらいよ」のシリーズや「獄門島」「おはん」など多くの作品に出演。独特の低い声と落ち着いた演技で存在感を発揮した。

テレビでもNHK大河ドラマ「春日局」(平成元年)に主演したほか、「獅子の時代」「山河燃ゆ」などで活躍。テレビ局の好感度調査でも幅広い支持を集めた。ウイスキーのCMでも知られ「少し愛して、ながーく愛して」は流行語になった。

大原さんと連絡が取れないことを不審に思った大原さんの弟が警視庁に連絡。寝室のベッドで死亡している大原さんを発見した。死後2週間以上経過しているといい、警視庁が詳しい死因を調べている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●サンケイ 【麗子さん死去】
脚本家の山田太一さん「亡くなるなんて思いも…」
大原さんが出演した大河ドラマ「獅子の時代」などの脚本家、山田太一さんの話 「仕事では何作品かご一緒し、印象深いのはやはり『獅子の時代』。とてもきれいで、声も独特の魅力のある、いい女優さんでした。ここ何十年か会ってはいませんでしたが、今年に入って電話で雑談をしたときは明るく元気な声でした。いい女優さんは宝物。亡くなるなんて思いもしなかった。残念としかいえない」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
●サンケイ 【麗子さん死去】
山田洋次監督「スタッフまでうっとり」
映画「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督の談話 「寅さんシリーズで2回登場してもらいましたが、本当に魅力的なマドンナでした。キラキラ光るまなざしや、独特の甘い声にはスタッフまでがうっとりとしたものです。暫くスクリーンやテレビから遠ざかっていたので、どうしたのか、お元気なのだろうか、と心配していた矢先なので、ただただ驚いています。とても悲しいです」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
●サンケイ 【麗子さん死去】
脚本家の田向正健さん「年齢感じない人だった」
大原さんが出演した大河ドラマ「徳川慶喜」などの脚本家、田向正健さん(72)の話 「仕事でおつきあいをしたのは3年ほどだったが、非常にユニークで、年齢というものをあまり感じない人だった。演じてもらおうと思えば、どんな役柄でも、その女性の持っている面白さを出せた。また、大女優だけれど、何でも面白がってやってくれた。『レイコの歯医者さん』で主題歌を歌ってもらったら、『こんなに頑張るんだ』と思うぐらい一生懸命チャーミングな声で歌ってくれた。最近はいわゆる俳優というものが日常のドラマからいなくなっている。日本を代表する女優の一人がまた消えたかという感じがする」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
●サンケイ 【麗子さん死去】
夏木陽介さん「話相手になってあげれば…」
大原麗子さんの死去を受け、昭和45年に映画「奇妙な仲間 おいろけ道中」で大原さんと共演した俳優の夏木陽介さん(73)は、「麗子ちゃんがひとりになる前に、話し相手になってあげればよかった。もっと相談にのってあげたかった」と後悔の言葉を口にした。

映画では、大原さんは夏木さん演じるプレイボーイと一緒に遊ぶ女性のひとりだった。「撮影中は、このシーンはこうやってみようか、と意見を言い合えた。奇妙な仲間ならぬいい仲間だった」 人なつこい大原さんは、遠くから夏木さんを見つけては、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と走ってきた。撮影所の近くで一緒に食事をすることもあり、「今まで接したことのないタイプで、気が合った」という。

ある日、大原さんから「お兄ちゃんのことを好きな子がいるから会ってあげて」と頼まれたことがあった。「僕は自分から好きにならないとだめなんだよ、と断ったけれど、何回かそんなことがあったなぁ。麗子ちゃんは意外と、世話好きだったのかもしれないね」 「花に例えると、朝顔やキキョウ。色に例えるとパステルカラー。着物の似合う風情ある女優さんだった」と大原さんのことを振り返った夏木さん。「年を重ねた今、もう一度共演したかった」と語ったが、かなわぬ夢となった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ニッケイ
女優の大原麗子さん死去 大河ドラマ「春日局」
女優の大原麗子さん(62)が東京都世田谷区の自宅内で死亡していたことが6日、警視庁成城署への取材で分かった。大原さんに目立った外傷はなく病死とみられ、同署はさらに詳しく死因を調べる。

同署幹部によると、大原さんと連絡が取れないことを不審に思った弟が3日、「姉と2週間以上連絡が取れない」と同署に通報。6日午後7時10分ごろ、署員と一緒に大原さん宅を訪れたところ、寝室で大原さんが死亡しているのを発見した。

東京都出身。1964年、NHKドラマ「幸福試験」でデビュー。高倉健主演の「網走番外地」シリーズ、「男はつらいよ」シリーズなど数多くの映画に出演した。テレビに活躍の場を移してからはNHK大河ドラマ「春日局」などに出演。 (06日 22:15)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●2009/08/07 00:35 【共同通信】
大原麗子さんが自宅で死去 死後2週間以上経過
6日午後7時ごろ、東京都世田谷区の女優大原麗子さん(62)方で、大原さんが死亡しているのを警視庁成城署員が発見した。死後2週間以上経過しているという。警視庁は事件の可能性は低いとみて、詳しい死因を調べている。

大原さんは東京都出身。1964年、NHKのオーディションに合格してデビュー。65年「孤独の賭け」で映画の世界へ。「網走番外地」「男はつらいよ」のシリーズや「獄門島」「おはん」など多くの作品に出演。独特のハスキーな声と落ち着いた演技で存在感を発揮した。

テレビでもNHK大河ドラマ「春日局」(89年)に主演したほか「獅子の時代」「山河燃ゆ」などで活躍。テレビ局の好感度調査でも幅広い支持を集めた。ウイスキーのCMでも人気で「すこし愛して、ながーく愛して」は流行語になった。

大原さんは、急に手や脚に力が入らなくなり、歩行障害などを引き起こす難病ギラン・バレー症候群にかかり、99年から一時芸能活動を休止するなど、一人暮らしで闘病生活を続けていたという。大原さんと連絡が取れないことを不審に思った大原さんの弟が警視庁に連絡。寝室で死亡している大原さんを発見した。俳優渡瀬恒彦さん、歌手森進一さんは元夫。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●時事通信 2009/08/07-01:27
大原麗子さん自宅で死去=2週間超経過、病死−東京
6日午後7時すぎ、東京都世田谷区にある女優大原麗子(おおはら・れいこ)さん(62)の自宅で、大原さんが死亡しているのが見つかった。警視庁成城署によると、2階寝室のベッドの上であおむけになっており、死後2週間以上が経過していた。病死とみられる。
 
同署によると、3日、大原さんの弟が電話で「2週間ほど前から姉と連絡が取れない」と相談。同署員と弟が自宅を訪ねたが、鍵がなく入れなかった。6日午後6時半ごろ、弟が同署を再び訪問。同署員と共に自宅で遺体を発見した。
 
大原さんは東京都出身。1964年、NHK「幸福試験」でデビューし、翌年に東映に入社。映画「孤独の賭け」「網走番外地」などに出演し、人気が出てくるとテレビドラマにも進出。日本テレビ系の「雑居時代」やNHKの「勝海舟」などに出演する一方、洋酒CMでの「すこし愛して、ながーく愛して」のせりふは流行語になった。
 
その後も渥美清さん主演の映画「男はつらいよ」のマドンナ役や「おはん」「新・喜びも悲しみも幾年月」などで好演。89年にはNHK大河ドラマ「春日局」で主演し、現代物も時代劇もこなせる女優として確固たる地位を築いた。91年に「男を金にする女」で舞台デビューを果たし、活動の軸を舞台に移した。
 
私生活では、73年に俳優の渡瀬恒彦さんと結婚したが5年後に離婚。80年に歌手の森進一さんと再婚したが、84年に離婚した。近年は、筋肉を動かす神経に障害が出る難病ギラン・バレー症候群を患い、芸能活動から遠ざかっていた。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●スポニチ
女優の大原麗子さんが死去…死後2週間以上
死去した大原麗子さん
6日午後7時ごろ、東京都世田谷区の女優大原麗子さん(62)方で、大原さんが死亡しているのを警視庁成城署員が発見した。死後2週間以上経過しているという。警視庁は事件の可能性は低いとみて、詳しい死因を調べている。

大原さんは東京都出身。1964年、NHKのオーディションに合格してデビュー。65年「孤独の賭け」で映画の世界へ。「網走番外地」シリーズや「獄門島」「おはん」など多くの作品に出演。独特のハスキーな声と落ち着いた演技で存在感を発揮した。

テレビでもNHK大河ドラマ「春日局」(89年)に主演したほか「獅子の時代」「山河燃ゆ」などで活躍。テレビ局の好感度調査でも幅広い支持を集めた。ウイスキーのCMでも人気で「すこし愛して、ながーく愛して」は流行語になった。

大原さんは、急に手や脚に力が入らなくなり、歩行障害などを引き起こす難病ギラン・バレー症候群にかかり、99年から一時芸能活動を休止するなど、一人暮らしで闘病生活を続けていたという。大原さんと連絡が取れないことを不審に思った大原さんの弟が警視庁に連絡。寝室で死亡している大原さんを発見した。
俳優渡瀬恒彦、歌手森進一は元夫。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●2009年8月6日23時26分 スポーツ報知
女優の大原麗子さんが死去
死去した大原麗子さん(1987年撮影)
女優の大原麗子さんが死去したことが6日、分かった。62歳だった。東京・世田谷区の自宅で死亡しているのをこの日、親族から連絡を受けた警視庁成城署員が発見した。死後2週間以上経過しているという。詳細は不明。

大原さんは34年前に発病したというギラン・バレー症候群に晩年も苦しんでいた。筋肉を動かす運動神経が障害され、両手両足が動かなくなる病気で、これまでに何度も再発。昨年11月にも同病が原因で右手首を骨折していた。

大原さんは1964年にNHK「幸福試験」でデビュー。映画の脇役で評価を上げ、以後テレビドラマを中心に活躍。正統派美人女優として人気を集めた。89年にはNHK大河ドラマ「春日局」で主演を努めた。また、サントリーレッドのCMの「すこし愛して、長く愛して」のフレーズでも一世を風靡(ふうび)した。

私生活では73年に俳優の渡瀬恒彦(65)と結婚したが79年に離婚。80年に歌手の森進一(61)と再婚したが、84年に離婚している。
【関連ニュース】
大原麗子、自宅で転倒し右手首骨折…ギラン・バレー症候群発症
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ニッカンスポーツ
大原麗子さん死去
TBSドラマの制作発表で抱負を語る大原麗子さん(1990年撮影)
女優大原麗子(おおはら・れいこ)さんが東京・世田谷区の自宅で亡くなっていたことが6日、分かった。62歳だった。親族が最近、大原さんと連絡がとれなかったため様子を見に行ったところ、亡くなっていたという。

大原さんは99年ごろからギラン・バレー症候群を患っていた。昨年秋には病気の影響で自宅ガレージで転倒し右手首を骨折した。女優復帰を目指していたが、最近は病気の影響による体力の衰えが隠せず、マネジャーや運転手なども置かなくなっていたという。

大原さんは64年にNHK「幸福試験」でデビュー。東映入社後は映画「網走番外地」シリーズなどに出演。数多くの映画、ドラマに出演し、和風な美人女優として人気を集めた。ハスキーボイスによるサントリーレッドのCM「すこし愛して、なが〜く愛して」のセリフが大流行した。渡瀬恒彦、森進一と結婚していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●サンスポ 2009.8.6 21:20
女優の大原麗子さんが自宅で死去
死去していたことが判明した大原麗子さん
サントリーのCM「すこし愛して なが〜く愛して」の名セリフで知られる女優、大原麗子さん(62)が、東京都世田谷区内の自宅で死去していたことが6日、分かった。数日前から連絡がとれなくなったことを不審に思った親族が警視庁に連絡、自宅を訪ねた警察官が亡くなっている大原さんを発見した。

大原さんは1999年に、手足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群を患って以来、仕事をセーブし、闘病生活を送っていた。昨年11月には、自宅ガレージで転倒し、右手首を骨折する重傷を負ったこともある。

「ギラン・バレー症候群」は、急速に腕や脚の筋力が低下し歩行障害などを引き起こす病気。大原さんは発症後1年、芸能活動を休止し、2003年に舞台で復帰したかに見えた。しかし昨年11月、サンケイスポーツの取材に「本当は何度も再発しているんです。でも、同じ病気の方が怖がると思うから」と、病気を公にはせず、その後も密かに病魔と闘っていたことを明かしていた。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●シネマトゥデイ 2009年8月6日 23時34分
大原麗子さん死去 ハスキーボイスの正統派美人多彩な出演作遺す
[シネマトゥデイ映画ニュース] 女優の大原麗子さんが世田谷の自宅で亡くなった。62歳だった。事件性はないとされているが詳細は不明。死後数日たっていたらしい。大原さんは1964年にNHKドラマ「幸福試験」で芸能界にデビュー、翌1965年に映画『孤独の賭け』で映画デビューを果たした。1978年の『男はつらいよ 噂の寅次郎』と6年後の『男はつらいよ 寅次郎真実一路』で2回もマドンナを演じている。映画『網走番外地 北海篇 』をはじめ『網走番外地』シリーズや『居酒屋兆治』などで高倉健とはたびたび共演。梅宮辰夫とも『赤い夜光虫』『昭和最大の顔役 』『夜の牝犬』など共演作が多かった。

また、市川崑監督とは『おはん』、木下恵介監督とは『新・喜びも悲しみも幾歳月』など日本の名匠との作品も数々残し、昭和を代表する女優の一人と言ってもいい。また、かすかなハスキーボイスと鈴をころがしたようなチャーミングな声の両方を併せ持ち、明石家さんまがよくマネをしていたことも。出演作に『ドリフターズですよ! 前進前進また前進』などもあるが、バラエティ番組にも時折顔を出し、コメディエンヌとしての顔も魅力的な女優さんだった。

1990年代に出演した、テレビドラマ「春日局」の主演やビートたけしと共演した「浮浪雲」は印象深い。ギラン・バレー症候群の症状が重くなってからは出演作も少なくなってしまったが、彼女の演技を一度は見たことがあるものなら、最近見ないけど、どうしているのだろうと気にかけていたことだろう。ご冥福をお祈りいたします。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
日テレ < 2009年8月6日 22:55 > 映像
大原麗子さんが都内の自宅で死去 病死か
6日夜、女優・大原麗子さんが東京・世田谷区の自宅で死亡しているのが見つかった。62歳だった。

警視庁によると、今月3日、大原さんの弟から「大原さんと約2週間、連絡が取れなくなっている」と電話で相談があった。6日午後7時ごろ、大原さんの弟と警察官が世田谷区の大原さんの自宅を訪れたところ、大原さんが2階の寝室のベッドの上であおむけの状態で死亡しているのが見つかった。遺体に争ったような跡はなく、警視庁は事件性は低いとみて、死因の特定を急いでいる。

大原さんは29歳のころから、「ギラン・バレー症候群」という、末梢(まっしょう)神経が冒されて手足の運動に障害が起きる進行性の難病を患っていた。女優業を休止して治療に専念していた去年11月には、自宅で転倒し、右手首を骨折するなどの重傷を負っていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
fnn-news.(08/07 00:26) 映像
女優の大原麗子さん、東京・世田谷区の自宅で亡くなる 享年62
女優の大原麗子さん(62)が、東京・世田谷区の自宅で亡くなっているのが発見された。大原麗子さんの遺体は、6日午後7時すぎ、東京・世田谷区にある自宅の2階の寝室のベッドで見つかったという。遺体に外傷がないことなどから病死とみられ、2週間ほど前から音信不通になっていたという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● T B S 映像なし
女優の大原麗子さん、自宅で死去
女優の大原麗子さんが6日夜、東京・世田谷区の自宅で亡くなっているのが見つかりました。62歳でした。6日午後7時ごろ、大原さんの弟が、2週間前から連絡を取れないことを心配して、警察官と共に世田谷区の自宅を訪ねたところ、大原さんが寝室で死亡しているのを見つけました。
大原さんは、1965年に「孤独の賭け」で映画デビュー。その後、好感度No.1女優として、時代劇やテレビCMなどで大きな人気を集めましたが、10年ほど前から筋肉に力が入らなくなる、ギラン・バレー症候群の治療のため、芸能活動を一時休止していました。
警視庁は、事件性は低いとみていて詳しい死因を調べています。(06日23:32)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ANN 08/07 00:21 映像なし
女優の大原麗子さんが自宅で死亡 事件はなし
女優の大原麗子さん(62)が、東京都内の自宅で死亡しているのが見つかりました。6日、大原さんの親族から「連絡がつかない」と警視庁に届け出がありました。世田谷区の自宅に警察官が駆けつけたところ、家の中で大原さんが倒れているのが見つかりました。大原さんはすでに死亡していました。警視庁によると、事件に巻き込まれた可能性は低いということです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NHK 8月6日 20時59分 映像
大原麗子さん 死去
多くの映画やドラマなどで存在感のある演技を見せた俳優の大原麗子さんが亡くなりました。62歳でした。

大原さんは東京都出身で、昭和39年にNHKのドラマで俳優としてデビューしました。その後、NHKの大河ドラマ「獅子の時代」や「春日局」などをはじめ、多くのドラマや映画に出演し、ハスキーな声の存在感のある俳優として世代を超えた人気を集めました。昭和52年に出演した洋酒のコマーシャルでの「すこし愛して、ながーく愛して。」というセリフは、当時の流行語にもなりました。

大原さんは10年ほど前に手足に力が入らなくなる難病の「ギラン・バレー症候群」と診断され、芸能活動を一時中断して治療にあたっていました。大原さんは、しばらく連絡がないことを心配した親族からの通報で、6日、警察官が東京都内の自宅を調べたところ、亡くなっているのが見つかったということです。警視庁によりますと、事件性はないということです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NHK 8月7日 0時43分 映像
大原麗子さん死去 病死か
俳優の大原麗子さん(62)が6日夜、東京・世田谷の自宅で死亡しているのが見つかりました。死後、数日以上たっているということで、警視庁は病死とみて調べています。
警視庁によりますと、俳優の大原麗子さんは6日午後7時すぎ、東京・世田谷区にある自宅の2階の寝室で倒れているのが見つかりました。すでに死亡しており、死後、数日以上たっているということです。大原さんの弟が「姉と2週間ほど連絡が取れない」と、今月3日に警視庁に連絡してきたため、警察官が自宅を訪ねましたが、鍵がかかっていたため中には入れず、6日夜になって、地元の警察署に来た弟が警察官とともに合い鍵で室内に入ったところ、大原さんが倒れていたということです。警視庁によりますと、大原さんの自宅には鍵がかかっていて、室内に現金なども残されていたということです。警視庁は病死とみて詳しい死因などを調べています。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




●大原麗子さん 死去2009 8 6
多くの映画やドラマなどで存在感のある演技を見せた俳優の大原麗子さんが亡くなりまし た。62歳でした。
大原さんは東京都出身で、昭和39年にNHKのドラマで俳優としてデビューしました。 その後、NHKの大河ドラマ「獅子の時代」や「春日局」などをはじめ、多くのドラマや 映画に出演し、ハスキーな声の存在感のある俳優として世代を超えた人気を集めました。 昭和52年に出演した洋酒のコマーシャルでの「すこし愛して、ながーく愛して。」とい うセリフは、当時の流行語にもなりました。大原さんは10年ほど前に手足に力が入らな くなる難病の「ギラン・バレー症候群」と診断され、芸能活動を一時中断して治療にあた っていました。大原さんは、しばらく連絡がないことを心配した親族からの通報で、6日 、警察官が東京都内の自宅を調べたところ、亡くなっているのが見つかったということで す。警視庁によりますと、事件性はないということです。2009.8.6



●花火〜『愛のつづれ織り』 大原麗子
 アルバム『愛のつづれ織り』(1978), 
 CM『SUNTORY RED』(1981/83/84)より



●大原麗子 ハプニング 明石家さんま 所ジョージ
 この場面、
 本当は笑えることじゃぁ〜なかったんだよね!
 深刻なご病気を抱えてらっしゃっていたわけで、…



●'83-90 大原麗子CM集 vol.2
 少し愛して、なが〜く愛して、。。。。。。


       さようなら、麗子さん、。。。
       ご冥福をお祈り致します。
       合掌、。。。