自民党会派の中川元市議と谷口元市議を刑事告発



富山市議だけではないでしょうから
全国自治体で徹底的に調査しろーって思います。

が、。。。

そんなことしたら、
定数の議員が居なくなる可能性「大」かもしれんwww

ののちゃんの事件が発覚してからも、
改めもしなかった議員はイッパイいるんだろうな、…。

こんな状態で、
【政治とカネ】
政治資金パーティー、白紙領収書が常態化=高市総務相は「法的問題はない」
って、どの口で言うってハナシになるんだけど。
領収書を自筆して良いなんて法はない。

自営業の皆様も、
官房長官や、
大臣を見習って、
白紙領収書の自筆して確定申告に行きましょうぞ!

税務署の皆さん、
認めてくださいな、ってことになるぞ!!!



■KNBニュース 2016/10/06 18:29 現在
富山市が元市議2人を刑事告発
http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=12664


富山市が自民党会派の中川元市議と谷口元市議を刑事告発

富山市議会で政務活動費の不正取得が相次いで発覚していることを受けて富山市が、自民党会派の中川勇元市議と谷口寿一元市議について不正取得で犯罪と思われる事実を確認したとして、県警察本部に、6日、刑事告発しました。

これは富山市の財政課がさきほど午後5時半から発表しました。

告発の対象としたのは、白紙の領収書を使った印刷代の分だけで、中川勇元市議が28件で494万円余り、また中川元市議の不正に加担した谷口寿一元市議が3件で91万円余りです。

富山市は、市議会議長から、政務活動費の不正取得に伴う収支報告書の訂正届と関係書類の提供を受け、有印私文書偽造および行使と思われる内容を確認したことから6日、告発状を県警察本部に提出しました。

県警は、6日の段階では受理はしていないということです。
また、この他不正を認めて辞職した市議10人についても、今後、提出される関係書類の内容を確認するなどして、対応を検討することにしています。


    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!










  「死にたい」と家族に…電通社員の女性が過労死、。。。

  なんとも、。。。。。
  
  一所懸命勉学の励まれて東大を出て、
  親御さんも、
  彼女も、
  きっと、
  前途洋洋なお気持ちでいらしたでしょうね、。。。。。
  
  ご母堂様の一文字に結ばれた口に、
  無念さが見て取れて、…。

  電通だけが会社ではありません。
  きっと、彼女にあった会社があったはずでしょうに、…。


  

厚生労働省 「平成28年版過労死等防止対策白書(本文)

■「過労死白書:全体版 [15,667KB] 



■毎日新聞2016年10月7日 20時37分(最終更新 10月8日 02時31分)
電通新入社員 「過労自殺」労基署認定…残業月105時間
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00m/040/088000c

 広告代理店最大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が昨年末に自殺したのは、仕事量の著しい増加で残業時間が急増してうつ病を発症したためとして、東京労働局三田労働基準監督署は労災と認定し、労災保険の支給を決定した。遺族代理人らが7日、明らかにした。昨年10月9日から1カ月間の時間外労働は約105時間で、その前の1カ月間の約40時間から2.5倍以上に増えていた。

<電通新入社員「体も心もズタズタ」…クリスマスに命絶つ>
<すべての人に生きる支援を>基本法改正、自殺対策の「今」
<20歳以上の4人に1人>「本気で自殺考えたことある」
<学校での自殺予防教育>「あなたは大切」伝えながら
<4カ月間無休で働かされ、店長に包丁で刺された大学生>

 高橋さんは昨年4月に入社し、インターネット広告を担当。試用期間だった9月末まで残業は「遅くとも午後10時まで」と決められていたが、10月以降は業務が大幅に増加し、12月25日に東京都内の社宅から投身自殺した。労基署は11月上旬にうつ病を発症し、業務をこなすのに多くの労力が必要な状態になっていたと判断した。決定は先月30日付。

 遺族代理人の川人博弁護士によると、電通は、社員本人が作成する「勤務状況報告表」の時間外労働が月70時間を超えないよう指導していた。高橋さんは10月に「69.9時間」、11月に「69.5時間」と記載した。
 電通では1991年に入社2年目の男性社員が過労で自殺し、遺族が提訴。2000年に電通が損害賠償と謝罪をすることで和解している。【早川健人】



  厚労省が過労死のリスクが高まると位置づける「過労死ライン」は月の残業が80時間以上。
  昨年度、過労自殺(未遂も含む)で労災認定したのは93件に上る。
  一方で白書には、勤務問題を原因の1つとする自殺が昨年、2159件あったことも指摘。
  過労死の全体像がいまだ明確になっていないことも浮き彫りにした。

  労災認定したのは93件、
  勤務問題を原因の1つとする自殺が2159件

  この問題を、
  一件ずつキチンと (勿論会社名込みで) 解明していただければ、
  大分と改善されると思いますが、…。

  人一人の命を
  突っ込みで計算してしまうから、
  数字だけが分かって、
  肝腎の問題解決の役になんにもならないってわけだね



    
■東京新聞 2016年10月7日 10時06分
初の過労死白書を閣議決定 残業80時間超の企業が2割
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016100701001153.html

 政府は7日、過労死等防止対策推進法に基づく初めての「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。月に80時間を超えて残業をした正社員がいる企業が23%に上るといった長時間労働の実態や、過労死・過労自殺の労災認定件数のデータなどを盛り込み、法制定の経緯や関係法令も収録、基礎資料を網羅した内容になっている。
 法成立に尽力した「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表は取材に「公式な白書という具体的な形をまとめたことは評価したい」とした上で、「個別事案の背景などをもっと掘り下げ、具体的な対策につなげてほしい」と訴えた。
(共同)



  どうして逃げてくれなかったのかと思うのだけれど、
  もう、とっくにそんな段階を過ぎていたんだろうな、。。。
  
  【電通過労死事件】
  管理職が従業員の異常な勤務状況を把握した上でなおそれを改善しようとしない。
  電通内で深刻なパワハラやセクハラが繰り返されていたことが示唆されている。

  人材を育てようとしている会社かどうか見定めることだわね。
  一流企業だからって中の管理職も一流だとはいえないもんね。
  ってことを思い知らされるような事件でした、。。。

  謹んで、
  哀悼の意を表します、。。。。。 
 



■毎日新聞2016年10月7日 21時43分(最終更新 10月8日 17時07分)
電通新入社員 「体も心もズタズタ」…クリスマスに命絶つ
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00m/040/117000c


高橋まつりさんのSNS上の書き込みや友人とのやり取り

 「仕事も人生も、とてもつらい。今までありがとう」−−。昨年のクリスマスの早朝、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから静岡県に住む母幸美さん(53)にメールが届いた。あわてて電話し「死んではだめよ」と話しかけると、「うん、うん」と力ない返事があった。数時間後、高橋さんは自ら命を絶った。

<残業月105時間>電通新入社員「過労自殺」認定
<すべての人に生きる支援を>基本法改正、自殺対策の「今」
<20歳以上の4人に1人>「本気で自殺考えたことある」
<学校での自殺予防教育>「あなたは大切」伝えながら
<4カ月間無休で働かされ、店長に包丁で刺された大学生>

 高橋さんが中学生の時に両親が離婚。「お母さんを楽にしてあげたい」と猛勉強して東京大に入り、電通に入社した。だが高橋さんのSNSの書き込みは昨年10月以降、「体も心もズタズタ」「眠りたい以外の感情を失った」などと深刻になった。「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」などと上司からパワハラ発言を繰り返されていた様子も書かれていたという。

 政府が7日公表した初めての過労死白書は、「過労死ライン」とされる月80時間超の時間外労働をしている企業が2割あると指摘した。幸美さんは7日に都内で記者会見し「娘が生きているうちに対策をしてくれなかったのかという思いでいっぱい」と無念さをあらわにした。

 電通は先月23日、ネット広告を契約通りに流さず、広告主に過大請求していた問題を公表している。高橋さんが所属していたダイレクトマーケティング・ビジネス局もこの問題に関わっていたという。【早川健人】

 ◆相談窓口

相談窓口 〜 一人で悩むより、まず相談を。〜
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/soudan.html

こころの健康相談統一ダイヤル
0570-064-556=相談対応曜日・時間は都道府県によって異なる

自殺予防いのちの電話
0120-783-556=毎月10日午前8時〜11日午前8時にフリーダイヤルの電話相談。
全国のいのちの電話はこちら(http://www.find-j.jp/zenkoku.html)

東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター)
03-5286-9090=年中無休、午後8時〜午前6時(毎週火曜日は午後5時〜午前6時)


  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ