散歩






【GW渋滞情報】テレビ朝日・中央道八王子LIVEカメラ(中央道・八王子バス停付近)
↑東京方面        名古屋方面↓
※夜間は映像が暗く見えにくい場合があります。カメラの位置を変更する可能性があります。

GW、帰省に、レジャーに、お気をつけて行ってらっしゃいー!!ヾ(=^▽^=)ノ





【GW渋滞情報】テレビ朝日・東名高速厚木LIVEカメラ
 ↑東京方面        名古屋方面↓
※夜間は映像が暗く見えにくい場合があります。






【GW渋滞情報】テレビ朝日・東北道久喜LIVEカメラ(東北道・久喜白岡JCT付近)
↑青森方面        東京方面↓
※夜間は映像が暗く見えにくい場合があります。






【GW渋滞情報】テレビ朝日・関越道東松山LIVEカメラ(関越道・東松山IC付近)
↑新潟方面        東京方面↓
※夜間は映像が暗く見えにくい場合があります。






静岡市さった峠 ライブカメラ
静岡市さった峠の「交通の要衝」のハイビジョン高画質ライブ映像です。
NHK 大型連休 高速道路の状況(東名高速 大井松田IC付近・名神高速 瀬田西IC付近)








「憲法9条は世界の宝」

 憲法記念日の三日、日本国憲法は施行から七十一年を迎えた。あまり知られていないが、世界各国で市民団体などが開く国際会議では、戦争放棄を定めた憲法九条を支持する宣言や声明が繰り返されてきた。平和運動に取り組む国内外の市民らは「九条は世界で必要とされている」と口をそろえる。 (坂田奈央)

 ちょうど十年前の二〇〇八年五月四日〜六日、千葉市など国内四会場で「九条世界会議」が開催された。

 四十一カ国・地域からノーベル平和賞受賞者ら約二百人が招かれ、延べ三万人以上の観衆を前に、武力によらずに平和を守る九条の理念を今の世界で生かすには、具体的にどうすればいいのか意見交換。出た意見を集約し、すべての政府に軍事費の削減や「平和省」設置、憲法に平和条項を入れることなどを求める「九条世界宣言」を発表した。

 ガーナからの出席者は「アフリカでも九条の精神を解釈し、紛争と戦争に終止符を打てれば貧困を終わらせることができる」と期待。連合国軍総司令部(GHQ)で日本国憲法の草案づくりに携わったベアテ・シロタ・ゴードンさん(故人)は、改憲しないで他国に伝えれば「いろんな国のモデルになる」と話した。

 九条への関心を高めるきっかけとなったのは、一九九九年のハーグ世界市民平和会議。百カ国以上から平和を願う市民が集まった会議で、日本からも被爆者団体や法律家ら約四百人が参加し、平和憲法の意義などを発信した。その結果、十項目の「基本原則」の一番目に「各国議会は、九条のように政府が戦争することを禁止する決議を採択すべきだ」と明記された。

 その後もさまざまな国際会議で九条は「人類の宝」などと共感を集めている。

 一方、九条を逸脱しかねないような米軍との一体化を進める日本の安全保障政策や、九条自体を変える動きにも度々、警鐘が鳴らされてきた。十年前の九条世界宣言は「九条の存在自体が脅かされている」と指摘。自民党が改憲四項目の議論を進めていた昨年末、ベトナムで開かれた法律家の国際会議では、九条改憲は「アジア諸国全体に著しく影響を及ぼす」と懸念を示した。



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!

















【ETV特集】「平和に生きる権利を求めて〜恵庭・長沼事件と憲法〜」【2018.04.28】
NHKEテレ1 午後11時00分〜 午前0時15分(75分)
自衛隊の合憲・違憲が争われた恵庭事件。裁判の録音がテレビで初めて公開された。裁判で提起された平和的生存権が、その後長沼ナイキ基地訴訟でどう問われてきたのか迫る。
自衛隊をめぐり注目された裁判の録音が公開された。北海道の恵庭事件。演習の騒音に抗議し自衛隊の通信線を切断した酪農家が起訴された。自衛隊が合憲か違憲か争われたが札幌地裁は憲法判断をせず無罪判決を下した。ここで提起された平和的生存権は長沼ナイキ基地訴訟の地裁判決で示され、その後イラク派遣差し止め訴訟の名古屋高裁判決で確定した。今沖縄の基地問題でよりどころとなる平和的生存権をめぐるスクープ・ドキュメント
【語り】高橋美鈴
番組HP:http://www4.nhk.or.jp/etv21c/
<字幕放送>














■【BSプレミアム】アナザーストーリーズ 運命の分岐点「革命家チェ・ゲバラが見た夢」【2018.05.01】
2018年5月1日(火) 午後9時00分(60分)
1959年1月、1人の男が歴史の英雄となった。チェ・ゲバラ。アルゼンチンに生まれたこの医師は、貧困にあえぐ民衆を救うため、異国キューバで革命戦の指揮官となる。部下を心酔させたその人柄を、当時の側近たちが明かす!ゲリラ戦や革命後の国作り、日本への視察で見えた意外な人柄とは?さらにボリビア山中で処刑される直前、最後の望みを聞いた女性が明かす最期とは?死後51年、革命家の決意に迫るアナザーストーリー。

チェ・ゲバラ。アルゼンチンに生まれ、医師となったが、旅行中に民衆の貧しい暮らしを見たことがきっかけで革命家に。天才的なゲリラ戦術でキューバ革命成功の立役者となった。その素顔を側近たちが明かした。

ゲバラの側近だったオマル・フェルナンデス。ゲリラ戦を共に戦っただけでなく、革命後の日本視察にも随行。ゲバラの悲願だった広島訪問にも唯一同行した。ゲバラが広島に行った目的は、そしてその後、キューバを去る決意をした訳は?オマルは今も鮮明に覚えている。

ボリビアの小さな村で小学校教師をしていたフリア・コルテス。ボリビア軍に捕まり、拘束されたゲバラを見た。そこで声をかけたのが縁で、ゲバラの最後の頼みを聞くことに。
キューバの英雄は、今や世界中で反体制運動のシンボルとなっている。
【ナビゲーター】沢尻エリカ
【ナレーター】濱田岳
番組HP:http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/



  最後まで読んでいただきありがとうございました!  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ