【動画】安倍氏と石破氏の一騎討ち 自民党総裁選投開票の様子を生中継



一番最初に申し上げたかったこと。
どうせ、どっちが勝っても、好戦家の二人だから「壊憲」の提示はするでしょう。
国民がノーと言えばイイだけなのですが、…。

どっちが勝っても、
さほどの差はないのですよ。
その証拠に、イシバが、強く自民政治を批判したかといえば、
全くそんなことはありません。
自民政治を擁護し、推し進めることを明言しているのですから、…。

どっちが勝っても、
さほどの差はないのですよ。
日本語が分かるイシバか、分からないアベかの差だけじゃないかなってWWW

アベが3年持つか?ってハナシ!
来年には、参院選があります。
野党次第ではあるけれど、
自民党を倒せる最大のチャンスが来る。

だからねぇ、。。。

私が総裁選より重要視していること。
沖縄県知事選、
こっちの方が遥かに大事よ。
結果次第では、日本の将来を左右すると考えています。
玉城さんが勝ってくれれば大成功です。

相手候補は、
日本会議だし、
極右だし、
教育勅語だし、
こんな相手に勝たれた日にゃ、日本の将来お先真っ暗だからね。
玉城さんが勝つ以外にないんだって思うね。

その意味で、
どうでもいいような総裁選なんぞ眼中になく、
今後の日本の将来が見えてくる沖縄県知事選に注目をしています。

で、
どうでもイイ総裁選の結果は、


・議員票 安倍329 石破73 
・党員票 安倍224 石破181 
・合計 安倍553 石破254票 結果 アベ三選決定。

200票越せば、
それ相応の存在感は示せるでしょう。

つーか、
自民党は、
あんな眼球運動をする人物が総理総裁に相応しいと思ってるのが、
なんとも、この党は、救い難いかなって思うねwww

んで、。。。

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は20日投開票の党総裁選で、
石破茂元幹事長を支持する意向を固めた。
小泉氏は「健全な批判勢力が必要だ」と話しているという。
関係者が20日、明らかにした。
=以上 共同通信


後出しジャンケンで、
党員票が締め切られた後で、
ナンの影響力もない今になって「イシバ支持」って喧嘩売ってるのか?
いつもながら腹黒い男だな、って思わせられるわ。(怒!
こう思うのは私だけでは無いようで、…。
 ▼


自民党総裁選:小泉進次郎氏、石破氏支持へ #SmartNews
この男、多分すげー信じられないやつな気がする。
アキバのヤジで石破になびいたんだろうなぁ。本当嫌。
---------------------------------------------------------------------
小泉進次郎氏、石破氏支持へ 「健全な批判勢力必要」 | 2018/9/20 - 共同通信 https://this.kiji.is/415300792661951585?c=39546741839462401 …
もう自民党には無理ですよ。そういう作用は。
安倍三選したら、一時停止されてる自民党崩壊カウントダウンがまた始まるだけです。
---------------------------------------------------------------------
大勢に影響が無い範囲で言うことは言っとくというアピールかしらん…。http://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/415296106852254817#tw?u=suusue …
“小泉進次郎氏が石破氏支持へ | 共同通信 - This kiji is”
---------------------------------------------------------------------
小泉進次郎氏が石破氏支持へ- 記事詳細|Infoseekニュース https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2018092001000884/ … 
以前石破推してて、今回は勝ち馬の安倍に乗り換えるつもりが、
言い訳を思いつくことができずにこの結果か。タイミングは最悪だな。
---------------------------------------------------------------------
小泉進次郎 石破支持表明
議員票の8割が安倍支持と予想される中、地方票締切後の石破支持表明!
相変わらず薄汚い奴!
---------------------------------------------------------------------
いい子ぶりっ子の小泉進次郎君、
森加計などで、安倍首相を批判する振りはしてもそれを行動に移せない、
お坊ちゃん政治家の限界だな。人気だけの軽い政治家、それが進次郎だ。
人気と言ってもマスコミが作った虚像だから。
---------------------------------------------------------------------
いやーーーーーー、解ってたけど、
さらっと(公プロ以上の)特大卑怯かましてきよったな、小泉進次郎は。
ここまでして、まだ「いい感じ」を装うとしてるのが、
1番腹立つねん、こいつ!!!(怒)
田中真紀子「あの子は汚い、30年前の安倍さん、30年後は今の安倍さん」
これは事実であり予言。
=以上=


皆さん、
親父コイズミも、コイズミドラも、
先ずゴミのよって造られた人気だってことを知らなきゃダメだよって思います。

ハッキリ言って、
コイズミドラの発言にはナンの影響力もありませんから。
影響力があったら、
奴に選挙応援のされた候補は全員当選しなきゃいけないはずでしょ!
落選してる候補の方が多いはずだわ。

それなのにね、
先ずゴミ先ずゴミの所以たるところでしょうが、
如何にも人気があるように、影響力があるように捏造しやがるわけでね、
参っちゃうねw

親父コイズミと、コイズミドラに
騙されないように!
って言うんじゃないよ。


親父コイズミと、コイズミドラに、
影響力があると見せかけるマスゴミに、
騙されないように!
っていうことだから間違わないでね〜♪







ほっとニュース北海道 北海道胆振東地震 関連 20180919


北海道胆振東部地震災害ボランティアセンター(北海道社会福祉協議会)

【参考:豪雨災害に関する義援金・支援金について】
ご協力のほど宜敷くお願い致します!!
【平成30年:北海道胆振東部地震災害義援金(日本赤十字社)】

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/308/
【北海道で最大震度6強 緊急災害支援募金(Yahoo!基金)】
donation.yahoo.co.jp/detail/1630037/
---------------------------------------------------------------------
【平成30年7月豪雨災害義援金】
倉敷市 
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/secure/105678/nishinihonngouusaigaigiennkinn.pdf …
総社市 
http://www.city.soja.okayama.jp/s/kikikanri/sigaisiennkin_uketuke.html
岡山市 
http://www.city.okayama.jp/hofuku/engo/engo_t00026.html …
---------------------------------------------------------------------
【日本赤十字社】
平成30年:北海道胆振東部地震災害義援金
平成30年7月:豪雨災害義援金
平成30年:大阪北部地震災害義援金
平成30年:米原市竜巻災害義援金
平成23年:東日本大震災義援金
平成28年:熊本地震災害義援金
平成29年7月5日:大雨災害義援金



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!










自民党総裁選・投開票 激戦を制するのは安倍氏か石破氏か



■反町理@o_sori。
小泉進次郎氏がきょう「石破支持」を明らかにした。
想像するに小泉氏の真意は「総理は安倍しかいないが、一定の批判勢力は必要」
と言う事だろう。
石破陣営からは「3日早く言ってくれれば党員票では勝てた」と、
安倍陣営からは「自分の影響力をひけらかしている。信用できない」と双方から批判が。
=以上=

そうなるでしょうねw
コイズミドラの鍍金も剥げて来たってことだ。ははは)))



■朝日新聞 2018年9月20日14時28分
【速報中】石破氏が島根で圧勝 他7県も安倍氏を上回る
https://www.asahi.com/articles/ASL9M5JD5L9MUEHF00C.html

事実上の首相を決めるレースの自民党総裁選が開票されます。候補者の安倍晋三首相と石破茂元幹事長を中心に政治家の発言や、開票状況などをタイムラインで追います。

【特集】安倍×石破 二人がみる日本

自民党総裁選を終え、壇上で手をつなぐ安倍晋三首相(右)と石破茂・元幹事長=2018年9月20日午後2時21分、東京・永田町の党本部、岩下毅撮影

寸評=斉藤太郎記者
安倍氏の1強づくり、「応援団」の議員も


 「安倍応援団の一人に『内閣にいるんだろ。石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』と言われた」

 総裁選の終盤の話題をさらったのは、石破派の斎藤健農林水産相のこの発言でした。安倍氏は17日のテレビ番組で「そういう人がいるのであれば、名前を言って頂きたい」といらだち、石破氏は「斎藤さんは作り話をする人ではない。被害者が名乗り出なさいというのは財務省のセクハラ疑惑に似ている」と言い返しました。

 確かに石破氏は3年前の総裁選に出馬しなかった理由を「地方創生相として政権を閣内で支えていたから」と説明します。閣僚としての“流儀”もあるにはあるでしょう。ただ、総裁選のたびに閣内を割って辞任騒動を起こしていたら、行政が機能不全を起こしてしまいます。安倍氏も番組で「斎藤さんからは総裁選前に『石破さんを支持します』と言ってこられて、『どうぞ全力でやってください。同時に農水大臣としても全力でやってくださいね』と申し上げた」と明かしました。

 となると、「安倍応援団」の誰かが勝手に斎藤氏に「大臣を続けたかったら安倍氏を支持しろ」というような圧力をかけたことになります。

 安倍氏の取り巻きは草木もなびけとばかりに強権的に「1強」づくりをもくろむ。安倍氏は討論会などで「私は1強とか言われているが、そんなこと全然ない」とかわしながら、取り巻きの動きを黙認する。「忖度(そんたく)政治」の一面が垣間見えます。

14:30
安倍陣営の甘利氏「大勝だったが、石破候補はしっかり健闘」


 安倍陣営の事務総長を務めた甘利明・元経済再生相は記者団に対し、「大勝だったが、石破候補はしっかり健闘した」と総裁選を総括した。安倍氏の得票が国会議員票に比べて地方票で伸びなかったことについては「党員は判官びいき、バランス感覚が働く」との見方を示した。

14:20
当選の安倍氏「憲法改正に取り組む」


 連続3選を果たした安倍氏は、両院議員総会で「戦いは終わった。全ては国民のため、みんなで一致協力して新しい日本をつくろう」とあいさつし、挙党態勢の構築を呼びかけた。善戦した石破氏に「健闘をたたえたい」と述べると、石破氏は自席で笑顔で一礼した。安倍氏は重ねて、「皆さまと憲法改正に取り組む」と改憲に向けた決意を語った。

 その後、安倍氏と石破氏は壇上で握手。敗れた石破氏だが、満面の笑みを浮かべた。

 安倍陣営の橋本聖子参院会長が「終わればノーサイド。一致結束して前に進む」と音頭を取り、「日本国、自由民主党、バンザイ」とバンザイ三唱で締めくくった。

14:10
安倍氏、553票で連続3選 石破氏は254票


 総裁選の開票結果が発表された。

 安倍晋三首相は553票(国会議員票329票、地方票224票)。

 石破茂元幹事長は254票(国会議員票73票、地方票181票)。

 安倍氏の連続3選が決まった。

石破氏が島根で圧勝 群馬・茨城・三重・富山・高知・徳島・宮崎でも上回る

 自民党総裁選は、党員・党友による地方票の開票作業が各都道府県で進んだ。

 朝日新聞の取材によると、3選を目指す安倍晋三首相の地元・山口県や和歌山県など首相が石破茂・元幹事長を上回る県が多いものの、石破氏も事前の両陣営の予想より健闘。島根県では石破氏が圧勝しているほか、群馬、茨城、三重、富山、高知、徳島、宮崎各県でも石破氏が得票数で上回っている。

 首相支持の国会議員が多数を占める県でも、地方票では石破氏が首相票に迫る結果が出ているところもある。秋田県は数百票差で、わずかな差となっているという。石破氏を支持する吉田博美参院幹事長の地元・長野県は接戦だったという。

【随時更新】都道府県別の地方票の情勢

北海道  

青森県  安倍氏が優勢

岩手県  

宮城県  

秋田県  安倍氏やや優勢

山形県  

福島県  安倍氏が優勢

茨城県  

栃木県  安倍氏がやや優勢

群馬県  石破氏がやや優勢

埼玉県  安倍氏がやや優勢

千葉県  安倍氏がやや優勢

東京都  安倍氏が優勢

神奈川県 

新潟県  安倍氏が優勢

富山県  石破氏がやや優勢

石川県  安倍氏が圧勝

福井県  安倍氏が優勢

山梨県  

長野県  

岐阜県  

静岡県  安倍氏が優勢

愛知県  安倍氏やや優勢

三重県  石破氏やや優勢

滋賀県  安倍氏が優勢

京都府  

大阪府  安倍氏が優勢

兵庫県  安倍氏やや優勢

奈良県  安倍氏が圧勝

和歌山県 安倍氏が圧勝

鳥取県  

島根県  石破氏が圧勝

岡山県  

広島県  安倍氏が優勢

山口県  安倍氏が圧勝

徳島県  石破氏が優勢

香川県  

愛媛県  

高知県  石破氏が圧勝

福岡県  安倍氏が圧勝

佐賀県  ほぼ互角

長崎県  安倍氏が優勢

熊本県  安倍氏やや優勢

大分県  安倍氏が優勢

宮崎県  石破氏が優勢

鹿児島県 安倍氏が優勢

沖縄県  

(朝日新聞社の独自取材による)

もうすぐ開票結果判明

 安倍氏にとっての総裁選は、憲法改正をめぐる自民党内の異論を封じ込める場としたかったのでしょう。討論会で石破氏に投げかけたテーマも、演説の締めくくりの定番も「9条改正」でした。

 9条改正をめぐる2人の立ち位置は、端的にいうと安倍氏が「現実主義」、石破氏が「原理主義」です。

 安倍氏は9条の1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持)を残したまま、自衛隊の存在を明記する案を提唱しています。「政治家は学者でも評論家でもない。正しい論理を述べていればいいということではなく、結果を出すことだ」と強調し、「まず与党の中で賛成を得られる条文にする」と説明します。9条改正に否定的な公明党の理解を得るための現実的な妥協案だと言いたかったのでしょう。

 石破氏は2項を削除し、正面から自衛隊を「戦力」と位置づけるべきだと主張しています。自民党内での長年の議論に沿った内容で、石破氏は「安倍さんが幹事長時代に言っていたこととほとんど一緒」と訴えました。「国民に誠実に正直に説明する」として、スケジュールありきの改憲論議も批判します。

 安倍氏が総裁選で掲げた「責任、実行。」のキャッチフレーズそのままに、一気呵成(かせい)に改憲論議を引っ張っていくのか。行方を占う総裁選の開票結果が明らかになるのは、もうすぐです。

13:20
安倍氏も投票


 安倍氏の名前も呼ばれた。報道陣のカメラのフラッシュが一斉にたかれる。壇上で投票用紙に名前を書き、投票箱に投じた。口を固く結び、うつむき加減でゆっくりと歩を進めた。自席に戻り、隣の議員たちと笑みを浮かべた。

 国会議員の投票は続いている。安倍氏や石破氏らが結果を待つ中、スマホで投票風景を撮影している議員もいる。

13:10
石破氏が投票、微妙に笑み 支持明言の進次郎氏も投票


 国会議員による投票が進む。投票は50音順。石破氏の名前が呼ばれ、ホールの壇上の投票用紙の記載台に向かった。口をかたく結んで名前を書いた後、投票箱の前に。用紙を入れる際、微妙に笑みを浮かべた。その後は自席に戻り、目をつむったり、隣席の議員と小声で話したりしながら開票結果が出るのを待っている。

 石破氏に投票する考えを明かした小泉進次郎筆頭副幹事長も投票を済ませた。

寸評=藤田直央記者
総裁選の仕組みは?


 自民党総裁選は20日午後1時から国会議員の投票があり、全国の党員・党友による地方票と合わせた開票結果で総裁が決まります。現職の安倍晋三首相(63)と、3度目の挑戦となる石破茂・元幹事長(61)の一騎打ちです。

 国会議員の投票は東京・永田町の自民党本部8階のホールで。405人の議員が衆院議員、参院議員の順に氏名の50音順で呼ばれ、順に舞台に上がって投票用紙を受け取り、「記名台」で意中の候補の名を書きます。「議員票」は1人1票で計405票です。無記名投票のため、開票結果からは、誰が誰に投票したのかはわかりません。

 地方票は、党費や会費を納める全国の都道府県の党員・党友約104万人の投票が元になります。この投票数全体を議員票と同じ405票とみなし、両候補の実際の得票に応じて比例配分されます。

 安倍氏と石破氏による計810票の争奪戦の結果は、党本部での議員投票と開票を経て午後2時20分ごろにその場で発表されます。

寸評=斉藤太郎記者
麻生氏の「冷や飯」演説はウソ


 「冷や飯を食わせるなとか言っている人たちがいるみたいですけど、覚悟が足りない。覚悟がない人に日本のかじ取りを任せるわけにはいかない」

 安倍陣営の麻生太郎財務相は19日夜、秋葉原駅前での街頭演説でこう訴えました。石破陣営への批判です。政治家が権力闘争をやるからには「腹をくくれ」と言うのも一理あります。

 ところが麻生氏は、自らが福田康夫氏との一騎打ちに敗れた2007年9月の総裁選を振り返り、こうも言いました。「『冷や飯を食う覚悟でついてくる人だけお願いします』と申し上げ、ついてきてもらった人が安倍晋三、中川昭一、菅義偉、甘利明。われわれは間違いなく残り1年間、まったく無役で終わった」

 これは誇張を通り越して、ウソです。福田内閣で甘利氏は経済産業相に再任されました。08年8月に福田氏が内閣改造した際、当の麻生氏も党幹事長という「超要職」に就きました。

 時の権力者が威圧的にいい加減なことを言うと、「権力をもてあそんでいる」と思われても仕方がありません。政治家同士の「恫喝(どうかつ)・脅迫」が問題視されるのも、むべなるかな、です。

13:00
国会議員の投票始まる


 自民党総裁選の国会議員による投票が党本部のホールで始まった。安倍晋三首相と石破茂元幹事長は自席に座り、緊張した面持ちで議員たちが投票する姿を見つめている。午後2時過ぎに開票結果が発表される見通し。

 総裁選は国会議員1人1票の405票と、約104万人の党員・党友による地方票405票の計810票を争う。5派閥の支持を受ける安倍氏は国会議員票の8割超を確保する情勢だが、19日に締め切った地方票では、石破氏が健闘していることが朝日新聞の取材で明らかになっている。

12:50
小泉進次郎氏「石破さんに入れます」記者団に明言


 小泉進次郎・自民党筆頭副幹事長は午後0時50分ごろ、党本部で記者団の取材に応じた。「報道の通り。石破さんに入れます。理由は後で」と語り、石破茂氏に投票する意向を初めて公に明らかにした。

12:00
安倍氏「批判のための批判は行わない」 甘利氏ら300人超、カツカレーで出陣の会


 安倍陣営は総裁選の国会議員投票を前に、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで「必勝出陣の会」を開いた。300人超の自民党議員が詰めかける中、安倍氏は「みなさまとともに決戦の場に臨みたい。何としても勝利を収め、みなさまとともに新しい国づくりを進めていきたい」と呼びかけた。

 安倍氏は「私はこの総裁選で二つの原則を自分に課した。徹底的に具体的な政策を訴えることと、批判のための批判は行わないことだ」とも語った。総裁選で森友・加計学園問題がテーマの一つとなったことに、反論したかたちだ。

 安倍氏らは会合前、「勝つ」に引っかけた縁起担ぎでカツカレーを食べた。陣営の事務総長の甘利明・元経済再生相も「議員投票の後に、万感の思いでバンザイをさせてください」と気勢を上げた。

写真・図版:自民党総裁選出陣式で握手する安倍晋三首相(左)と甘利明・選対本部事務総長=2018年9月20日午後0時6分、東京都千代田区のホテル、飯塚晋一撮影

12:00
石破氏「政治家は国民の声に忠実であらねば」 竹下氏らとカツカレーで出陣式


 石破氏の陣営も正午に党本部で出陣式を開き、国会議員は竹下亘総務会長ら約45人が集まった。

 昼食はこちらも験担ぎのカツカレー。石破氏はあいさつで「我が党は闊達(かったつ)な議論がある党でなくてはならない。私利私欲に基づくものではなく国家、自民党、次の時代のために、政治家は己を捨てて国民の声に忠実であらねばならない。自民党はそういう党だと天下に示した戦いだったと思う」と選挙戦を振り返った。

 地方票の開票が進み、健闘が徐々に伝えられている石破氏。「自民党がさらに国民に近い政党としてこれから先もやっていくために、この戦いはこれで終わらない。来年は統一地方選、参院選。私も全力で全身全霊で、一人ひとりの方にお訴えをする」と語り、「今後」に力を込めた。

写真・図版:石破陣営の会合でカツカレーを食べる自民党の石破茂・元幹事長(中央)=2018年9月20日午後0時12分、東京・永田町の自民党本部、岩下毅撮影

11:00
菅長官、圧力報道「コメント控える」


 午前11時過ぎ、菅義偉官房長官が首相官邸で定例の記者会見。総裁選への所見を求められると、「党規約に従って粛々と行われる」とのみコメントした。

 さらに記者が、石破派の斎藤健農林水産相への「辞任圧力」問題などを巡り「反首相陣営に圧力がかかっているという報道が続いているが、この状況をどう受け止めるか」と問いを重ねたが、菅氏は「そうしたことに政府の立場でコメントすることは控える」と述べるにとどめた。

10:00
安倍氏「静かに結果待ちたい」


 安倍氏は午前10時ごろ、首相官邸に入った。記者団に「どのような気持ちか」と問われ、「選挙ですから、最後まで全力を尽くし、後は静かに結果を待ちたいと思います」。立ち止まることなく、淡々と答えた。

写真・図版:首相官邸で、自民党総裁選について記者の問いかけに答える安倍晋三首相=2018年9月20日午前9時55分、岩下毅撮影

09:30
大阪府連、場所を変更して開票


 自民党大阪府連の開票作業が大阪市内の民間ビルで始まった。この前日、「時限爆弾を仕掛けたとネットに書かれている」との封書が関係先に届いたため、念のため当初予定していた府連本部(大阪市中央区)から会場を変更した。

 「総裁を選ぶ大事な選挙。間違いのないよう確実に開票にあたっていただきたい」。府連の朝倉秀実幹事長は、集まった府連職員や議員秘書ら約40人に呼びかけ、緊張感が漂う中、粛々と開票作業が進められた。

写真・図版:開票作業を進める自民党大阪府連の職員や議員秘書ら=大阪市中央区、新田哲史撮影

09:00
石破氏、派閥ではなく「それぞれの議員が判断を」


 総裁選の審判を待つ安倍晋三首相と石破茂元幹事長。石破氏は午前9時ごろ、東京・赤坂の衆院議員宿舎を出る際、記者団に「(国会議員は)有権者によって選ばれている。それぞれの判断が有権者に説明できるかどうかであって、『派閥が決めましたので』ということで、どれほど説得力を持つか。それぞれの議員さんが判断されることだと思う」と語った。細田派、麻生派、岸田派、二階派、石原派が安倍氏支持を打ち出す中、国会議員たちに「個人の判断」を呼びかけたかたちだ。

写真・図版:記者の質問に答えた後、議員宿舎を出る自民党の石破茂・元幹事長=2018年9月20日午前9時6分、東京都港区、伊藤進之介撮影

安倍氏が国会議員の8割超 石破氏の巻き返しが焦点

 自民党総裁選は午後1時ごろ、東京・永田町の同党本部で国会議員による投票が始まる。2時過ぎには国会議員票と地方票の開票結果が合わせて発表され、新総裁が選出される見通し。

 安倍晋三首相(総裁)が連続3選に向け国会議員を中心に支持を固める中、石破茂・元幹事長がどこまで巻き返せるかが焦点だ。

 総裁選は国会議員1人1票の405票と、約104万人の党員・党友の投票による地方票405票の計810票を争う。安倍氏は国会議員票の8割超を確保する情勢となっている。

 新総裁の任期は3年。来年に入ると春の統一地方選や天皇陛下の退位、夏の参院選、10月の消費税率10%への引き上げと、多くのハードルが立ちはだかる。安倍氏が3選を果たすとしても、石破氏が地方票などで一定の存在感を示した場合、思わぬつまずきが生じる可能性は高まる。

写真・図版:自民党総裁選 圧勝・善戦・接戦の目安



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中!ポチッ!ヨロシク〜♪
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ