s-20181229日本海上自衛隊


日本は、
国際社会で孤立しないかと、
いやいや、もう孤立しているのかもしれない、。。。
トンデモな政治家が総理になったもんだ。



ここまで来ると泥沼化するのは日韓問題ではなく、もはや日本の国際社会での立場だ。
レーダー照射ビデオ。
韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。
日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。
---------------------------------------------------------------------
レーダー照射問題、「コラ!」で済む程度の問題だが、韓国の対応も疑問だ。
こっちも「ごめん」で済む問題だろう。
そこで安倍とネトウヨが出て来て問題を大きくする。
ささいな問題が大喧嘩に発展するのは、人同士も国同士も同じ。
後から思えば、「あのときやめとけばよかった」で済む話が発端。
---------------------------------------------------------------------
もし韓国軍が誤ってレーダー照射したら謝ったら済む話だし、
防衛省が映像を公開してアホを煽るのも間違いだ。
安倍の目的は移民政策で離反した右翼保守層を「嫌韓」で繋ぎ止めるためだが、
アホはまんまと引っかかって騒いどる。
「憲法9条は戦争したがる愚か者から国を守るためにある」
その通りだ‼️
---------------------------------------------------------------------
たぶん今回の韓国のレーダーよりも、
ちょっと前に北朝鮮の船にぶつけられたり中国の船に水産庁職員を
かっ拐われそうになったときのほうが現場は緊迫してたんだろうな。
でもなぜかそのとき安倍政権は沈黙してた。
韓国のレーダーにだけ大騒ぎしてやがる。こいつらいったい何やってんの?
---------------------------------------------------------------------
韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射の映像を公開した要因は、
安倍首相が「韓国に対し相当頭にきていた」からの指示だと。
感情で政治判断する政府など、危険すぎてゾッとする。
渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も―映像公開(時事通信)
---------------------------------------------------------------------
レーダー照射問題。
証拠とされる録音公開されたが隊員別に驚いてもいない。
当たり前じゃん、韓国が撃たないの分かりきってるんだからさ。
何を煽ってんだよ、この天ぷら野郎!
---------------------------------------------------------------------
防衛省発表 レーダーの証拠
「なんか船おるで。韓国の船やわ。撮影したれ」
「あ、火器管制(FC)レーダーかなんか出してるで」
「ホンマか。一応聞いてみよか」
「砲はこっち向いてないな」
「おーい、日本や。FCアンテナこっち向いとるで。なんでや?」
「返事ないわ」
 ↓
随分とのんびりしてる印象。
ロックオンされてないし
 ↓
今までの日韓のやりとりを証明しただけでは?
・レーダーは照射されたというより感知した(捜索用)
・砲塔は向けられていなかった(攻撃の意思なし)
・レーダのアンテナは自衛隊機を向いていた(カメラ撮影)
 ↓
韓国の言い分が変わったことを問題視する意見があるけど、
韓国の公式発表は一貫しています。動画がそれを裏付けています。
・探索用に全てのレーダーを駆動していた(マニュアル通り)
・自衛隊機を威嚇、攻撃する目的でレーダを照射はしていない
・自衛隊機に対してはカメラを向けて写真撮影した
---------------------------------------------------------------------
コロコロ変わってる韓国だって言うが‼
コロコロ変わってるの日本だよ‼
低空飛行はしてないと言ってたのにレーダを目視したとか、
映像では思いっきり低空飛行だよ‼
---------------------------------------------------------------------
そもそもロックオンされたら警報が鳴り、全力回避の筈が、何なんだこれは!!
韓国海軍からの火器管制レーダー照射の映像、防衛省がYouTubeで公開
※緊迫した印象よりも比較的ノンビリした印象を受けますよね。
 砲塔は向けられていなかった。と、いうことは闘う意思はゼロだった。 
---------------------------------------------------------------------
砲が向いてないことを確認してるのね。
映像ではレーダー自体は映らないが、レーダーを照射され、
先方の砲はこちらを向いていなかった、ということなんだろう。
何なんだ、拳銃突きつけられたのと一緒だと言い募ってきたのは。
=以上=


日本も、韓国も、
「ごめんな!」で済むハナシじゃないかっと。
それがこんな大事にさせたのはアベじゃないか。

対韓国とも冷えた関係で、
対中国とも冷えた関係で、
そうしたのもアメポチのアベじゃないか!ボケ!!!



●時事通信 2018年12月28日18時38分
渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も−映像公開
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122800890&g=pol

 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり日韓の主張がぶつかる中、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。

レーダー照射、映像公開=海自機撮影−防衛省

 防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、岩屋毅防衛相も否定的だった。複数の政府関係者によると、方針転換は27日、首相の「鶴の一声」で急きょ決まった。

 韓国政府は11月、日韓合意に基づく元慰安婦支援財団の解散を決定。元徴用工訴訟をめぐり日本企業への賠償判決も相次ぎ、首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)という。
 そこに加わったのが危険な火器管制レーダーの照射。海自機への照射を否定する韓国の姿勢に、首相の不満が爆発したもようだ。
 首相の強硬姿勢は、2010年9月に沖縄県・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で対応のまずさを露呈した旧民主党政権の教訓も背景にある。

 当時、海上保安庁が撮影した映像を菅内閣は公開せず、海上保安官がインターネット動画サイトに投稿して騒ぎが拡大。首相は13年12月の党首討論で「出すべきビデオを出さなかった」と批判した。政府関係者は今回の首相の胸の内を「後で映像が流出するのも嫌だから『出せ』と言っているのだろう」と解説した。(2018/12/28-18:38)



    当  ブ  ロ  グ  へ  の
    皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!




s-20181229海上自衛隊






韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について





Regarding the incident of an ROK naval vessel directing its FC radar at an MSDF patrol aircraft



  日本海上自衛隊・「Japan Maritime Self-Defense Force」
  日本海軍・「Japan NAVY」
  重大なことなので注視したいと思います。

  海自は、自身で「Japan NAVY(日本海軍)」と名乗っているのですね。
  国際的にも、そういう認識なのだということですね。

  私にはそのことが重大なことのように思うのです。
  いつから軍隊になったのだと!
   
  だから、
  自衛隊も動画を出し渋ったのかな?
  少なくとも一部分ではそうなのかもしれねいね、って思ったね。


  それで、。。。

  海上自衛隊って英語で言っても伝わらないから
  ソマリア沖の海賊に対しても''こちらは日本国海軍''と警告してる。
  =以上=

  という方がいらっしゃいましたが、
  だとしたら、ここでの海自の訳はおかしいでしょうが!!

  「Japan NAVY」と自ら言っているんだから、
  訳す時に、「日本国海上自衛隊」ってなんやねん!ってことだわ!
  そのまま、「Japan NAVY(日本国海軍)」って訳せよ、ってことになる!
  そうじゃないか!




●NHK 2018年12月28日 21時48分
レーダー照射 そのとき哨戒機内では… 隊員やり取り詳細
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181228/k10011763001000.html

自衛隊の哨戒機が韓国軍の艦艇から射撃管制用レーダーの照射を受けた問題で、防衛省が公開した映像の、機内の隊員たちのやり取りは次のとおりです。一部音声が消されていますが、防衛省はそれ以外の加工はしていないとしています。用語の説明は映像の字幕をそのまま記載しています。

クルー「2隻ともに1000ヤード間隔の間にいる。」

機長「これより、WARS(韓国警備救難艦「サンボンギョ5001」)の撮影を実施する。」

機長「WARS」
「左側に小型ゴムボートと思われるもの視認」

クルー「クァンゲト・デワンは回頭中、240度まで回頭している。」
「画面中央WARSを撮影中」
「まもなくアビーム(正横通過)する」
「アビームスタンバイ」
「マーク(今)アビーム」
「左舷にゴムボート2隻」
「その間に漁船のような1隻を確認した。」
「現在左舷艦艇をアビームする。」
「アビーム スタンバイ」
「マーク アビーム」
「ヘリデッキについてはヘリ等格納されていない。」
「格納庫にヘリ等はなかった。レーダー回転中」
「特異事象等はなし」
「Korea South WARS ビジュアルコンタクト ポジション」★ピー音(位置)
「コース300度8ノット」★ピー音(確認作業中)

機長「ネクスト(次)」
「クァンゲト・デワンの回頭針路240度から」
「このまま回り込んで」
「ネクスト クァンゲト・デワンの右舷を撮影していく。」

クルー「漁船まもなく左側」
「さきほど撮影した、艦番号5001」
「サンボンギョであることを確認した。」
「情報ありましたよね。」
「情報は」「ありますね。」「サンボンギョ」★ピー音(確認作業中)
「WARS?」「違いますね。」
「WARSの目標情報はないですよね?」「なし」
「クァンゲト・デワン(の情報)もなし?」「なし」
「機長、この、やつは撮ったんですか?」

機長「まだ撮ってない。結局全景、今、失敗しちゃったので」
「これ撮ったあと、上昇して全景撮っていこうか。」
「ネクスト クァンゲト・デワン船尾から」
「右舷の撮影に入っていく。」
「目標は11時(の方向)3マイル」
「今のところ呼びかけ等なし」

クルー「U(UHF)/V(VHF)1,2,3,4」
「国V(国際VHF)Vガード(VHF緊急周波数(121.5MHz))、Uガード(緊急周波数(243.0MHz))モニター中」
「現在、画面では左側 WARS」
「右側 韓国艦艇クァンゲト・デワン」
「現在、画面でズームアップ艦尾撮影中」

機長「本機、ターゲットの右舷アビームする。」
「艦番号、後で確認する。」

クルー「レーダーアンテナは回転中」
「ヘリの格納庫内、見える限りヘリの格納されているのを確認できない。」
「まもなく」
「スタンバイ マーク アビーム」
「971 971」
「その他特異事象なし」
「艦番号571ではないかと」

機長「了解 571」

クルー「ビジュアルコンタクト」★ピー音(位置)
「190度 8ノット」★ピー音(確認作業中)
「艦番号971、971」
「左上昇旋回、ネクスト全景の方、映していく。」
「韓国の5はあんまり見ないですね」
「現場の天候、風は050度15ノット」
「視程20キロ」
「雲は2CU(積雲 雲量2) 030(雲高3000ft)」
「波1(さざ波がある程度) うねり1(弱いうねり)」
「うねりの方向 ノースtoサウス」
「現在飛行高度1000フィートまで上昇中」

機長「1500まで上昇し全景をおさえていく。」

クルー「1500ftレベルオフし全景撮影を実施する。」
「現在画面で2隻」
「WARS5001 クァンゲト・デワン」
「971,撮影している。」★ピー音(確認作業中)

機長「はい 了解」
★「FC(火器管制レーダー)探知」と左上に大きく赤い字幕
自機の10時方向 約5000メートル

クルー「出しています。」
「FC系出してる」

機長「はい 了解」

クルー「FCコンタクト(火器管制レーダー探知)」★ピー音(確認作業中)
「避けた方が良いですね。」
「砲の指向等を確認(する)」

機長「確認せよ。」

クルー「了解」「コンテニューホールド(継続探知)」

機長「隔離する。一旦隔離する。」

クルー「コンテニューホールド」

機長「はい 了解」

クルー「めちゃくちゃすごい音(電波強度強い)だ」★赤い字幕
「オグジュアリー(探知した電波などの音を聴くことができる装置)確認中」
「この音覚えておいて下さい。」
「砲はこちらを向いていない。」
「砲の向首は確認していない。」★ピー音(確認作業中)

機長「はい」「はい 引き続きVTR撮影中」★ピー音(確認作業中)
「了解」

クルー「はい コンテニューホールド」★ピー音(確認作業中)
「FCレーダーらしき電波探知」

機長「一応 呼びかけてみようか」★ピー音(確認作業中)

クルー「そちらの方から出てくるのは間違いなし」
「うちら電波 えー」
「今止まりましたね。」

機長「今止まった」

クルー「まだ あっ 今 ダメです。」
「今遠い。★ピー音○○○(確認作業中)」

機長「はい ★ピー音○○○(確認作業中)」

クルー「★ピー音○○○(確認作業中)チャレンジした。」

機長「はい」

クルー「了解、ちょっと確認しておいて下さい。」
「IFT、できれば」
「★ピー音(確認作業中)見れたらお願いします。」★ピー音(確認作業中)

クルー「FCらしき 信号をコンタクト(探知)」
「えーと機長★ピー音○○○(確認作業中)」
「現在進行形ではないですが『確認した』まで」

機長「一応(司令部に)言っておこうか。」

クルー「確認します。」

機長「はい」「TACO2(ツー)はSAT(通信衛星)HOT(通信中)ね」

クルー「はい 了解」

クルー「3(スリー)サイドで確認する。」

機長「はい」

クルー「ではTACO1(ワン)でやりますね。国V121.5」

機長「はい 了解」
★「FC探知」と左上に大きく赤い字幕
自機の12時方向 約8000メートル

クルー「また(FC)探知」
「★ピー音○○○(確認作業中)でコンタクトした旨及び」
「今コンタクトした旨SAT(衛星通信)で一報しておく。」

機長「はい 了解」
★「FC探知」と左上に大きく赤い字幕
自機の12時方向 約8000メートル
「『現在離隔中』も言っておいてね。」

クルー「はい 了解」
★以下、英語で呼びかけ★
「韓国海軍 艦艇,韓国海軍 艦艇」「艦番号971,艦番号971」
「日本国海上自衛隊,こちらは日本国海上自衛隊」
※This is Japan NAVY(こちらは日本海軍),This is Japan NAVY(こちらは日本海軍)
「貴艦のFCアンテナが我々を指向したことを確認した。」
「貴艦の行動の目的は何ですか。」
「韓国海軍 艦艇,韓国海軍 艦艇」「艦番号971,971」
「こちらは日本国海上自衛隊」
「貴艦のFCアンテナが我々を指向したことを確認した。」
「貴艦の行動の目的は何ですか。」
★「韓国海軍艦艇からの応答なし」の字幕★

クルー「現在後尾5マイル」
「ネクスト国Vは156.8でいきます。」

機長「はい」
★以下、英語で呼びかけ★
「韓国海軍 艦艇,韓国海軍 艦艇」
「こちらは日本国海上自衛隊,こちらは日本国海上自衛隊」
「韓国海軍 艦艇」「艦番号971」
「こちらは日本国海上自衛隊」
「貴艦のFCアンテナが我々を指向したことを確認した。」
「貴艦の行動の目的は何ですか。」
「韓国海軍 艦艇,韓国海軍 艦艇」
「艦番号971,971」
「こちらは日本国海上自衛隊」
「貴艦のFCアンテナが我々を指向したことを確認した。」
「貴艦の行動の目的は何ですか。」
★「韓国海軍艦艇からの応答なし」の字幕★

クルー「はい★ピー音○○○(確認作業中)」

機長「はい 了解」★ピー音(確認作業中)

機長「はい 了解」★ピー音(確認作業中)

クルー「間違いなく向こう(韓国艦艇)のFC系です。」★ピー音(確認作業中)

クルー「はい」★ピー音(確認作業中)

機長「えーと記録がとれているか確認して下さい。」

クルー「はい一応★ピー音○○○(確認作業中)は終了」
「あと、★ピー音○○○(確認作業中)」
「★ピー音○○○(確認作業中)データはとれています。」

機長「はい 了解」
「U/V2をUガードに換えてくれる。」

クルー「はい 了解」
「機長Uガードでまだ交話やってないのでやります。」
「機長 IFT」

機長「はい 送話」★ピー音(確認作業中)

クルー「とれています。」

機長「了解」★ピー音(確認作業中)

機長「はい 了解 ありがとうございます。」★ピー音(確認作業中)

クルー「TACO1(ワン)再度呼びかける。」「U/V2セット」
★以下、英語で呼びかけ★
「韓国海軍 艦艇,韓国海軍 艦艇」
「こちらは日本国海上自衛隊」
「韓国海軍 艦艇」「艦番号971」
「こちらは日本国海上自衛隊」
「貴艦のFCアンテナが我々を指向したことを確認した。」
「貴艦の行動の目的は何ですか。」
★「韓国海軍艦艇からの応答なし」の字幕★
「韓国海軍 艦艇」「艦番号971,971」
「こちらは日本国海上自衛隊」
「貴艦のFCアンテナが我々を指向したことを確認した。」
「貴艦の行動の目的は何ですか。」

映像の長さ:13分7秒 終



 最後まで読んでいただきありがとうございました!
 2つのblogランキングに参加中!ポチッ!ヨロシク〜♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ニュースブログへ