s-20200808.政治部不信png



【衆議院インターネット審議中継】
(第174回国会〔2010年1月18日〕以降から本日までの映像を継続して提供)

【参議院インターネット審議中継】
(2017年・2018年)2017年1月から本日までの映像を継続して提供)



























●8月26日(水)衆議院
09:00 内閣委員会

【会議に付する案件】 
 内閣の重要政策に関する件
 公務員の制度及び給与並びに行政機構に関する件
 栄典及び公式制度に関する件
 男女共同参画社会の形成の促進に関する件
 国民生活の安定及び向上に関する件
 警察に関する件
【発言者】
 松本文明(内閣委員長)
【質疑者】 時間は若干のズレがあります!
 09:00-09:15 井上 信治(自由民主党・無所属の会)
 09:15-09:30 太田 昌孝(公明党)
 09:30-09:50 今井 雅人(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)
 09:50-10:10 大島 敦(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)(関連)
 10:10-10:30 大河原 雅子(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)(関連)
 10:30-10:50 早稲田 夕季(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)(関連)
 10:50-11:10 吉田 統彦(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)(関連)
 11:10-11:30 中谷 一馬(立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)(関連)
 11:30-11:50 塩川 鉄也(日本共産党)
 11:50-12:00 浦野 靖人(日本維新の会・無所属の会)
【答弁者】
 西村康稔(経済再生担当 全世代型社会保障改革担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政策))
 西村明宏(内閣官房副長官)
 平将明(内閣府副大臣)
 稲津久(厚生労働副大臣)
 橋本岳(厚生労働副大臣)
 御法川信英(国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣)
 今井絵理子(内閣府大臣政務官)
【参考人】
 尾身茂(参考人 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長)
---------------------------------------------------------------------

●参議院
13:00 災害対策特別委員会

【会議に付する案件】 
 災害対策樹立に関する調査(継続調査)
【発言者】
【発言者一覧】
 13:00-13:25 本田 顕子(自由民主党・国民の声)
 13:25-13:50 加田 裕之(自由民主党・国民の声)
 13:50-14:20 吉川 沙織(立憲・国民.新緑風会・社民)
 14:20-14:45 舟山 康江(立憲・国民.新緑風会・社民)
 14:45-15:05 矢倉 克夫(公明党)
 15:05-15:20 宮崎 勝(公明党)
 15:20-15:40 音喜多 駿(日本維新の会)
 15:40-16:00 武田 良介(日本共産党)



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!










れいわ新選組山本太郎代表ぶら下がり(2020年8月25日撮影)
自分の気に入った記者にだけインタビューに応じるとか可笑しいんじゃないの!
一年前輝いていた太郎さんとは随分変わりましたね。皆さんはどう思われる?

●hatakezo
れいわ新選組の山本太郎代表が8月24日に西新井駅、8月25日に金町駅でゲリラ街頭演説を実施。今後もまたゲリラ演説を続けるという。次の総選挙はどこから出るのか。東京12区か、13区か、17区か、と様々な憶測が飛び交う中、その狙いと今後の動向について直接聞いてみた。







2020年8月下旬予定 #山本太郎 れいわ新選組 #ゲリラ出没中 予備枠
2020年8月24日 足立区西新井駅前東口でゲリラ街宣(中継なし)
2020年8月25日 葛飾区金町駅前でゲリラ街宣(中継なし)
2020年8月26日 正面突破は怖いからやらないって可笑しいよね、。。。








●2020.08.23(Sun)
空前絶後の選挙エンタメ映画「れいわ一揆」 あの熱狂を問い直せ!原一男監督が放つ怒涛の4時間
https://maidonanews.jp/article/13655538


(一部だけ↓)
山本代表や党本部への不信感

「PR映画を撮ったつもりはない」と語る原監督だが、撮影中、れいわ新選組に共鳴していたのは、作品が放つ熱量からも明らかだ。「10人の放つ言葉は本当に魅力的で、刺激的でした」。その半面、山本代表や党本部とは、最初から最後まで完全に没交渉だったという。

「とにかく不可解なのは山本代表。最初に電話で『撮影します』と仁義を切り、後日、党の事務所で挨拶しようとすると、『声を掛けるな』と言わんばかりのものすごいバリアで無視されたんです。不思議に思いながら、その後も機会を見つけて何度も声を掛けましたが、『ちょっと忙しいんで』などと一切応じてもらえませんでした。選挙後の候補者インタビューも、彼だけ拒否。どうしてここまでとことん私たちを無視し、拒絶するのかが理解できず戸惑いました。その不信感はいまだに消えていません」

東京国際映画祭に招待したときは、党本部が「事前に映画を見せてほしい」と要求。会場のプレミア上映で見るよう求めたが、「確認したいことがある」の一点張りで埒が明かない。仕方なく完成前の素材を送ると、今度は返事がなく、結局映画祭にも現れなかった。

それとは別に、選挙運動中のある場面を映画からカットするよう求められたこともあったという。「彼は何を警戒しているのでしょうか」と原監督は首をひねる。

「映画の冒頭にある通り、山本代表は最初の電話で撮影を快諾してくれているんです。あの場面を見た人は誰もが『気持ちのいい人だな』と感じるはず。彼のことは今でも本当によくわかりません。ただ事務所のスタッフは、現場でものすごく親切でした。それはきっと、山本代表が配慮してくれたからなのだと思います」



  ●原一男@kazu19451監督
  1年前、自分は騙された!という思い、私も共有できます。
  で、騙した相手を批判することは良しとして騙された自分の心の内を
  深く検証することの方が遥かに重要だと思うのです。
  それは自分が望む社会の形、正しい政治の在り方、正義とは何か、
  という問いに対する答えを掘り起こす作業だからです。
           &
  [れいわ一揆]見たいけど見たくないような変な気持ちになる。
    ↑
  いや是非観てください。
  去年の夏、大勢の人たちがsomething を信じたんです。
  山本太郎に信じさせられた!のではなく、信じたのは自分でしょ。
  ならば何を信じたのかを冷静に思い出して、
  信じたものはなんだったのかを検証しましょうよ!


  ●安冨歩(やすとみ あゆみ)@anmintei教授
  党本部に原監督への謎の対応と、最近の事態とは、直接つながっていますね。
  党本部の
  でした。


  一年前の熱狂の時を想い、今の失意の自分を見つめると、
  相当に傷ついてしまった事実を認めざるを得ず、
  年は食ってても乙女のようなつもりでいた自分がおかしくも悲しい…
  ただ、熱狂のエネルギーを支払った分だけ得たものも多くあることにも気づきます。

 
  「選挙運動中のある場面を映画からカットするよう求められたこともあった」
  これはどのシーンなのか、結局カットしたのか、しなかったのか、
  気になりながら9月の公開を待ちたいと思います。


  原監督は
  「今はぐちゃぐちゃかもしれないけど、1年前の選挙戦には間違いなく
  “美しいもの”があり、私を含むそれを信じた人たちの思いも純粋でした」と振り返る
  私くしもそう思いたい!
  しかし あの熱狂した夏の思いは 何だったのだろう
  10人の候補者達 ボランティア達 支援者達
  無縁者の集まりの思い


  世界が変わると思った。
  何処から集めてきたのと言いたくなる、
  ややこしそうな候補者が皆、
  自分の想いを熱く語っていた。


  私も寄付しました。
  あの時はほんとに高揚したけど、今は???


  すごく面白い映画だけど、こういう所もはっきり映ってしまっていますね。
  「太郎ちゃんを総理に!」とか言っている人ほど、直視した方がいいです。  


  ●Yusuke@revolution1luvさん。
  大丈夫ですかね?色々聞いているから、大丈夫じゃないでしょうけどね。
  党本部は勝てる訳ないのに、候補者やその支援者の人権、どう思っているのかね?
  本人や支援者がかわいそうだから、もうやめてあげて下さい。
  https://twitter.com/revolution1luv/status/1298397261735424001


  気にくわない支援者を排除したり、貴重な意見や提案をうざがったり、
  山本太郎と同じだよね。
  バイブス合うから一緒にやってるのだろうけど、そんな選挙やってて良いのですか?
  元支援者とか、本当にかわいそうだから、もうやめてあげて下さい。


  色々な酷い話を沢山の方々から聞いてきましたが、総合的に考えて、というより、
  どう考えても悪いのは、今の山本太郎本人です。
  私は本日認定しました。
  確かに周りに問題人物はいますが、
  それも山本太郎本人のマネジメントの稚拙さ、見通しの甘さに起因しています。


  今の色々なゴタゴタも、山本太郎本人の見通しの甘さに起因しているとしか
  言いようがありません。
  更に、言うと本人にその自覚があるか無いかは、無いからこうなっているのでしょう。
  多くの方々の改善提案に耳を傾けずに、今日まで来ています。


  山尾さん達に迷惑をかけるようなことだけは、
  して欲しくないと切に願う今日この頃です。


  どうせ色々気にする人だから、私のツイートもみているでしょうね。
  だからはっきり言いますよ。
  悪いのは、山本太郎、あなただよ。
  通常の会社がどうやって効率良く運営されているか?
  そしてそれを生かしたいなら私のツイッターのプロフィールを良くよんで
  直接問い合わせたら通常の対応しますからね。


  ゲリラ街宣より、元支持者の方々からの声に何故真摯に向き合い回答するなり、
  謝罪するなりできないのか?
  その精神で、政治家と言えないよね。




  私も、同じことを考えました。
  逃げてるよね。
  困った時は、彼はいつも逃げる、。。。
  ナサケナイ。
  正面突破してこそ失われる信頼を回復できるチャンスなのに!

  今のままでは、
  カンパされる方、
  無駄金だって認識で、
  カンパされるならされたらいいんじゃないかな。
  彼は総理になれる器ではありません。
  最近、そいうことを言わなくなったんじゃないのかな。

  早く自分の立場に気が付いてくれて、
  議員としての生き方を軌道修正してくれたらいいんだけどね。
  
  今のままじゃ、。。。

  衆議院選で、
  完膚なきまで傷つけられて、
  その時に初めて気が付くのかも知れませんね。
  遅いけどね、。。。
    



 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪