s-20200615選挙ウグイス嬢
総選挙あるようなないような、。。。





























  ●monbran OFFICIAL YouTube CHANNEL
  2020年9月25日 (金) # #山本太郎 #れいわ新選組 #ゲリラ街宣 
  街宣日程(予想)
  9月18日(金) 山口県・下関駅前
  9月19日(土) (叱妨・姫路駅前 ∧叱妨・三宮マルイ前
  9月20日(日) (叱妨・元町駅前 ∧叱妨・JR尼崎駅前
  9月21日(月) ‖膾緝棔β膾絮愾亜´大阪府・難波高島屋前
  9月22日(火) 大阪府・天王寺駅前
  9月23日(水) 大阪府・吹田駅前 (大阪7区)
  9月24日(木) ‖膾緝棔β膾絮愾安4ビル前 大阪府・阪急三国駅前(大阪5区)
  9月25日(金) ‖膾紂Φ橋駅 連絡通路 愛知・一宮駅前(愛知10区)
  9月26日(土)
  9月27日(日) 静岡県・静岡駅前(13:00〜)
  候補予定者の選挙区での街宣をするなら
  愛知10区(一宮駅前など)静岡2区(藤枝駅前など)が予想される。









  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!










  昨夜の『報道1930』は小沢一郎氏と日本共産党の志位委員長。
  ツーショットでのTV出演は初。
  かつて敵だったふたりが今は政権奪取で手を結ぶ。
  今の状況に満足しているようにも見える野党議員が多い中、迫力は充分。
  小沢氏は不満を漏らす。
  枝野代表はもっと思い切った政策を示すべきだ、まだ足りないと。
  ※枝野を推したのは小沢さんじゃなかったですか、。。。


  「本気で政権交代する気があるのか!」と業を煮やしたんだね。


  残念ながら政権奪取する気迫にかけている・・・


  全然足りません!
  未だに学生運動のセクト争いから抜けていないように感じる。
  ある意味で菅さん以上に独裁的、独善的だと感じます。
  基本的に経済オンチで、今の世界の中の日本がどういうスタンスで
  時代の荒波に立ち向かうのか、見えない。
  戦略性ゼロです。



  リッケンじゃ自民の補完でしかありませんもん、。。。
  リッケンをサッサと潰して、
  早急に、政権交代可能な野党の構築に努力して欲しい!






●9月24日の「報道1930」...
09/24 19時台 日韓首脳電話会談・菅首相・“徴用工”で適切な対処求める

菅義偉総理大臣は韓国・文在寅大統領と電話会談を行い、徴用工訴訟をめぐり日韓両国は厳しい状況にあるとして、韓国側に適切な対処を求めた。
日本企業の資産が差し押さえられるなど事態が深刻の度を増す徴用工訴訟について、適切に対処するよう韓国側に求めた。
また新型コロナウイルスの感染防止について連携して取り組むよう呼びかけ、両首脳は日韓におけるビジネス関係者の往来再開に向けて、近く合意できるよう協議を加速することで一致した。
菅総理は「日韓両国はお互いに極めて重要な隣国」として、北朝鮮問題などでの連携を訴え、拉致問題の早期解決に協力を求めた。
菅総理は明日、中国・習近平国家主席とも電話会談を行う予定で、延期となっている習主席の国賓としての訪日について何らかの言及があるか注目される。
韓国最高裁の映像。

09/24 19時台 イージスアショア代替・防衛省・移動式の海上配備を検討
防衛省は今日、配備を断念した地上配備型迎撃ミサイルシステム・イージスアショアの代替案について、海上に配備する洋上プラットフォームに搭載する方向で検討すると明らかにした。
具体的には「護衛艦案」「民間の大型商船の活用案」「石油を採掘するやぐら案」の3案が提示された。
防衛省は今後、技術的な実現性やコストなどを検討し、年末までに具体案を絞り込みたい考え。
国際情報誌「フォーサイト」元編集長・堤伸輔がイージスアショア配備計画中止以降の安全保障に関する動きについてスタジオ解説。
レーダー、河野太郎防衛大臣、自衛隊、敵基地攻撃能力、安倍総理大臣、北朝鮮、弾道ミサイル、憲法、専守防衛、米国に言及。
自民党・国防部会・安全保障調査会、岸信夫防衛相の映像。

09/24 19時台 菅内閣・歴代3位の高支持率
菅内閣の支持率について。
読売新聞(支持する74%、支持しない14%)、共同通信(支持する66.4%、支持しない16.2%)、朝日新聞(支持する65%、支持しない13%)。
立憲民主党・小沢一郎が「菅内閣の支持率の高さの理由は、菅総理の苦労人出身であるというパフォーマンスにマスコミが乗っただけ」と述べた。
日本共産党委員長・志位和夫が「新政権への最初の期待が数字に表れている」と述べた。
菅政権について街頭インタビュー。
国際情報誌「フォーサイト」元編集長・堤伸輔のスタジオコメント。
安倍政権、森友学園、加計学園、桜を見る会、少子化、携帯、デジタル庁、竹中平蔵、アーリースモールサクセスに言及。

09/24 19時台 菅政権の目玉政策は?
菅新政権の主な政策について:「携帯電話利用料金値下げ」「デジタル庁新設」「不妊治療への保険適用拡大」「待機児童問題に終止符」「新婚世帯への補助金を60万円に増額」など。
立憲民主党・小沢一郎が「このパフォーマンスだけで政治を判断してはいけない。野党は思い切った政策が必要」と述べた。
日本共産党委員長・志位和夫が「菅総理は『安倍政権の継承』と『自助・共助・公助』としか言っていない」と述べた。
民主党、枝野幸男代表、アベノミクス、森友学園、加計学園、桜を見る会、新型コロナウイルスに言及。

09/24 19時台 菅内閣発足で野党共闘は?
菅内閣と第2次安倍政権における野党の主張の違いについて。
安倍政権の与党側の「安保法制」について野党側は「違憲ではないか」「国民の理解が足りない」「一度取り下げて出直すべき」と主張。
また「森友、加計、桜を見る会などの問題」に対して野党は、「説明責任をまったく無視」「官僚の過度な忖度」「権力の私物化」「公文書の不適切な管理や廃棄が疑惑解明を阻んでいる」と主張。
菅内閣の主張する「国民のために働く内閣」に対し、野党共闘の意義が薄れているのではという見方もある。
日本共産党委員長・志位和夫、立憲民主党・小沢一郎、国際情報誌「フォーサイト」元編集長・堤伸輔のスタジオコメント。
集団的自衛権、アベノミクス、トリクルダウン、新自由主義、バラマキに言及。

09/24 20時台 新生「立憲民主」の支持率は…
「現在、支持している党は?」という世論調査の結果について。
共同通信(立憲民主党7%、自民党47.8%)、朝日新聞(立憲民主党6%、自民党41%)、読売新聞(立憲民主党4%、自民党47%)。
また「立憲民主党に期待するか?」という質問に対しては、朝日新聞(期待する37%、期待しない52%)、共同通信(期待する36.9%、期待しない55.8%)。
立憲民主党・小沢一郎のスタジオコメント。
小選挙区制に言及。
立憲民主党・枝野幸男代表、菅総理大臣の写真。

09/24 20時台 首相指名選挙で共産党は…
日本共産党委員長・志位和夫が首相指名選挙で投票する場面を紹介。
日本共産党委員長・志位和夫が22年ぶりに他党首(立憲民主党・枝野幸男代表)に投票した。
菅政権、政権交代、野党共闘、参議院、菅直人、解散総選挙、国民民主党に言及。

09/24 20時台 共産・22年ぶり他党首に投票
首相指名選挙で立憲民主党・枝野幸男代表に投票した政党:立憲民主150、共産25、国民民主15、社民4、無所属など他18。
日本共産党委員長・志位和夫は、「いよいよ政権交代、野党政権を作るというのが射程に入ってきたのが現状だと思っている」とスタジオコメント。
立憲民主党・小沢一郎のスタジオコメント。
国民民主党・玉木雄一郎代表、碧水会、沖縄の風、菅義偉首相、年金に言及。

09/24 20時台 「野党連合政権」の実現性は?
共産党は政権を取った時、閣内に入るのか閣外協力も有り得るのかについて、日本共産党委員長・志位和夫は、「閣内も閣外も有り得る、そのときの状況でベストの選択をする、閣僚のポストが欲しくてやっているんじゃない、日本の国をよくするためにやっている」とスタジオコメント。
立憲民主党・枝野幸男代表の映像。
コロナに言及。

09/24 20時台 共産党は「自衛隊」を認めるのか?
今年2月に行われた小沢一郎政治塾に日本共産党委員長・志位和夫が講師として招かれたときの発言。
日米安保条約について、日本共産党委員長・志位和夫は、「国民多数の合意で解消して日米友好条約を結ぶという大展望を持っているが、野党間で一致していないため、野党連合政党に盛り込むことはしない」とコメント。
自衛隊について、日本共産党委員長・志位和夫は、「自衛隊は憲法9条と両立しないと考えている、国民多数の合意で段階的に9条の完全実施に進むというプログラムを持っているが、この立場を野党政権に持ち込まない」とコメント。
日本共産党委員長・志位和夫のスタジオコメント。
春闘に言及。

※で、共産党は自衛隊を認めるんじゃないかしらね。
 そして、社会党の二の舞になることを恐れますが、
 危惧する通りになるんじゃないかしらね、。。。 
 それが恐ろしい、。。。。


09/24 20時台 中村「次の選挙で与野党伯仲を」
立憲民主党・衆議院議員・中村喜四郎は、「保革伯仲で政治に緊張を取り戻して野党が実力をつけて、もし政権を取る時には今度は“間違って取った”なんて言わないように、“取るべくして取った”と言われるような政権の取り方をしなくてはいけない、自民党が立ち直るならそれも良し、立ち直らなければ倒しに行くという気持ちを持って野党に行こうと思いました」とコメント。
立憲民主党・小沢一郎は“1年以内に必ず政権を取る”、立憲民主党衆議院議員・中村喜四郎は“与野党伯仲→政権交代”。
立憲民主党・小沢一郎は、「議会政治の本質から言っても、選挙戦術に関する国民の期待感や気持ちから言っても絶対次の選挙で政権を取るんだと強く主張しなきゃいけないと思う」とスタジオコメント。
日本共産党委員長・志位和夫のスタジオコメント。
安倍政権、菅政権、立憲民主党・枝野幸男代表に言及。

09/24 20時台 皆さまからのご意見・ご質問
質問:実際に政権を取って何をしたいのか。
立憲民主党・小沢一郎は、「基本的には枝野代表が打ち出す話ですが、私の考えで言えば、まず雇用の問題、それから年金、ですから2009年のときには最低保障年金というのを国費で作って、それプラス自助努力で普通の生活が営めるようにと言うことで打ち出した、それと医療の問題、日本の中小零細の製造業、農業も入る、これのセイフティネットをきちんとしないと」とスタジオコメント。
日本共産党委員長・志位和夫は、「今小沢さんが言われたのはみんな賛成、もう1つ言いたいのが教育、少人数学級が大事、コロナのもとではっきりしてきたのでぜひ実現したい、もろもろの問題を最後に1つ言いたいのが消費税、消費税を下げるのが必要、私たちは恒久減税として5%にすべき」とスタジオコメント。
安倍晋三、菅義偉首相、マクロ経済スライドに言及。



 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪