s-20201005裁判所
上級国民だからと忖度することなく公正な裁判が行われることを切に希望します!











●テレ東NEWS
東京・池袋で去年4月、暴走する車にはねられ、母親と幼い子どもが死亡した事故で、過失運転致死傷の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判が東京地裁で開かれ、飯塚被告は「車に何らかの異常が生じ、暴走した」と起訴内容を否認しました。
公判後、亡くなった母子の夫・松永拓也さんが会見を開き、「残念でならない」「とても2人の命と遺族の無念に向き合っているとは思わない」と述べました。
また、被害者参加制度の利用に当たり、遺影の持ち込みが裁判所に認められなかったことを受け、被害者の心情に寄り添ってほしいと訴えました。

---------------------------------------------------------------------






●TBS NEWS
2019年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し親子ら11人が死傷した事故の初公判が開かれ、過失運転致死傷の罪に問われた89歳の被告は遺族に謝罪しながらも、「車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」として無罪を主張しました。

旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)は去年4月、池袋駅近くで乗用車を運転中にブレーキとアクセルを踏み間違え、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、あわせて9人にけがを負わせた過失運転致死傷の罪に問われています。

8日の初公判で飯塚被告は「深くおわびします」と遺族側を向いて謝罪しましたが、起訴内容について問われると「アクセルとブレーキを踏み違えたことはない」「車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」と起訴内容を否認し無罪を主張しました。

一方、検察側は「車のアクセルとブレーキに故障の記録はない」「アクセルを踏み続けたことも記録されている」と指摘しました。

「証拠を見ることができました。私が見たかぎりでは、どう見たって踏み間違えとしか思えない」(妻と娘を亡くした松永拓也さん)

被害者参加制度を利用して法廷に入った遺族の松永拓也さんは公判後に会見し、「謝罪するのであれば罪を認めてほしかった」などと話しました。
(Nスタ 2020年10月8日放送)

---------------------------------------------------------------------






●TBS NEWS
2019年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し親子を含む11人が 死傷した事故の初公判が開かれました。公判後に開かれた会見で、遺族の松永拓也さんは「謝罪するのであれば罪を認めてほしかった」などと話しました。



  やるせないよね、。。。
  裁判の引き延ばし。
  クソジジイも、弁護士も、卑怯でね、なんと言うかね「ふざけるな!」と思った。

  本来、
  弁護士なら、
  罪を認めて、シッカリと謝罪して、
  その後でね、罪の軽減のハナシになるのが筋ではないかって思う。
  そういう筋道を被告に諭してやるのも弁護士の大事な仕事やないかなって思うのよ。
  
  罪の認否で争うとは、
  クソジジイもしかり、
  弁護士としてもどうなのって思う。
  被害者に寄り添う気持ちは爪の先ほどもないってよーく分かりました。


  友人が昔に言ってました。
  息子二人、法学部に入学し卒業しましたが、
  入学した当座から言ってた。
  弁護士みたいに人から憎まれる仕事に就いてくれるな、って。
 
  で、一人は公認会計士になって
  もう一人が、弁護士になりました。
  その言葉がふるってました。
  「困った人達の人助けになりたい」って、。。。
  泣けるでしょう、。。。
  こういう弁護士こそ頑張って欲しいわ!






●飯塚大和2020.10.8 18:39dot (資料)
“上級国民”池袋暴走事故「否認」の衝撃 車のせい?裁判の行方と思わぬ余波
https://dot.asahi.com/dot/2020100800078.html


遺族の松永拓也さん(c)朝日新聞社

 昨年4月、東京・池袋で高齢者の運転する車で母子が死亡した悲痛な事件から約1年半。車を運転し11人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)の初公判が8日、東京地裁で開かれた。飯塚被告は起訴内容を否認したため、世間では驚きや怒りの声が噴出。長期化必至の裁判について専門家からは意外な指摘が……。
   *  *  *
 8日午前8時50分。小雨が静かに降り注ぐ中、遺族の松永拓也さん(34)が事故で亡くなった妻と長女の遺影を胸に抱え、しっかりとした足取りで東京地裁の正門に入っていった。報道陣によって一斉にフラッシュがたかれても、視線は常にまっすぐ前を見据えていた。

 この日の一般傍聴席は新型コロナ対策のため、わずか20席。「コロナ前」の約3分の1の席数に、414人の傍聴希望者が集まった。

 事故は2019年4月、高齢者による自動車事故が社会問題化する中で起きた。

 検察側の主張によると、飯塚被告の運転する車は時速約96キロで、赤信号の交差点に突っ込んだ。自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女の莉子さん(当時3)がはねられ死亡。通行人ら9人が重軽傷を負った。

 何の落ち度もない幼い子どもと母親が巻き込まれ、事故直後から世間の関心は高かった。さらに、注目を集める要因の一つとなったのが、飯塚被告に対してネット上で使われた”上級国民”というワード。「証拠隠滅の恐れがない」と判断されて、飯塚被告が逮捕されなかったことなどから、「元官僚で東大卒の上級国民だから、特別扱いしているのでは」といった声が噴出した。格差社会を象徴するような存在とみなされた飯塚被告。遺族への同情もあり、飯塚被告の言動は世間の反感を買った。厳罰を求める署名は39万筆も集まった。

 とはいえ、世間には飯塚被告が裁判で罪を認め、真摯に謝罪するのではないかという淡い期待もあった。しかし、初公判では無罪を主張。罪状認否では、遺族への謝罪を述べたうえで「アクセルペダルを踏み続けた記憶はない。車に何らかの異常が起きて暴走した。暴走を止められなかった」と主張し、起訴事実を否認した。

 この日の冒頭陳述で、検察側は「事故前の車の定期点検ではブレーキやアクセルに異常が見つかっていなかった」と述べており、「自動車の瑕疵(かし)」をめぐって真っ向から対立の様相を見せている。
 
 初公判のニュースが流れた直後、ネット上では驚きの声であふれた。また、「全然反省していないのではないか」「これでは遺族が浮かばれない」といった批判も相次いだ。

 気になる裁判の行方について、過失運転致死傷に詳しい「にわ法律事務所」の丹羽洋典弁護士は、次のように推測。判決確定まで長くかかりそうだという。

「一般的に、車の性能に関する裁判は長期化する。少なくとも通常の2倍はかかるのではないか。今回も長期化のおそれはある。通常のケースであれば、1審だけでも半年。今回は1年近くかかるでしょう」
 
 今回の初公判で世間が驚いたのは、飯塚被告の主張だ。

「自動車に問題がある場合も、可能性としてはあり得なくはない。一般的に自動車事故は、運転者の過失の有無が争点になりますが、今回は道路上で暴走したという特殊なケースですので、こうした主張ができたのでしょう。本人が供述している以上、むげにはできないため、自動車自体に瑕疵(かし)がなかったかという争点も加わることになったのだと思います。被告側にとっては、無罪の可能性が出てくるので都合がいい」

 いくら本人が供述しているとはいえ、そう簡単にその主張が通るものだろうか。

「検察は、車の性能に問題がなかったという証拠を揃えてくるでしょう。弁護側には立証責任はありませんが、丸腰で臨んだら検察側の主張が通ってしまうので、瑕疵があったと証明するための証拠が必要になります。ただし、技術者や鑑定の専門家から証言を得る必要があるため、時間がかかる上、立証するための難易度が高いですね。時間だけがかかってしまうと思います。どこまで本気なのか疑問はあります。自動車に瑕疵があったという主張も、認められた例も数としては多くありません」

 また、今回の裁判は別の意味でも注目度が高いという。

「これらから自動運転が普及することが予想されるので、こうした『車の問題点』を指摘する主張が増えてくる可能性が高い。飯塚被告の主張が下手に通ると、今後はこうした事故で、ブレーキが利かなくなったといった主張が多くなる。司法側も慎重に判断することになるでしょう。今回の裁判は、今後の試金石になる」

 長期化必至の裁判。2審、3審と続けば、最終決着は数年後……仮に有罪判決が下った場合、89歳の被告が量刑を終えるのは何歳のことだろうか。

 遺族や世間は、誠実な説明を望んでいる。(AERAdot.編集部/飯塚大和)



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! あ り が と う ご ざ い ま す!












報道1930「学問の自由関係ない…学術会議で任命拒否 官邸主導人事その功罪は…」 20201007


●【7日㈬報道1930】『生出演・元学術会議会長「前回も官邸から人事に注文」…
官僚の次は学者“支配”か』
▽大西元会長が語る「官邸官僚とのやり取り」とは?
▽”徴候”は5年前?…”安保法制”時の憲法「解釈」変更
◎ゲスト  大西隆  中谷元  黒岩宇洋



  #報道1930 中谷元の無理くりな言い訳、擁護が痛々しい。
  内心忸怩たる想いはあるだろうが。
  最近、松原さんが自民党のクズ議員や橋下徹の政権を擁護する詭弁に対して毅然とした
  態度で問い詰めることが少しずつ増えてきた。
  いい傾向だ。て言うかそれがマスコミの本来の姿だからね。


  #報道1930 中谷元防衛相が昂奮して次々問題発言。
  中谷「中国人留学生が軍事知識を持ち帰る危険がある」
  中谷「学術会議は防衛分野の研究も拒否するじゃないか」
  大西元会長「いや、民間転用可能な防毒マスクなど研究している」
  中谷「学問の自由は守る。学者が政府批判しても逮捕しない」的発言に唖然。
  ※アホか、って、。。。


  報道1930 自民党の中谷が出ているんだけど、どんどん話が苦しくなってくる。
  まあ、どう考えても恣意的な人事なので、当たり前だ。
  中谷は最後の方に軍事のための研究をしろとぶち込んできた。
  安保法制に反対した獄舎を狙い撃ちした理由はここだよな。


  やっぱり諸悪の根元は安倍政権。
  中谷氏シドロモドロで論点外そうと躍起になっちゃって…醜悪~。


  中谷さんの物言いは学術会議側に問題がある、
  というところに落とし込みたい意図ばかり目立ちます。
  政権側に問題がある、というところは全くスルー。
  自民党議員の通常モードであるとは言えますが、いただけない。
  ※本性を現しただけのハナシ!


  「俺だって本当はおかしいと思ってるよ」
  (中谷さんの心の声)


  中谷さん、今日は出てこなくて良かったよ...
  詳しくないなら出るべきじゃないよ...


  BS-TBS 報道1930
  中谷元の筋の悪い主張と発言が悉く否定されている。しかも理路整然と。


  報道1930
  何故外した6人が人文科学系か!?
  前回の2016年3人も人文科学系が1名。理学工学系が2名。
  学術会議から説明しても官邸が説明しないといけない。大西会長
  前川喜平氏は
  安倍政権を批判した人を反対して落とした。
  杉田さん、和泉さんに提出しても返された。
  学術会議の選考の仕方が問題中谷さん


  中谷「会員の選び方に問題がある」
  松原「選び方の問題は別にして、6人が任命されなかった点はどうですか」
  中谷「総理が言ったように…」
  テープレコーダか。(古い)


  中谷よ、政治は結果で採点されるべきだよ。
  安倍政権でいかに日本の相対的地位が下がったかわかってるのか。
  GDP、学力、相対的貧困率、メディアの自由度。キリがない。


  中谷さんの言い分、ただのネトウヨ。
  簡単に論破されてる。


  中谷さん、今日はどうした?
  論点をズラそうと必死。


  政権に歯向かう人間は学術会議でさえも任命しない
  これを中谷は肯定するのか?
  偉そうなことを言ってるが結局官邸に歯向かえないんじゃないか。


  松原「中谷さんは6人が任命されなかった理由を説明する必要ないと思っている?」
  中谷「総理がおっしゃったように…」
  中谷氏も説明できない。
  出来ないとわけではなく、その理由を語ったら党にいられないだろう。
  ※そんなことないでしょう。
   中谷の本性を現しただけです!!!



  今回、
  中谷さんを擁護する声が皆無で、
  勝負あったって思いました。




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪