s-20200511お父さん自民党に投票したの?






  ●読売新聞オンライン https://yomiuri.co.jp/national/20201122-OYT1T50169/
  ●【図解・政治】「桜を見る会」をめぐる問題(2019年12月)時事通信
  しかし、
  この記事を書いたのは、53売りだよ、53売り!
  飛ばしじゃないと思うし、後追い記事が出るんでしょうね。
  どんな記事になるか興味津々だわ!


  桜を見る会前夜祭をめぐって東京地検特捜部が、
  安倍前首相の秘書ら20人以上から任意で事情聴取。
  読売新聞がスクープ。
  同紙によると、特捜部は、会費を上回る差額分を安倍氏側が補填していた可能性が
  あるとみて立件の可否を検討。
  ホテル側から明細書の提出を受け分析を進めている。
  巨悪を眠らせるな。


  安倍前首相の秘書ら、東京地検が任意聴取「桜を見る会」前夜祭
  特捜部は会場のホテル側に支払われた総額が参加者からの会費徴収額を上回り、
  差額分は安倍氏側が補填していた可能性があるとみており、
  立件の可否を検討している。
  おお!
  安倍逮捕への第一歩。
  真っ当な国へ🙏


  ここまで判明しても立件されず逮捕者も出ないなら日本に独立した司法など存在しない。
  安倍前首相がいくら支離滅裂な言い訳をしても、
  それを平気で見逃してきた検察だからあまり期待はしていないが・・・
  検察の良識を見せて欲しい。


  これは偶然なのか?
  産経新聞が首相に厳しい論調の記事を出したかと思えば、
  今度は読売新聞が前首相の「桜を見る会」絡みの独自記事を出した。



  ヤフーのコメント欄がまともな意見過ぎてw
  変わったなぁって思いましたね。
  ネトウヨ君が弾き出されてるんでしょうか?
  極右も、極左も、極端な意見になると行く着くところは一緒だからね。
  ネトウヨ君も、しばき隊も大嫌いだけどね、つーか敬遠するわ。

  でね、。。。

  郷原信郎 認証済み | 2時間前
  ニューオータニでの「桜を見る会」前夜祭について、
  安倍事務所側の飲食代補填の公選法違反(有権者への寄附)か、
  正規料金との差額のホテルからの寄附の政治資金収支報告書の不記載の
  いずれかの違法行為の成立が否定できないことは、かねてから指摘してきた。
  捜査を尽くせば、何らかの違法行為が明らかになる可能性が高い。
  しかし、同記事のとおり、秘書を任意聴取したことが事実だとしても、
  検察は、同事件の告発を受理しておらず、
  菅原一秀衆議院議員の公選法違反事件のように、不起訴方向の証拠を集め、
  検察独自に立件した上で不起訴処分を行おうとしている可能性もある。
  果たして、
  起訴に向けての捜査なのか、
  不起訴決着を意図しているのか、
  検察捜査の行方は予断を許さない。
  ※どちらでしょうね。
   ま、普通に思えば不起訴決着を意図しているってことでしょうね。
   検察が強くなったのは政権側に敵対する政治家相手にする時だけだから。
   法の番人でもなんでもないからね、
   特に、特捜部なんて組織は、。。。


  ま、
  どう決着をつけるか見届けたいね。 
  それにしても、告発の受理ぐらいして捜査してくださいよ。
  今回の特捜部の動きは相当可笑しいよ!!!




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 !










●報道特集
遺族が執念で追及・兄の焼死の真相#TVer #報道特集
https://tver.jp/corner/f0061761/share?p=102&sig=6b0PClJNT%2F5IWIjMgLtabcbplvqQcgZ%2BWZQuQP0BXrQ%3D

●報道特集
▽今年3月、宮崎市にある一軒家が全焼した火事。
「兄は焼死した」と聞かされた弟だったが、そこには数々の謎が。
弟が執念で真相を追及する。明らかになったのは?
▽コロナ“第三波”への備えは?
一日の新規感染者数が過去最高を更新し、感染が再び拡大している。
期待が寄せられる画期的治療法とは?
ワクチンはいつになるのか?
そして、収束の兆しが見えない中、東京オリンピックの行方は?

2020年11月21日(土) 17:30〜18:50 TBS
【レギュラー出演】 金平茂紀 , 日下部正樹 , 膳場貴子 , 齋藤慎太郎
【声の出演】 屋良有作 , 小山茉美
【その他】 柏木理沙 , 三浦拓真 , 太田隆広 , 深谷仁博 , 牧野憲一 , 長瀬清 ,
クティヤン・マイケル・マチーク・ティン , グエム・アブラハム , 賀来満夫 ,
石井健 , 河本宏 , 大里淳 , 岩瀬博太郎 , 瀬戸山勉 , 高浜隆史 , 川路直人 , 岸将之
【制作プロデューサー】辻 真
【番組プロデューサー】吉岡弘行
【編集長】ちょう琴袖
◇番組HP https://www.tbs.co.jp/houtoku/
◇twitter @tbs_houtoku https://twitter.com/tbs_houtoku
◇facebook https://www.facebook.com/tbsnews/


(ニュース)
”我慢の3連休”GoTo見直しで困惑も

3連休初日北海道には多くの観光客が訪れていた。分科会では新提言としてGoToキャンペーンの見直しを提案され、政府も見直す方向で動き出した。具体的にはGoToトラベルの新規受付を一時停止など検討。

オープニング
オープニング映像が流れた。

オープニングトーク
金平は「馬鹿な大将は敵より怖いとの言葉があり政策の無策についてダメな政府はウイルスより有害」と話した。

(ニュース)
速報 感染拡大地域へのGoTo 一時停止

政府は今日の対策本部で、都道府県に対しGoToイートの食事券新規発行の一時停止やポイント利用を控えることなどを要請する考えを表明した。菅総理は会食する際のマスク着用などの感染防止作を改めて訴えた。

コロナ 東京・兵庫などで過去最多
きょう、東京で新たに539人の感染が確認され、過去最多を更新した。重症者は40人となっている。兵庫県などで過去最多を更新している。全国の新規感染者数は、午後5時半現在で、1849人となっている。

ファイザー 緊急使用許可申請
アメリカのファイザーは20日、開発中の新型コロナのワクチン候補について、FDAに緊急使用許可を申請したと発表した。数週間以内に承認され、年内に接種が始まる可能性がある。ファイザーは、年内に最大5000万回分、来年に最大13億回分製造する考えで、日本政府とは来年6月末までに6000万人分の供給で合意している。

トランプ氏長男もコロナ陽性
トランプ大統領の長男が今週始めに新型コロナに感染していたと診断された。症状はなく自主隔離中だという。長男は大統領選の応援を積極的に行い、その中でも新型コロナの危険性を軽視する発言を繰り返していたという。トランプ大統領の家族は本人夫妻と三男も先月感染している。

米台が経済対話を初開催
首都ワシントンで行われた初の台湾との経済対話では、次世代高速通信5Gや通信セキュリティー・部品供給網や再生可能エネルギーなど幅広い分野について話し合われた。米中の対立が深まる中トランプ政権としては台湾を支援するほかハイテク分野の通信網・供給網から中国を排除の狙いがある。経済対話は米国と台湾の経済関係の強化に役立つとして今後も続けられる見通し。

冬の風物詩 静岡 カピバラ温泉
静岡県伊東市の伊豆シャボテン公園では元祖カピバラの露天風呂が今日から始まった。カピバラは実は大のお風呂好きでこのサービスは冬の風物詩となっている。訪れた人たちはカピバラがゆったり浸かる様子に癒やされているようだった。

シーズン到来 富山「ひみ寒ぶり宣言」
富山県の氷見漁港では定置網に入った寒ブリ181本が水揚げされ「ひみ寒ぶり」宣言が今日出された。ひみ寒ぶりと認定されるのは脂が乗った重さ6キロ以上のブリでブランド化された2011年以降3番目に早い宣言となった。寒ブリ漁は来年2月ごろまで続く。

「マスクできない子」でも楽しめるサッカー
等々力陸上競技場で感覚過敏のためにマスクができない子たちのためのサッカーイベントが始まった。川崎フロンターレが開いたイベントで発達障害の子たちが自由に参加できる。感覚過敏はマスクの肌触りや群れに苦痛を感じ着用できない人もいる。公共施設の利用には理解が必要となる。午後からはスタジアム内でフロンターレの試合をテレビ観戦したが、感覚過敏の子たちは光や大きな音などに反応しパニックになる特徴もあることから気分の落ち着く部屋も設けられた。

エチオピア「難民20万人」試算
エチオピアでは今月初めから連邦政府とTPLF(ティグレ人民解放戦線)が衝突。これまでに数百人の死者が出たほか約3万3千人が難民となり隣国スーダンに逃れている。こうしたなか20日、今後半年で20万人が難民になるとの試算結果が発表され本格的な人道危機が始まる可能性がある。ノーベル委員会も深刻な懸念を表明し平和的手段で解決するのが当事者の責任との声明を出している。しかし戦闘は続ける構え。

(特集)
GoTo、東京五輪どうなる?猛威振るうコロナ第3波

新型コロナウイルスの全国の1日の新規感染者数が過去最多を更新し続けている。北海道では、過去最多となる304人を記録した。札幌市では軽快ステージを3から4相当に引き上げ、不要不急の外出自粛を要請した。バス業界や飲食業界からは悲鳴が上がった。

第3波で北海道の医療体制は
旭川赤十字病院のICUで治療を受けているのは、新型コロナウイルスの重症患者。この病院では、24ある専門病床のうち8割以上を使用していて、院長は医療崩壊への懸念を強めている。北海道では新型コロナ用の病床を1119床確保しているが、718人の6割以上が埋まっている。また、軽症者用の宿泊療養施設は現在3つのホテルを借り上げて、入所日を調整している人も含めて8割近くが埋まっている状態。北海道医師会の関係者は「人が移動することが一番の原因。Go To キャンペーンがすごく影響している」と話した。

コロナ禍の五輪 どう開催するか
コロナの収束が見通せない中、来年の東京オリンピック・パラリンピックは開催できるのか、翻弄されているのはアスリートたち。群馬県前橋市にある運動場では南スーダン選手団が事前合宿を行っていた。去年11月に早々と来日して合宿を続けていたが、大会は1年延期に。今も日本にとどまり、練習を続けている。滞在費は前橋市がふるさと納税を使って支援している。練習の合間に市民との交流を続ける選手たちは、この日、中学校の体育の時間に参加した。今週、日本を訪れたのはIOCのバッハ会長。開催について、「大会の実現は団結の証しとなる」と実現への強い意思を表明し、世界で開発が進むワクチンへの強い期待を示した。

重症者を救う 新治療法
画期的な治療薬の研究も進められている。キラーT細胞はがん細胞を見つけるとくっついて細胞に穴をあける。そこから毒物を入れがん細胞を次々と破壊していく。キラーT細胞は人が誰でも持つリンパ球の一つだ 。このキラーT細胞を使い新型コロナウイルスの治療薬の開発に挑んでいる研究者がいる。京都大学の河本宏教授だ。世界でもこの研究所でしかできない方法を確立させたことで、キラーT細胞を使った治療薬の開発に道を開いた。現在は「抗体」利用の治療薬開発が主。抗体はウイルスに感染した時に作られウイルスを攻撃するものだがウイルスが細胞内に入り込むと抗体は効かなくなる。だがキラーT細胞ならウイルスに感染した細胞ごと破壊することができる。治療方開発の戦略はまず、新型コロナから回復した患者の血液を採取。この血液中には新型コロナウイルスを見つけて撃退する能力の優れたキラーT細胞が存在する。その遺伝子をiPS細胞に導入し再生する。 iPS細胞のどんな細胞・組織・臓器にもなることができる特性を活かすことでキラーT細胞の量産が可能になる。しかし、教授は他人のキラーT細胞を薬として入れるのは簡単ではないという。他人のキラーT細胞は「異物」とみなされ「拒絶反応」が起こるためだ。ところが教授の研究チームには拒絶反応を乗り越える世界唯一の技術があるという。この独自の技術は拒絶反応が起こりにくいiPS細胞を材料にキラーT細胞を再生するものだ。すでに欧州で国際特許の取得など世界的に高く評価されている。最大の狙いは重症化を食い止めること。病院の冷凍庫に保管が可能なため患者が重症化した場合、すぐ点滴治療にも入れる。教授は藤田医科大学との共同研究を初めていて、現時点で新型コロナから回復した6人の血液を採取しさらなる開発を進めている。

感染再拡大に備えるには
世界中の医療関係者は不眠不休で治療薬・ワクチンの開発に取り組んでいて一刻も早い開発が待たれるが、一方で安全性が確認されるまでにはさらに時間がかかるということをきちんと認識することが必要だとスタジオで意見が述べられた。またオリンピックの開催について専門家は、「世界で500万人ほどの感染者や120万人を超える死者が出ている中で、世界の人々は本当に来年の夏にオリンピックの開催を望んでいるのだろうかと個人的に思ってしまう」と心の内を明かした。

(特集)
遺族が執念で追及・兄の焼死の真相

千葉大学
宮崎市で2人が死亡した火事。死亡した男性の遺族が取りよせた解剖結果には「遺体と残っていた着衣の一部からガソリンが検出された」と現場にあるはずのないガソリンがあった。弟は「なぜこんな死に方をしなくてはいけなかったのか」と話す。現場は明らかに事件性が疑われる状況だった。千葉大学の教授は「のどの奥にすすが入っているということで火災が起きた時には呼吸をしていた」ことが分かると分析。現場で見つかったもうひとりの遺体については「撒いたほうも危なく現場から脱出できなかった」と考えるべきだと話す。亡くなった男性の同級生だった男性は火事の1年前に男性を訪ねこの家に泊まったという。それが最後に男性と過ごした最後の時間となった。男性は宮崎市内の専門学校で講師を務めていた。この日高校の同級生たちが初めて男性の墓参りに訪れた。親友たちも単なる火事として扱われたことに疑問を持っていた。葬儀で参列者に対し事件性があることを伝えられず「失火で死亡」と説明するしかなかった。それは警察から「なにか警察に不満があるんですか」と言われ「葬儀の告知文に不幸な事故で兄が永眠した」と書くと強い口調で「イメージ操作する文言は使わないで」と言われたという。その後解剖医に解剖を依頼すると宮崎北警察署から電話で「必要なことはやったから解剖はいらない」と言われたとのこと。

JCBギフトカード
火事から約2週間後の4月中旬。男性のクレジットカードの利用明細書が送られてきたという。そこには火事が起きる前の10日間で何度も金券を買っていることが記されていた。購入は死亡する前日まで続き総額で38万円にのぼる。普段男性が使っていなかったカードだったため詳細を開示するようにもとめた。するとJCBギフトカードはネットの注文で送り先がもうひとりの遺体の男の住所になっていた。その住所を訪ねると契約は女性名義で行われ、男性がいつの間にか一緒に暮らしていたとのことだった。

宮崎北警察署
先月高齢者施設に入っていた男性の父が亡くなった。男性は事件が解決してから兄が亡くなったことを伝えると決めていたそうだが間に合わなかった。そして昨日ついに事態は急展開する。警察署に呼ばれた男性は遺体の男を容疑者死亡のまま近く書類送検すると伝えられた。「男が火を放ち男性が死亡した」ということを初めて認めた。新たな事実として現場近くに止められた男の車からは父の通帳と兄のクレジットカードがあったという。さらに男は父の口座からも2回に分けて現金100万円を引き出していた。警察は男が一連の犯行の証拠隠滅を目的に男性の家に侵入し放火したと見ている。だがなぜ警察は最初から事件として捜査していると説明してくれなかったのか。「遺族の気持ちをあまりおもんぱかることができなかった」と説明を受け謝罪を受けたという。「二度とこんなことが起こらないようになってほしい」と話した。

真相追求した遺族 警察の対応は
宮崎北警察署の対応の遅さなどに驚いたという。また遺体の男は過去にも同じような犯罪を犯している。そのことから警察は当初から捜査していたかもしれないが、全くそのことを伝えられていなかった。本来ならば遺族などの傷を癒やす手助けをしなくてはならないと思うが、全くケアがされていなかった。警察が遺族とどう向き合うのかというのは最も大切なことではと金平さん。ある捜査一課のOBにこのことについて聞くと考えられない行為だと話していたそう。また宮崎北警察署は現在捜査中で解答を差し替えるとしている。

<スポーツコーナーあります。>

(エンディング)
「報道特集」の次回予告。「バッタ襲来・・・コロナ禍の食糧危機」
「TVerで特集を見逃し配信」のテロップ。



 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪