s-20201219.ふて寝png
寝てても腹の立つようなことばかり、。。。


















東京五輪開催に「反対意見なし」 森会長がIOC会長の発言紹介(2021年1月28日)



●TBS NEWS
IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は「中止や延期という憶測は助けにならない」と、改めて東京オリンピック開催へ全力を尽くす考えを示しました。

 「私たちの任務は大会を開催することで、中止することではないのです」(IOC バッハ会長)

 IOCは27日、理事会を開き、東京オリンピックの安全な開催実現に向けて全力を尽くすことを確認しました。理事会後の会見で、バッハ会長は報道されているような2032年へ延期する案や、別の都市で開催する案などのプランBは現実的ではなく、全くの憶測だと否定しました。その上で、「IOCはどうすれば開催できるか」に取り組んでいるとし、来月には選手や関係者向けのガイドラインを出すとしました。

 ただ、スタジアムなどに観客を入れられるかについては「答えられない」とし、無観客での開催の可能性は排除しませんでした。

午後5時30分ごろから、バッハ会長と電話会談後の組織委員会、森会長・武藤事務総長のコメントをお伝えします。










●TBS NEWS
東京オリンピックまで半年を切りました。新型コロナで開催を危ぶむ声もある中、大会組織委員会の理事の発言が波紋を広げています。発言の真意を理事本人に聞きました。

「僕が発言すると大きく出ちゃうから、止められてるんだよ。IOCなんて、怒っちゃってね」(組織委員会 高橋治之 理事)

28日、JNNの電話取材に応じた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之理事。アメリカの有力紙ウォールストリート・ジャーナルによりますと、高橋理事はインタビューで大会開催について、バイデン大統領が「前向きな声明を発表すれば、強い勢いを得ることができるだろう」と発言したとしています。さらに、開催は「アメリカ次第だ」としたうえで、「バッハ会長とIOC=国際オリンピック委員会は決断を下すことができない。彼らはそのレベルのリーダーシップを持っていない」と話したということです。

28日、高橋理事は・・・
「リーダーシップが無いとか、そういう言い方はしていないんだよね。(記者が)IOCが全部決めるんでしょって言うから、『IOCだけで決められる話ではない』、『組織委員会とか各国のIF(国際競技連盟)とかとも相談しながら決めていくんですよ』って言っただけ。バッハさんには、そういうリーダーシップが大切ですねという話をしたんです」(組織委員会 高橋治之 理事)

また、「アメリカ次第」と話したということについては・・・
「バイデンさんが言おうが言うまいが、オリンピックはやるんです。でも新しい大統領が『オリンピックは日本で行こう』と言ってくれると違うじゃない。非常に勢いがつくねっていう話をしたんです」(組織委員会 高橋治之 理事)
(Nスタ 1月28日放送)








東京五輪「無観客でも」のナゼ 背景には“五輪マネー”【Nスタ】



●TBS NEWS
東京オリンピックの開催方法をめぐり、ここにきて現実味を帯びているのが「無観客開催」です。
「東京大会を無観客で開くことは、全く望んでいません」(IOC バッハ会長 去年7月)

このようにIOCのバッハ会長は、去年10月までは無観客での開催を否定してきました。しかし、ここに来て、すべての選択肢を排除しない姿勢を示しており、27日の記者会見でも無観客開催を否定しませんでした。

「(観客を入れるかは)答えられません。安全な大会を開催することが最優先です」(IOC バッハ会長)

IOCが中止ではなく開催にこだわる背景には、オリンピックが生み出す「マネー」の存在があると専門家は指摘します。

「どういう条件で大会を開催するかについて、放映権は明らかな影響を与えています」(IOCの財務に詳しい ケビン・ベルナルディ氏)

実はIOCの収入のうち、テレビ局の放映権料が7割を占めており、東京大会だけでも数千億円はくだらないとされています。IOCは、収益を各競技団体へ分配金として支給しているため、仮に「中止」となればマイナーなスポーツの団体などは財務面で大きな影響を受けるおそれがあります。つまり、「無観客開催」であれば900億円のチケット収入は消えてしまいますが、IOCとしては損失を最小限に抑えることができるのです。

「IOCは多数の契約を抱える企業のようなものです。IOCは財政状態を最大限、守ろうとするのです」(IOCの財務に詳しい ケビン・ベルナルディ氏)

コロナ禍での開催という難しい決断を迫られる中、オリンピックが生み出すビッグマネーも決して無視できない存在になっています。
(Nスタ 1月28日放送)



  「保険ブローカーは、24年のパリ大会についても感染症拡大を理由とした延期、
  もしくは中止が保険契約に盛り込まれている公算が大きいとしている。」
  東京五輪中止なら保険会社の損失30億ドルも、過去最大
  ※そうなの???


  IOCのバッハ会長が東京オリパラの中止や延期を否定、
  日本国民に「どうか辛抱してほしい」と呼びかける…
  五輪はいつから開催国に我慢を強いるものになったのか。
  アスリートファーストの前には、言わずもがなの「国民第一」があることをお忘れなく。


  そもそもそんな巨額な投資すること自体がおかしいにゃ。
  これからは基本に戻って野っ原開催にするにゃ。


  日本からの入国禁止が増えている。
  EUも日本を入域制限対象国とした。
  コロナ対策に失敗した国と断定された。
  日本よりはるかに感染者数も死亡者数も多い地域からも見下されたと言う事だ。



  利権屋が潤う五輪なんぞ止めちまえ!!!
  仮に続けるなら、
  会場はギリシャと固定する。
  世界は、改築費などを吟味したうえで支払う。
  それでイイんだと思うけどね。

  高校生が甲子園を目指すように、
  マラソンや陸上選手が箱根を目指すように、
  ラグビー高校生が花園ラグビー場を目指すように、
  五輪に競技生活をかけた選手がギリシャを目指す!!!

  それでイイんじゃないかしらね、。。。




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 !




こんな法律を作ればイの一番に自公議員がお世話になるんだろーよ!
アホかって思いますwww


  それと、
  入院に応じない場合には50万円以下の罰金なら、 
  入院出来なかったら政府が100万円出せよってハナシになるわけよ!
  ガース政権いい加減にしろよって思います。




大笑いしましたwww


  ●弟子・正代が優勝争いの最中 時津風親方の5夜連続「雀荘通い」写真
  「雀荘は行ったがマージャン打ってない」
  じゃぁ、雀荘に何をしににいったのか?ってハナシなんだけどw
  洗濯でもしにに雀荘にいったのか?
  アホかw
  そんな事あるわけないよね、。。。

  自民党・松本純衆院議員「銀座のクラブには行ったが酒は飲んでいない」
  公明党・遠山議員「クラブには行ったが酒は飲んでない」
  時津風親方「雀荘には行ったが麻雀は打っていない」
      ▼
  この言い訳がイイわけにもなって無くて、なんやねんwww

  時津風親方が少しはまともな方だったら「引退届」を出したらいいと思います。  
  相撲協会も受理したらいいと思うね。
  功労金(退職金)が出るだろうし、
  解雇ではナーンも出ないからね。
  それで角界を離れて別の人生を送られたらいいと思うけどね。
  また、同じ人生を繰り返すようならアホです!!!













●THE PAGE(ザ・ページ)
東京都は28日午後3時半から、
都内の新型コロナウイルスの「感染状況」や「医療提供体制」を専門家らが
分析・評価する「モニタリング会議」を開く。
会議後には小池百合子知事が報道陣の取材に応じる見通し。



  いやー、参りましたね。
  やってること吉村と同じですわな。

  都議選の準備より今はコロナのことちゃんとやってください。
  この都議さんの『保証付けます』じゃなくて、
  都民やお店への補償を先にしてください。
  みんな大変なんですよ。

  んで、。。。
  何処に行ってもこんな調子らしいです。
  やること違うだろうって!
  千代田区内の街を歩けば、小池百合子 だらけ… 
  千代田区内の街を歩けば、小池百合子 だらけ… 









 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪