s-20201002自民党本部
もう、ボロボロですね、。。。





  自民党の森山国対委員長は、
  「決して人ごとというふうには思っておられないんだと思います。
  今、自民党員ではないという意味でおっしゃりたかったのでは」
  ※マヌケな擁護だってw
   マジで二階はボケが深刻化していきそうな表情してて、。。。

 


これ明日書きたいですね!




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 !






  ああ、やっちまった。
  相手に責任をなすりける最悪の謝罪。
  「意図が伝わらなかった」
  「不快な思いをされた方がいらした」
  ※謝罪にもなってませんから!

 




  ●報ステのCM、治部れんげさん @rengejibuは3つの問題点を指摘します
  ✅マークジェンダー平等が達成されているという間違った認識
  ✅差別解消に取り組む人を「笑う」のは、差別の上塗り
  ✅女性を起用し、「若い世代は『差別なんてない』と言ってます」
   という構図にしているのは悪質。


  謝り方がおかしいんだよなだいたいが。
  「不快な思いをさせた」じゃなくて、
  おまえらが尊重しなければならない規範や価値観を、
  逸脱した表現をしたから怒られているんだよ。


  時代遅れ なのはあのCM作った人の意識と
  それを流してしまうテレビ局です。
  腹が煮えくりかえる!


  1.制作したCMが陋劣
  2.それをノーチェックで流した判断が愚劣
  3.あわてて引っ込めた覚悟の無さが拙劣
  4.謝罪の文言がまたどうしようもなく卑劣
  番組をやめるのかどうかはともかくとして、
  少なくとも報道の看板は降ろしたほうが良いでしょう。
  4月からは「幇間ステーション」あたりで。
  ※お笑い番組でやればイイかもですね。見ないけどね!!!






  2分でだいたい分かるニュース連ツイ さん
  週刊文春 実はメインは渡辺直美侮辱話ではない。
  その侮辱LINEへ異議を唱えた振付師MIKIKOの演出プランを御破算にして
  元ラーメンズ小林賢太郎を重用。
  椎名林檎激怒。
  佐々木独裁で体調崩すMIKIKOが辞表を出すも森喜朗から「事を荒立てる気か」
  と脅され、チーム解散という形に。佐々木宏 人間のクズ。
      
  そしてこんな醜態の一部始終を記録しているのが河鹹照監督 @KawaseNAOMI
  今日の橋本聖子会長緊急会見にはカメラを持って駆けつけるのだろうか?
  たとえ東京五輪パラが開催されなくても、河鶸篤弔竜録映画だけは観たい。
  この国のどこが異常なのか、客観的に観たいのだ。
      
  【続報】橋本聖子会長会見。
  佐々木発言は不適切で遺憾としながらも、当初は慰留を考えたという。
  また、記者から解任を考えなかったかと問われ「仮定の話には答えない」とかわす。
  一方で、演出プランは佐々木案(MIKIKO案のつぎはぎ)を踏襲すると。
  橋本会長のガバナンス能力のなさが際立つ。
      
 そして今しがた、緊急事態宣言の全面解除が決定した。
  25日からは聖火リレーが始まる。
  辞退者続出で満身創痍のイベントを、「もう日本は大丈夫ですよ」
  と政府が後押しする形。
      
  北京五輪の開会式チームに参加した世界的デザイナー石岡瑛子の話を思い出す。
  あのチャン・イーモウとエキサイティングな仕事で出来ると乗り込んだものの、
  「野望に満ちたコスチュームの90%は落ちた」と述懐するほど保守的な
  衣装を求められる日々。
  脚本は27回修正されそのたびにデザインのやり直し。
      
  ※仕事で→仕事が。
  参考文献「TIMELESS 石岡瑛子とその時代」河尻亨一 @kawajiring
  (グイグイ引き込まれる人間ドラマでした。
  今の開会式チームの騒動、石岡さんならどう乗り越えたかなと、ふと思いました)
      
  佐々木宏 の後任は?
  朝日によると組織委は当初“佐々木留任”を考えていた。
  IOCに評価されチームを主導してきたMIKIKOや椎名林檎らを排除した結果
  「そして誰もいなくなった」からだ。
  実績があり、IOCと渡り合え、
  残り日数でチームを動かせるとなるとMIKIKO復帰しかないのでは。
      
  朝日新聞デジタル@金のデジモ
  @asahi_gdigimo
  後任いないから留任?佐々木氏、組織委描いた別シナリオ
  https://asahi.com/articles/ASP3L4SQCP3LUTQP00F.html?twico
  不適切な発言で辞任した佐々木宏氏。
  組織委は当初、留任させる方針であったようです。
  25日にスタートする聖火リレーに向けて、
  良いイメージを発信しようとしていた矢先、関係者からはため息が漏れました。
      
  【続報】渡辺直美、生配信で語る
  >開会式への出演依頼を受け、振付師・演出家のMIKIKO氏らが手がける開会式の
  演出案を聞いたときは「最高の演出だった。それに参加できるのはうれしかった」
  と振り返り、「(周囲からの助言で佐々木氏の案が却下されたのは)一つの救いになった」
      
  【速報】文春砲第2弾は、電通五輪の深い闇。
  先出し記事によると、佐々木宏の統括就任後排除されたMIKIKOが辞任前、
  電通幹部へ誠実な対応求める直訴メール。
  契約するも1年放置され生活に支障をきたすスタッフキャストの為にと立ち上がるが
  電通側は黙殺。電通ナンバー2は同期の佐々木をプッシュした。
      
  文春オンライン@bunshun_online
  「総勢500人に及ぶスタッフやキャストらとも、本番に向けて契約を結んでいたという。
  ところが、電通側は、昨年5月にMIKIKO氏が責任者から降ろされて以降、
  彼らの処遇を宙ぶらりんのまま放置していた」
  ※電通は潰れろー!








  東京五輪なんて、

  サッサと止めてしまえ、。。。





●2021年3月24日 16:00週刊文春 (資料)
「日本終わる」五輪開会式問題 MIKIKO氏が悲痛なメール
https://news.line.me/list/oa-shukanbunshun/oyysm9gqxi0o/cja5t60ezwf0?

五輪開会式の演出で、タレントの渡辺直美の容姿を侮辱したプランが提案されていた問題。「週刊文春」の報道を受け、提案者で元電通のCMクリエイター・佐々木宏氏(66)は責任者を辞任。また、前任の責任者で演出振付家のMIKIKO氏(43)が電通幹部によって“排除”されていることも明らかになった。

突如として、責任者を代えられ、蚊帳の外に置かれていくMIKIKO氏。そんなMIKIKO氏が送った一通のメールを、取材班は入手した。メールは、電通幹部ら10名に送ったもの。そこには「このままだと日本は終わってしまう」などMIKIKO氏の胸の内が綴られていた。

自らの演出案は佐々木氏に切り貼りされ、さらに率いていた約500人のスタッフの処遇をめぐるストレスで体調も悪化していったというMIKIKO氏。メールの詳しい中身や、MIKIKO氏”排除”を主導した電通ナンバー2の存在、 森喜朗前会長が開会式出演にこだわった著名人の名前など、詳細(8557字)は購入することで読むことができる。



 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪