s-20200712ポテトサラダ

久し振りにポテサラを食べるかなぁ。
なんか、今日は食欲が無くてね。
うーん、。。。
家電を買うのでちょびっと外に出ていたら、
コロナ禍は収まっていないから、
緊張するし、
マスクしているから息切れしてシンドイし、
モノに触ったら消毒液(携帯用)使うし、
汗はかくし、
草臥れた、。。。
なんたって、
早くコロナが治まって欲しいものですね。
前振りはオシマイ!







  不正があったのは長崎製作所(長崎県時津町)が担う鉄道用の空調機器と、
  ブレーキやドア開閉に使う空気圧縮機の検査。
  空調機器の不正は遅くとも1985年ごろから35年以上にわたった疑いがある。
  ❖なんだかな、。。。
   不正が横行していて驚かなくなったもんね。
   慣れって恐ろしいもんだね、。。。











●TBS NEWS (資料)
 三菱電機は、鉄道向けの機器を製造する工場で30年以上にわたり不正検査を行っていた問題で記者会見を行い、杉山社長が謝罪した上で、辞意を表明しました。


 「私が社長の職を辞し、新たな体制でこの信頼回復に取り組んでいくことが必要との判断に至りました」(三菱電機 杉山武史社長)

 三菱電機の杉山武史社長は、長崎の工場での不適切な検査に加えて、「不正アクセス問題など、異なる性質の問題が立て続けに発生し、信頼を大きく毀損している」として、責任をとって社長を辞任する意向を明らかにしました。また、会見では、鉄道会社などに不正検査が行われた空調機器およそ8万4000台のほか、ドアの開け閉めやブレーキに使われる「空気圧縮機」1500台を納入していたことも明らかにしました。

 この問題に対しては、外部の弁護士を含む調査委員会を設置して他の工場でも検査の不正がなかったかなどを調べるほか、緊急対策室を立ち上げ、9月に調査結果と再発防止策を公表するとしています。(02日17:02)


●NHK 2021年7月2日 18時39分 (資料)
三菱電機 杉山武史社長辞任へ 鉄道関連装置の検査不正で引責
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210702/k10013115771000.html


大手電機メーカーの三菱電機は、製造している鉄道用の空調やブレーキ関連の装置で明らかになった検査不正について杉山武史社長が2日記者会見し「社長を辞し、新たな体制で信頼回復に取り組むことが必要だという判断をした」と述べ、責任をとって辞任する意向を明らかにしました。

「組織的な不正行為」
この問題は、三菱電機の長崎県の工場で、鉄道用の空調装置や列車のドアの開け閉めやブレーキに使われる空気圧縮機で、1985年ごろから不正な検査が行われていたものです。

これについて杉山社長は2日記者会見し「品質に関する不適切行為がこれまでにもあり、是正できなかったことを誠に申し訳なく深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

そして「2018年の社長就任以降の経緯を踏まえ、わたしが社長の任にあり続けることが顧客、株主、社会、従業員などの理解を得られるのかどうか、何度も自問した。結論として社長を辞し、新たな体制で信頼回復に取り組むことが必要だという判断をした」と述べ、責任をとって辞任する意向を明らかにしました。

また検査不正の背景については「品質が第一で、納期より品質が優先されるのに、『試験をしなくても大丈夫』という考え方が社内の一般常識になっていたのが実態だ」と述べました。

さらに会社は、顧客に検査の成績書を提出する際、検査が適正であることを装うため、別の検査データを転用するソフトが存在することを明らかにしました。

杉山社長は「こうしたソフトが存在したことや、30年以上不正な検査が続いたことから、組織的な不正行為だったということは認めざるをえない」と述べました。

一方、検査不正による安全性への影響については、空調機器では、発煙や発火それに落下などの重大な事故は少なくとも過去58年間にわたって確認されなかったとしています。

会見に同席した福嶋秀樹常務は「今のところ法令違反になるものはないと認識しているが、検査項目を省略してもいいという合意はないので、契約違反には問われると思う」と述べました。

三菱電機は外部の弁護士などでつくる調査委員会や、社長を室長とする緊急対策室を設置して原因の究明を進め、ことし9月に調査結果と再発防止策をまとめることにしています。



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 !






  聞く耳に持たずか!
  ガースといい、
  タヌキさんといい、
  おハナシになりませんね!









  6月30日の東京都の新型コロナ新規感染者は714人に上り
  11日連続で前週の同じ曜日を上回った。
  1週間で人口10万人あたり25・6人となり最も深刻な「ステージ4」に達し
  感染再拡大が鮮明となった。
  命を守るためにやっぱり東京五輪は中止すべきだ。
  再度五輪中止のオンライン署名への賛同を呼びかける!
  ❖ダメだねぇタヌキさんは。

  





  「このコロナ禍対策の真っただ中、2020東京大会が間近に迫っている中、
  体調を崩して、この大切な期間においての体調不良で多くの方々に
  ご心配ご迷惑をお掛けいたしましたことを心からおわびを申し上げたく存じます」
  入院先の医療関係者に感謝。
  「東京都にとって今ほど、重要な時期はないと考えております。
  そういう中で、引き続き副知事をはじめとする都庁の職員と総力を挙げて、
  山積する課題に全力で取り組んでいく。
  どこかでバタッと倒れているかもしれませんが、それも本望だと思って、
  やり抜いていきたい」

  あのね!
  都知事が倒れられたら後が困ると思います。

  ハッキリ言って、
  都知事を後進に譲って、
  命と健康を大事になさって時間の制限のない中で、
  ごゆっくりと静養なさる方がイイと思います。

  「バタッと倒れても、それが本望」  
  バカみたいなこと言うんじゃありません。
  自身の命を大事にしない人は、
  他人様の命を大事にしない人だと思ってるからね。
  タヌキさんは考え方を改めた方がいいかも!!!




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪