s-20200405おうちで過ごそう

あとちょびっとの日数で、
私としては奇跡的に近い、
17年間と言う長期に渡り過ごしてきた部屋だとか街ともお別れですが、
うん、。。。
2,3年過ごしているうちに飽きて来てね、
引っ越しを繰り返していたからね。
で、引っ越し貧乏って言うんですねwww
でも、もうねぇ、。。。
ビルに囲まれるのが嫌になったんだね。
ここ最近、超高層のマンションが近隣で乱立しててね。
道路も奇麗に整備して来ているのに、
信号機が無かったり、
自転車の通る道がないのに車道を走れって、
頭、大丈夫かって思えるようなことをしていて、
学校の老朽化に対する対策が遅れに遅れている状況を見ていると、
これって可笑しんじゃないかって日常的に思っていたんですよ。

本当に、。。。
大阪府市の政策に頼って大丈夫なのか?
甚だ疑問であります。
大阪は可笑しくなってる!
これでいいのか大阪市府民の皆さんは。
思えば、。。。
父が、「大阪都市計画」なんて組織の末端によんで頂いていましたが、
黙ってるような父ではありませんからね。
でね、。。。
いつも言っていたことは、
近々、大阪はダメになっていくと思うって。
ピッタンコでしたね。
そのことは、私が実感していることがあります。

その一つ、
道路を拡張して片側二車線を三車線にしたの。
だから六車線になるわよね。
それは結構なことだと思いますが、
肝腎なことを実施してないのよ。

皆さん、
ここで考えてみてください!
車線は増えたのに、
歩行者側の青信号の時間が同じだったら、
こんな摩訶不思議なことって無いと思うわ。
結果、危惧したようなことになった。

若者なら走って行けることも有るけれど、
高齢者の皆さんはどうなるんだと!
道路の半分渡ったところで次の青信号を待っているか、
車に轢かれて大けがを負うか、死んでしまうか、
こんなに人をバカにした話はないよ!!!

父と一緒に警察に陳情に行ったりしましたが、
父と朋友関係にあった警察署長は定年退職されていたりして。
思うように事が運べなかった中で、
しばらくして父は亡くなりましたし、
私はねぇ、
ここは人間の住む場所じゃないと思ったから、
父の死と共に、生家を離れました。

お年寄りが余生を謳歌できない行政ってなんなん!
お年寄りが余生を謳歌できない政策ってなんなん!
行政のド真ん中に人が入っていないってなんやねん!
政策のド真ん中に人が入っていないってなんやねん!
経済第一の新自由主義なんか大嫌いです。

今度住むところは「各駅停車」しか止まりませんが、
それもヨシですね。
一分一秒を争う人生はオシマイにしたいですよ。
娘にはその分精神的に豊かな人生を送って欲しいって思う。
彼女も、私と一緒で、「気管支喘息」を患っていますから、
ノンビリとした、空気の澄んだ街で生活するのもイイかもしれません。
娘は、競争社会で人を押しのけて前に出て来る人間じゃないから、
イイ転換期に成ってくれればいいなって思いもあるし。
(曽祖母も祖母も母も私も人生は根性だって生きて来たような質ではないから
誰に似たんだろうって不思議だわ?)

今の大阪は真の大阪の姿ではありません。
そう思う、。。。
ではでは、
長〜い前振りオシマイ!






















buu@buu34 さん。
一時支援金給付に至らない「不備ループ」
「『不備がある』というメールがきて、それに対応すると、また不備メールが送られてくる」
「デロイトトーマツの対応、本当に酷くて驚きました」
「酷い」って内容的に無理を吹っ掛けてくるんだと思うでしょ、
違うんだ、超長文メールに「改行がない」とか

タムトモさんが、現物を掲げてたけど、
A4ビッシリ、改行なし


タムトモ「これ、さすがに笠井亮衆議院議員が、おかしいと、言う風に中小企業庁に意見を言って、改行と書式は改善されたけど、資料の2枚目見て下さい、意味不明ですよ。『ご提出いただいた保存書類について、以下の通り不備がありますので御対応をお願いします。不備がある項目はありません』なんですか、これ?それでもね、申請者は生活がかかっているから懸命に解読して、資料を提出するんですよ。するとまた、不備メールが来るんです。10回以上、不備メールが返って来た。大量の資料をデータ送信した10分後に、また不備メールが届いた。こういう方もいらっしゃる」



  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  皆 様 の ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 !











buu@buu34 さん。
今回の撤回の件、時系列を整理すると
8日、西村が、金融機関への働きかけ&酒販業者への要請を発表
→金融機関の方がまず注目を浴び、結果次々に撤回
→実は酒販業者については、都道府県独自の支援金部分について、
 6月11日に既に国から同趣旨の依頼を発出していた

ということでOK?
そして、14日夜遅く、6月11日の事務連絡を廃止


ス「これは緊張感を持ってですね、今非常に、視察した中で、ぇー鮮明に、レーンがワ分けられたりですね、ぇーぇー、あるいは、、、そのー緊急の場合の、対応の仕方、そうしたことのキチツと説明を受け、ぇー検査場所等、を私自身がですね、視察した、ことについてしっかり緊張感を持って、

(まだ、自分が視察して、説明を受けた内容を述べてますよね?)

ス「明日から、正にコウピークが始まりますので、対応してほしい、そういうことの、内容を指示しました」

いや、その、「そういうこと(=対応してほしい?)の内容」って、その具体的中身を聞いてるんですが

道新「あ、その具体的内容というのが、どのような事かっていうのを、お聞きしたかったんですけども」

ス「いや、今、皆さんが御覧になったかもしれませんがレーンとか、しっかり、分かれていたんじゃないでしょうか」

え、それは指示する前に、既に出来ていたことでは?

ス「あるいは、検査場においても、ぉー唾液、ぃーの抗原検査がですね、そこ、は、間違わないように、ぃー他の人とですね、そうした事についても、しっかりと、その番号、番号で分けてるとか、そういうことの説明を聞いてますので、そうしたことをしっかり徹底してほしい、まぁそういう指示をしました」

えーっと、
この総理大臣の視察における「指示」というのは、
視察して、一通り説明を聞いて、
最後に「そうした事を徹底してほしい」と言う
それが、「総理指示」なわけですね。


NHK「東京都は本日、新規陽性者数が1300人を超えて感染が確認されました〜感染状況について、現状をどのように〜されてるか教えて下さい」

ス「あのー私もその内容というのは、承知してマス。ま、いずれにしろ、東京都と連携しながらですね、対策をしっかりやっていく、このことが大事だと思いますし、まだ、正に、切り札である、このワクチン接種、そこを、しっかりとですね、対応していく、このことが大事だという風に思います」

って、今日1300人超えなのに、
ワクチン、今日1回目を打てたところで、
効果が出るの、いつよ。


ス「現に、65歳以上の人は、第1回目が約8割、2回目が、50%の数字を大きく超えていますので、ぇーそういう、65歳以上の方は、かつては20%、ぉーこの陽性者が全体で出てたんですけど、もう4%ぐらいになってますから、まぁあのー間違いなくワクチン接種、非常に効果がある、このように思ってますので、しっかり行っていきたい、こういう風に思います」

Q「本日1300人超えましたが」
A「ワクチン接種をしっかり行っていきたい」
あのー。


これ、参内閣委で、立民塩村さんが質問していた。

塩村「6月11日の事務連絡、この意思決定プロセスをお伺いしたい。どのように策定されたのか、誰が起案したのか、起案書あるのか」

西村「〜感染拡大〜夜間の人流を抑える〜うにゃうにゃ〜不公平感〜協力して頂けるように支援策をしっかり〜うだうだ

西村「事務的にどういう手続き、起案をト、などのことについては、今、ちょっと承知をしておりませんので、えーあの、答える事が出来ませんけれども、当時、そのような議論があった上で、えー発出をさして頂いたと、えー言う風に理解をしております」

は?理解?大臣、もしもし?

塩村「誰の起案ですか?大臣ではないと、言うことですか?」

西村「あの、その、事務的な、い、いわゆる手続き、どのような形で、えー決裁をして行ったかと言うところは、今、お答えできませんけれども、ぉー最終的には、もちろん私の、責任で行ったもの、と言うことでございます」

塩村「〜起案が、誰がしたのかと言う事は、答えられないという事でいいですか?どこから上がって来たものなのか、個人と言うことが出来ないのであれば、たとえば、その、部署とか。全く分からないんですよね、聞いていても。そのあたり、しっかり答えて頂きたい」

西村「あの、ぉー感染拡大を抑えて行くためにですね〜うだうだ〜うにゃうにゃ〜色んな施策の議論の中で、これは出て来たものでございますけれども、あの、ぉ、事務的に、最終的に、どういう決裁を、して、行ったかという、その、いわゆる起案、というのは、あのー役所で言えば、どういうハンコをおしてどうこうって言う、ことであればですね、ちょっとそこの、ことについては、通告がございませんでしたので、事務的にどういう決裁を行ったかと言うのは今、お答えが出来ませんけれども、あのー議論の経緯としては〜何としても協力頂いて感染拡大を抑えて行きたいとその強い思い、そして、多くの皆さんと議論する中で、そうしたものが出て来たという事でございます」

どっかから湧き出て来たのか。

塩村「〜大臣の部署から出て来たというのは間違いないと思いますが、その中で、一体どうだったかを聞いているわけなんです」

西村がウダウダ答えないから、ここで終わるんだけど
ちょっと端折っちゃったけど、
西村、誰の起案とかは言えないけど
「私の責任」ってのは言ったんだけどね。

新型コロナウイルス感染症対策担当大臣、って、
組織上は内閣官房に置かれてるんだよね?




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪