s-20221004宗教 カネと政治 2


2022年10月8日号
2022年10月3日 発売
【特集】宗教 カネと政治 
安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件の背景には、「宗教」の影がありました。本誌4年ぶりの宗教特集では宗教法人にまつわる「カネと政治」を、あらゆる角度から解剖しました。銃撃事件を引き寄せた「宗教と家族崩壊史」や関係の深い企業・団体一覧など、目下注目の統一教会の深い闇に斬り込みました。また優遇税制の一方で不明朗な会計が宗教法人に許される文化庁との「裏約束」、独自の770人アンケートで明らかになった「宗教2世」の苦悩、創価学会・幸福の科学など主な新宗教団体の最新動向にも迫りました。

担当記者より
特集「宗教 カネと政治」を担当した野中大樹です。安倍晋三元首相が銃撃され死亡するという衝撃的な事件から3ヶ月が経とうとしています。このかんマスコミは旧統一教会と接点を持ってきた国会議員の洗い出しに奔走しました。無理もありません。山上徹也容疑者が「統一教会信者の母親の献金のせいで家族が崩壊した」「安倍元首相が影響力のある統一教会シンパだと思った」と動機を語っているからです。「接点があった議員」叩きが過熱する中、少し冷静になって現実を直視してみよう、という意識で特集を作りました。

統一教会といえば、先祖の霊やたたりの話を持ち出して高額なつぼや印鑑を売りつける、いわゆる「霊感商法」が1980年代から90年代にかけて社会問題になりました。国会でもたびたび問題視され、マスコミは大きく取り扱いました。しかし報道は90年代後半から下火となり、この10年はほとんど取り上げられませんでした。「失われた30年」と呼ぶ人もいますが、この30年間、教団はずっと国が認める「宗教法人」であり続けました。宗教法人であれば税の優遇など多くの特典を得ることができます。1995年のオウム真理教事件を受けて政府は宗教法人法を改正し、各宗教法人に財務諸表の提出を義務づけましたが、公開はされません。我々メディアが情報公開請求をしても、所管の文化庁は「非開示」決定を下すのです。なぜでしょうか。

今回、私たちの取材で、宗教法人と文化庁が交わしていた「裏約束」の存在が明らかになりました。「信教の自由」が守られなければならないのは当然ですが、それは、宗教法人の財務情報などが「非公開」でありつづける必要になるのでしょうか。少なくとも宗教法人と同じように税制優遇を受けている公益法人や学校法人、社会福祉法人、認定NPO法人などは情報開示が義務づけられているのです。

政府がもっとも恐れるのが国会議員です。その国会議員が統一教会のイベントに出席して挨拶をしたり、祝電を送ったり、あるいは安倍元首相のようにビデオメッセージを送ったりしてきました。そんな宗教法人に政府が介入したり、解散命令請求を出したりすることができるでしょうか。容易ではないはずです。

「教団イベントに出席したか否か」「祝電を送っていた否か」それ自体が重要なのではありません。国会議員が教団を守ることで何が維持されたのか、が重要なのです。国会議員が統一教会を応援し、政府が「保護」を続けた結果、教団の体質は維持されてしまったのです。そのツケが最悪の形で表出したのが、山上容疑者による安倍元首相の銃撃事件でした。
担当記者:野中 大樹(のなか だいき)
週刊誌記者を経て2018年、東洋経済新報社に入社。現在は統合編集部。

宗教 カネと政治
罪を負うべきは山上徹也容疑者だけか
銃撃事件を引き寄せた「宗教と家族崩壊史」
[図解]統一教会と山上家崩壊の結節点

PART1 統一教会の闇
統一教会と関係深い企業一覧
鮮魚・飲料・置き薬・自動車学校・病院・学習塾…

[インタビュー]北海道大学大学院教授 櫻井義秀
「教祖・文鮮明氏は現金を持ってくる人間を重宝した」

韓国農村部の男性に嫁ぐ本音 統一教会の日本人女性が「韓国男性に尽くす」謎
 大阪公立大学都市文化研究センター研究員 中西尋子

[インタビュー]容疑者の伯父が語る
「返金終了」が山上家貧窮の決定打

[インタビュー]宗教学者 島薗 進
「宗教が他者への抑圧、排除、人権侵害に向かっている」

神道政治連盟「差別冊子」の波紋
「LGBTたたき」で一致する統一教会と神社本庁

PART2 守られる宗教法人
統一教会の名称変更文書、黒塗りの根本原因
文化庁が宗教法人と交わした「裏約束」

[インタビュー]元文部科学事務次官 前川喜平
「”いっさい出しません”と約束した」

「坊主丸儲け」批判に現役僧侶が応える 宗教法人「優遇税制」の真相
  元国税査察官・税理士・僧侶 上田二郎

[インタビュー]憲法学者 南野 森
無制約ではない「信教の自由」

PART3 宗教2世の苦悩
[エホバの証人]組織としての責任を認めない宗教団体
たたかれた子とたたいた親との溝

2世の苦痛の多くは「信仰の強制」
[図解]独自アンケート 宗教2世770人の声

[インタビュー]宗教社会学者 塚田穂高
「”家族や個人のせい”は責任ある教団の態度ではない」

PART4 衰退する新宗教
「政治家と宗教団体」もたれ合いの果て 銃撃事件が凋落に拍車 『宗教問題』編集長 小川寛大

[創価学会]寄付や公明党の得票数は、往年の勢いなし 団塊世代の退場で弱体化 ジャーナリスト 高橋篤史
元理事長の息子が語る 「違和感の消化不良」が学会離れを起こす 文筆家 正木伸城

[幸福の科学]教団の抗議に萎縮するメディア 宗教2世マンガ削除問題で集英社が失ったもの ジャーナリスト 藤倉善郎
[QアノンにJアノン、参政党まで]陰謀論を信じる人々 「サブカル運動」として定着 ジャーナリスト 藤倉善郎
統一教会の「恫喝」に耐えた 鈴木エイトの孤独な闘い



◉野中 大樹 : 東洋経済 記者  2022/10/04 5:00
統一教会の「恫喝」に耐えた鈴木エイトの闘いメディアが再び萎縮すれば時間は逆戻りする
https://toyokeizai.net/articles/-/622318


◉野中 大樹 井艸 恵美 : 東洋経済 記者 2022/10/03 5:00
銃撃事件を引き寄せた「統一教会と家族崩壊史」
政府に守られた教団と放置された宗教2世たち

https://toyokeizai.net/articles/-/622516


◉井艸 恵美 野中 大樹 : 東洋経済 記者 2022/09/13 5:30
文化庁が宗教法人と交わした「裏約束」の正体
統一教会・名称変更文書「黒塗り」の根本原因

https://toyokeizai.net/articles/-/617415


◉野中 大樹 井艸 恵美 : 東洋経済 記者 2022/09/12 5:20
統一教会の日本人女性が「韓国男性に尽くす」謎
韓国農村部の独身男性を結婚勧誘で布教

https://toyokeizai.net/articles/-/617252


◉野中 大樹 井艸 恵美 : 東洋経済 記者 2022/09/10 5:40
統一教会からの「返金終了」が山上家貧窮の決定打
兄の自死が再起を図る徹也の希望を打ち砕いた

https://toyokeizai.net/articles/-/616938


◉野中 大樹 井艸 恵美 : 東洋経済 記者 2022/09/09 6:00
山上容疑者を凶行に駆り立てた一族の「壮絶歴史」
「何日も食べてない」兄妹の窮状を知り自殺未遂

https://toyokeizai.net/articles/-/616833


◉高橋 篤史 : ジャーナリスト  2022/09/08 6:00
「創価学会」団塊世代の退場で、一気に弱体化も
寄付や公明党の得票数で、往事の勢いなし

https://toyokeizai.net/articles/-/616509


◉小川 寛大 : 『宗教問題』編集長  2022/09/07 6:00
政治家の「二股」を黙認してきた宗教団体の末路
2022年の夏は日本宗教史の大転換点になる



◉藤倉 善郎 : ジャーナリスト  2022/09/05 5:20
統一教会の過激分派「サンクチュアリ教会」の正体
自民党の議員が関連集会で応援メッセージも

https://toyokeizai.net/articles/-/614735


◉井艸 恵美 野中 大樹 : 東洋経済 記者 2022/08/30 6:00
特集「宗教を問う」の第2回・宗教2世の苦悩を「毒親問題」で片づけていいのか
児童虐待、伝統宗教との共通点と違いは?

https://toyokeizai.net/articles/-/613438


◉野中 大樹 井艸 恵美 : 東洋経済 記者 2022/08/29 5:20
特集「宗教を問う」の第1回目・統一教会への「歯止め」を決壊させた安倍元首相
岸田政権は教団との依存関係を解消できるか

https://toyokeizai.net/articles/-/613877

≈以上≈


いやねぇ、
宗教のハナシを書こうと思ったのですが、
下のようなことがあってね。
笑い過ぎて、
書く気力がなくなって、。。。
またの日に、ワッ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・







【国民保護情報】
ミサイル発射。
ミサイル発射。
北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます。
建物の中、又は地下に避難して下さい。
受信日時 4日07時27分
対象地域:北海道、東京都

なんてことが、首相官邸(災害・危機管理情報)から発信されてるわけですがw

👀・青森と東京で場所が遠すぎるだろうが
なんでこんないい加減な情報しか出せないんだ
役立たず

👀・日本政府の都合が悪い時に使う手法ですね。
統一教会問題。
国葬儀問題などで内閣支持率低下中ですから。

👀・北海道→青森にかわった?

👀・地下って地下鉄の中とか?
海外みたいな地下シェルターって
日本ある?

👀・もう全地域対象でええやろぐっちゃぐちゃやんけ。

👀・北海道、青森と東京小笠原ってことは、
太平洋らへんに落ちるってこと?

👀・(👆上記に人に)そうかも、、

👀・北朝鮮弾道ミサイルに対する、Jアラート(全国瞬時警報システム)は、発射時?、
日本上空通過前?後?、
太平洋着弾後?、
どこ通過したのか直ぐ公表出来ないで、
北朝鮮脅威云々、軍備拡大迎撃ミサイル配置云々とは、かなりずれている、
自民党と統一教会どっぷりが発覚してからミサイルが多いな。

📌( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・
 ミサイルが落ちた後でアラートがなっても
 逃げる間も無いわけで、どうせいちゅうねん、。。。
 脱力感しないんで、
 この項はオシマイ。
 書く気がせんわ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・・・




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 し て 本 題 へ !



s-20221002沖縄の記事


s-20221002宮城氏1










太郎さん、えらい怒りようですが、
沖縄タイムスの記事は平衡感覚が有る記事だと見てる人が圧倒的多数です。
これでマジ、太郎さんは取り返しのつかない下手を打ったと思ってる。

紀藤弁護士の記事が、
  👇
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を厳しく追及する紀藤正樹弁護士が1日、ツイッターに新規投稿。れいわ新選組の山本太郎代表が9月30日に開いた記者会見を「残念な会見」とぶった切った。

 山本氏は、今月の沖縄・宜野湾市議選で当選したれいわ公認のプリティ宮城ちえ氏がマルチ商法勧誘に関与している疑惑があると報じられたことについて、個人で関与していたことを認めつつ「違法性は知らなかった」「マルチ商法というのはこの国において、違法ではない」「損失を被っている。被害者の一人」などと発言した。

 この会見に対して、紀藤氏は「”宮城ちえ市議も被害者”とまで言われるなら”マルチ商法は合法”とマルチ業者の言い分と同じ断定的な主張をするべきではなく、被害者を出さないため現状規制が甘く”合法商法”と誤解されがちのマルチ商法の規制に、党として議論を進めるべきはないか」と主張した。

 宮城氏は、マルチ商法で不正に全国から約650億円を集めた投資グループの関係者を教え子に紹介していたと報じられ、れいわ側は調査していた。
≈以上≈

太郎さん、
頭冷やして出直して来いって思いました。
これが自民党議員だったら非難轟々でしょうが、。。。
私もちょっと頭冷やして「太郎さん」としばらく距離を置きます。
太郎さんとれいわ議員とは別個に考えます!
統一選で当選させたいれいわ候補者がいるから、。。。





◉10月4日(火)衆議院
審議中継なし



◉参議院
審議中継なし

本日は審議中継はありません!




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪