鮫島浩さんが核心的なことを動画で言っている。
「防衛費を倍増して反撃能力トマホークを持つというのは、
専守防衛の逸脱、憲法違反と言われてもおかしくない。
もう『防衛費』という言い方は改めた方がよい。
専守防衛を超えてるのだから『軍事費』と呼んでよい」。






👀・いやぁ、岸田って、杉田の差別発言を棚に上げて「能力がある」と任命を正当化するわ、防衛費の具体を説明しないわ、敵基地攻撃は合憲だと言い張るわ、政治信条は「聞くこと」とかってピンボケだわ、ホントにア〇じゃね?全く笑えない、狂気のア〇、怖い😨

👀・きょうの朝日1面。トップが〈防衛費「GDP比2%」首相が指示、大幅増額〉 肩が〈廃炉原発の建て替え明記、経産省原案「60年超運転可」も〉…どちらも国是に関わる基本政策の大転換です。
岸田さん、世に聞こえる「優柔不断」なんて実は大嘘で、決断が遅いのは大臣の更迭に限ったことではないのか。

👀・岸田は、防衛費などを5年後にGDP比2%程度に増額するよう防衛相、財務相に指示。
増額分は当面赤字国債発行。(news23)
戦前の赤字国債による軍拡はアヤマチとした政府有識者会議報告すら無視するのか。
同じアヤマチを繰り返すのか。

👀・首相、防衛費5年約43兆円と指示
岸田首相は5日、鈴木俊一財務相、浜田靖一防衛相と官邸で会談し、
今後の防衛装備品などの経費額を示す「防衛力整備計画」を巡り、
2023年度から5年間の総額について、約43兆円とすると指示した。
https://nordot.app/972441962077011968?c=39550187727945729
⇒会談し指示、で決まっちゃうのかよ。


ヾ濺沈権は目下、「防衛費倍増」に向けて血眼になっているが、そもそも防衛費というのは、これまでも、また、現在でも巨額の無駄を生んで来ている。したがって、この計画によって、国民の巨額の税金が更に無駄になる可能性がある。以下、これまで政府がいかに無駄遣いをしてきたか、列挙してみたい。


⇔磴┐弌2020年6月に政府は、イージス・アショアの配備を断念。それまで膨大な資金が投入されたにもかかわらず、ずさんな説明で地元の反発を招き、ろくに検証がなされないまま中止。代案としてのイージスシステム搭載艦の総コストは2隻でなんと約1兆円とも。尊い血税を何だと思っているのだろう。


F各経費が、当初の510億円から629億円まで高騰した無人偵察機グローバルホーク。そもそも海洋監視には向かず、撃墜の危険にもさらされやすいというのが常識。2020年春に導入中止を米側に伝達したが、同年夏、安倍政権のトランプ大統領への「配慮」により一転して継続を決定。結局、米国の言いなり。


ぜ衛隊は、島々の防衛のために水陸両用車AAV7を52両購入。予算総額は360億円。しかし、この車両はサンゴ礁や護岸工事された海岸の上陸が困難なうえ、海上時速は13辧精密誘導弾やドローンなどの普及により 強襲上陸は自殺行為になる。こんな稚拙なことを繰り返していては税金だけが無駄になる。


コぞ綣衛隊は、硫黄島飛行場で航空機の誘導装置を設置。ところが 設置計画のミスにより、装置が発射した電波が既設の鉄塔に反射して電波障害が発生し、2年間稼働していなかった。建設費3億4千万円が無駄に。政府は安易な防衛費倍増を求める前に、これまでの巨額の無駄の累積を徹底的に調査すべき。


航空自衛隊のT−4練習機等で使用するため調達した個人携帯用 救命無線機 496個、1億5千万円分は、サイズが大きくて収納できず、使われなかった。担当者は確認不足で現物を見なかったとも。国民の血税を使っているという当事者意識が全く無い。そして、会計検査院の指摘まで国民は事実を知らない。


Г海里茲Δ頬姫卮颪呂なり無駄にされてきているが、政府は 反省していない。防衛費を巡ってはこれまでも贈収賄事件等が頻発するなど構造的な問題もあり、安易な防衛費倍増がいかに愚かか、我々はしっかりと理解し、厳しく対峙すべき。防衛費GDP比2%目標は米国が同盟国に示した参照値に過ぎない。


GDP比2%引上げに必要な年5兆円という金額は、消費税2%に相当。5兆円もあれば、年金受給権者全員に年12万円を追加で支給できる。医療や子育て・教育等にもっと お金を掛けることができる。国民がコロナ禍や物価高で苦しむ今、数字ありきの防衛費倍増よりも、暮らしを守るために予算を使うべき。




  当  ブ  ロ  グ  へ  の
  ご 支 援 に 感 謝 致 し ま す! ち ょ び っ と 一 服 し て 本 題 へ !




s-20221205アメリカの言いなり!


これ去年の記事です。
なるほどなぁ、
アーミテージが、。。。
オンラインで参加したリチャード・アーミテージ元米国務副長官は、
緊迫する台湾海峡情勢を踏まえ
「日本が防衛予算を2倍またはそれ以上に増やすのは良い考えだ」と指摘した。
と言ったんだね。

台湾有事とは言ってるけれど、
真の狙いは中國監視だよね。
場合によっちゃ中國と闘えと!!!
アーミテージ氏は中国の軍備増強などを念頭に、
「同盟国として潜在的な脅威に立ち向かい、
地域の平和を維持するための能力が重要だ」と強調した。

ホント、
アメリカの言いなりの政治が今まで以上に強化されて行くようですね。
ホントにこれで良いのか皆さん!






◉日経・CSIS共催シンポ 2021年10月22日 14:07 (2021年10月23日 5:23更新)
アーミテージ氏「日本の防衛費倍増を」台湾情勢念頭に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB218Y40R21C21A0000000/

ビデオ形式で対談する(右から)ジョセフ・ナイ・ハーバード大学特別功労名誉教授、リチャード・アーミテージ元米国務副長官、マイケル・グリーンCSISアジア担当副所長兼日本部長(22日)

日本経済新聞社は22日、都内で米戦略国際問題研究所(CSIS)と共催の第18回シンポジウム「戦略的競争時代における日米同盟の新たな役割と射程」を開いた。オンラインで参加したリチャード・アーミテージ元米国務副長官は、緊迫する台湾海峡情勢を踏まえ「日本が防衛予算を2倍またはそれ以上に増やすのは良い考えだ」と指摘した。

日本の防衛費増額を巡っては、バイデン米大統領が次期駐日大使に指名したラーム・エマニュエル氏も上院公聴会で「同盟に不可欠だ」と表明していた。アーミテージ氏は中国の軍備増強などを念頭に「同盟国として潜在的な脅威に立ち向かい、地域の平和を維持するための能力が重要だ」と強調した。

ジョセフ・ナイ米ハーバード大学特別功労名誉教授も「日本の政治家・指導者らは台湾を巡る問題の深刻さをより認識するようになった」と述べた。「日本が防衛費を国内総生産(GDP)比で増やすべきかどうかという議論が出ているのは健全なことだ」と評価した。

台湾情勢については、米国や関係国は「独立を認めないものの、台湾海峡両岸の安定は交渉によって保たれるべきだとの立場を維持すべきだ」とも語った。

米国、英国、オーストラリアの安全保障協力の新たな枠組み「AUKUS(オーカス)」について、アーミテージ氏は「最も恩恵を受けるのは日本だ」との見解を示した。豪州に配備をめざす原子力潜水艦を通じて得られる情報が「日本にとって極めて重要だ」と主張した。


INDO-PACIFIC
Japan doubling defense spending 'a good idea': Armitage
Nye warns abandoning strategic ambiguity on Taiwan would stir 'hornet's nest'

Former Deputy Secretary of State Richard Armitage said China is scoring an "own goal" with its Taiwan policy, pushing countries to rally around the island. (Photo courtesy of the U.S. Department of Defense)
Nikkei staff writers
October 23, 2021 07:15 JST

TOKYO -- As tensions rise in the Taiwan Strait, the fact that there is discussion in Japan to significantly boost defense spending is "healthy" and a "very good idea," veterans of the U.S. foreign policy and defense community said in a virtual event Friday.

Speaking at the 18th symposium co-hosted by Nikkei and the Washington-based Center for Strategic and International Studies think tank, former Deputy Secretary of State Richard Armitage said that "it's a very good idea to double, or even more, the defense budget."

"The mere fact of a number is not the important thing, but it's what is purchased with that number. I think the continuation of the defense minister and [Japanese Prime Minister Fumio] Kishida's experience as foreign minister for [former Prime Minister Shinzo] Abe gives him enough knowledge to have an idea of where he wants to put that money."

Joseph Nye, a former assistant secretary of defense for international security affairs and former dean of Harvard University's John F. Kennedy School of Government, called the talk of increasing Japan's defense budget to 2% of gross domestic product "healthy."

"There's also an increased willingness of Japanese politicians and leaders who acknowledge the seriousness of the issue of Taiwan," he said.

From left, CSIS Senior Vice President Michael Green; former Deputy Secretary of State Richard Armitage; and Joseph Nye, former dean of Harvard University's Kennedy School of Government.

Armitage, who visited Taiwan in April as part of a delegation sent by U.S. President Joe Biden, said Beijing's stepped-up pressure on Taipei has meant that "more and more people have rallied, if you will, to the side of Taiwan."

Japan featured Taiwan prominently in this year's defense white paper, while France, the U.K. and Germany have increased their presence in the South China Sea. "What China's been doing is scoring [its] own-goals," Armitage said.

Meanwhile, Nye disagreed with abandoning Washington's decades-old policy of "strategic ambiguity" under which Taiwan cannot be sure whether the U.S. will come to its defense in a Chinese invasion -- and the Chinese cannot be sure that America won't.

"What we're trying to do is steer between two unpleasant alternatives," Nye said. "Since the 1970s, we have said that ... we will not recognize de jure independence of Taiwan. But we've also said that we do not want to see any use of force, and that relations between the two sides of the Taiwan Strait should be managed by negotiations. I think if we were to drop the traditional policy -- and this is what [National Security Council Indo-Pacific Coordinator] Kurt Campbell said -- we would be really stirring up a hornet's nest."

Armitage called AUKUS -- the new three-way strategic partnership that would see the U.S. and the U.K. provide the Australia with technology for nuclear-powered submarines -- a "brilliant move."
アーミテージ氏は、AUKUS(米英が豪州に原子力潜水艦の技術を提供する三国間戦略的パートナーシップ)を「素晴らしい動きだ」と評価した。

"It's going to be one that's difficult for Australia because having eight nuclear submarines is one thing, but the life cycle O&M [operation and maintenance] cost and the crew training is quite another. But I think the real beneficiary of this, I think, is Japan," he said. "The information that will be shared from those submarines to Japan, with the United States, is going to be, I think, of utmost importance to Japan."
「原潜8隻を保有することと、ライフサイクルのO&M(運用・保守)コストや乗組員の訓練は全く別物だからだ。しかし、本当に恩恵を受けるのは日本だと思う」と述べた。「潜水艦から日本や米国と共有される情報は、日本にとって最も重要なものになると思います。

On the possibility of Japan joining AUKUS, Armitage said that "as far as I'm concerned, this citizen is concerned, if Japan wanted to join the AUKUS it would be perfectly acceptable and good from the United States' point of view."

Armitage also said the world is a "lesser place" without former Secretary of State Colin Powell, who died this week at age 84.

"We've lost a great statesman, military officer, leader, father, husband, grandfather, and a dear friend to not only me, but to Joe, to you, to many of us," he told host Michael Green, senior vice president for Asia and Japan chair at CSIS. "And I think we all, however, can be comforted in the sure knowledge that he's now receiving his just reward. And thank God for that."




 最後まで読んでいただきありがとうございました! ポチッ! ヨロシク~♪